需要が高まるセキュリティエンジニアの仕事内容と将来性

出典元:株式会社アマナイメージズ

インターネット社会となっている現代では、情報漏洩などをしないためにもセキュリティ強化が大切です。その中でも専門的知識を持っている技術者がセキュリティエンジニアです。近年では需要が高まりつつある職業となっているので、将来的にセキュリティエンジニアとして活躍したいと思っている方も多いでしょう。今回は、具体的にどんな仕事なのか、需要はどのくらいあるのかについて紹介します。

セキュリティエンジニアとは?仕事内容について

セキュリティエンジニアは、需要が高く、あらゆる企業で必要とされていますが、具体的に仕事内容はどんなことがあげられるのでしょうか。

企画・提案

セキュリティエンジニアと聞くと、システムを開発する人というイメージを持っている方も多いですが、実はそれだけではなく、企画や提案も行います。例えばクライアントに分かりやすくセキュリティについて説明したり、どのようなシステムがいいか提案を行ったりします。そのため、技術的なことばかりではなく、コミュニケーション能力も必要な職業となっています。幅広い知識が必要になるため、様々な企業から必要とされており、需要が高いです。

設計

セキュリティエンジニアは、クライアントの要望を聞いた上でシステムの設計を行います。設計ではIT技術やシステム設計に関する知識が必要となるので、幅広い知識を持っている人でないと設計することはできません。

実装

設計をしたら実際に実装を開始します。実装ではプログラミングの知識も必要ですし、問題が起きた場合の対処方法なども頭に入れておかなければなりません。複雑な作業となるため、専門的な知識が必要です。

テスト

テストでは、作り上げたシステムが本当に安全かどうかなどの確認も含めて行います。例えば、システムに弱点があるにも関わらず、そのまま導入してしまった場合は、機密情報が漏れたり、顧客情報が流出したりと大問題に繋がる可能性もあります。安全に使用できるようにするためにも、弱点がないかのチェックを入念に行い、安全なシステムかどうかを確認していきます。

運用・保守

セキュリティエンジニアはシステムのテストが終わって導入が終ったらすべての作業が完了したと思っている方も多いですが、それだけではなく運用や保守などもやらなければなりません。例えば導入後にサイバー攻撃などを受ける可能性がありますし、予期せぬトラブルが起こることも考えられます。こういった状況でもすぐに対応できるように、セキュリティエンジニアは運用と保守を担当します。

セキュリティエンジニアの需要は?

セキュリティエンジニアの仕事内容を見てもわかる通り、複雑な作業となっています。誰でもできる仕事ではないため、今現在でも需要は高く、今後もますます需要が高くなる職業だと言われています。では、具体的になぜ需要が高いと言われているのかその理由についてここでは説明したいと思います。

個人・機密情報漏洩の防止

セキュリティエンジニアは、情報が流出しないようにセキュリティシステムの強化を行います。インターネット社会となっている現代では、情報漏洩が頻繁に起きやすくなりますが、こういったことを防ぐためには、セキュリティエンジニアの力が必要です。どこの企業も情報を漏らしたくないと思っているため、どんどん需要が高まっています。

システム不具合の防止

システムの不具合が発生したら仕事に支障をきたす恐れがありますし、情報も抜き取られてしまう可能性があります。こういった不具合を防ぐためには、需要の高いセキュリティエンジニアなど専門的知識を持った人の力が必要です。システムを正常に動作させるためにも必要不可欠な人材となっているため、需要は高いです。

ホームページ改ざんの防止

ホームページの改ざんが見つかると、企業へのイメージダウンにつながる可能性もあります。こういったアクシデントを防ぐためには、セキュリティシステムの強化が必要です。守るためにはセキュリティエンジニアの力が必要不可欠なので、需要が高いと言えるでしょう。

セキュリティエンジニアの将来性は?

サイバー犯罪の規模は年々拡大しており、実際に被害を受けている人は年間3億人~4億人ほどいると言われています。2013年以降サイバー攻撃は常に行われており、攻撃をする側の技術力も日々高まっているのが特徴的です。こういった攻撃を防ぐためには、セキュリティエンジニアの力が必要不可欠となっており、実際に年々需要も高まっています。将来的にはもっと需要が高まる職業だと言われており、知識を身につければ、就職や転職がしやすくなると現時点では言えるでしょう。将来性のある需要が高い職業となっているため、今後ますます注目を集めるのではないかと言われています。

セキュリティエンジニアが取得しておいた方がよい資格とは

需要の高いセキュリティエンジニアには、必ずしも資格が必要というわけではありませんが、取得しておいた方がいい資格は存在しています。具体的にあげると2つあるので紹介します。

・シスコ技術者認定
シスコ技術者認定試験は、セキュリティ制度ではレベルが1から4となっており、段階を踏みながらセキュリティエンジニアの知識を身につけることができるので需要が高い試験です。未経験者から受験できる試験となっており、上位レベルの試験に合格すれば高い技術がある人と認められます。技術力を証明するためにも取得して損はしない需要の高い資格です。

・CompTIA Secrity+
CompTIA Secrity+もセキュリティエンジニア向けの資格の中では需要の高い試験となっています。世界的にも知られている試験なので、世界に認められている需要の高い資格取得を検討している方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

実際にセキュリティエンジニアとして働いてみませんか?

資格などを取得し、ある程度セキュリティエンジニアの仕事が分かるようになってきたら、実務経験をしてみたいと思う方が多いでしょう。実務経験をするためには、就職をする方法がありますが、最近では企業に勤めなくてもPROsheetLancersTopという需要の高い案件紹介サービスがあるため、個人でも手軽に仕事を取って実力を試すことができます。需要の高いセキュリティエンジニアの仕事を体験したいという方は、PROsheetLancersTopのサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はセキュリティエンジニアについて紹介をしましたが、需要が高い職業ということは分かっていただけたかと思います。今後も需要は高まり、IT業界の中でも人気が高まる職業と言われているので、興味がある方は今のうちに勉強を初めてみてはいかがでしょうか。