システム監査技術者試験の難易度と知っておくべきポイント

出典元:株式会社アマナイメージズ

情報処理推進機構が実施する試験に合格すれば、IT系国家資格を得ることができるので、エンジニアから人気があります。特に基本情報技術者試験や応用情報技術者試験は人気が高く、IT企業では社員に積極的に取得することをおすすめしているところ多いです。

基本情報技術者や応用情報技術者よりもさらに難易度が高い試験に、システム監査技術者があります。実際に合格を目指したいと考えているエンジニアもいるのではないでしょうか。

システム監査技術者試験に挑戦する人の中には、難易度を気にしている人も多いです。そこで、今回はシステム監査技術者の難易度をご紹介するので、興味のある人はチェックして下さい。

情報処理試験の中でも最高難易度のシステム監査技術者試験

エンジニアであれば知っている人が多いですが、システム監査技術者試験は情報処理推進機構が実施する情報処理技術者試験の中で難易度がもっとも高いです。情報処理推進機構では、実施している各試験にスキルレベルを設定しています。そのレベルは1〜4まであり、1が最低難易度、4が最高難易度です。

もちろん、システム監査技術者は最高難易度のスキルレベル4に設定されており、難易度が高いことが理解できるでしょう。また、情報処理推進機構の資格には、システム監査技術者のほかにもスキルレベル4に設定されている資格がありますが、その中でもシステム監査技術者はもっとも難易度が高いと言われています。

どんな人が受験するのか

難易度が高いシステム監査技術者試験ですが、一体どのような人が受験するのでしょうか。

例えば、システム監査技術者に転身したい人です。システムエンジニアからシステム監査技術者に転身する人もいますし、ITとは関係のない業界から転身したいと考える人もいます。システム監査というお仕事には必ず資格が必要ということはありませんが、システム監査技術者の資格を取得して転職活動をするほうが、客観的に能力を示せるので有利です。そのため、難易度が高くても挑戦する人が多くなっています。

スキル向上を目指したいエンジニアも高難易度のシステム監査技術者試験に挑戦する人もいます。スキルアップすることで、会社からの評価も高くなるので、出世や給与アップを狙うことができるでしょう。

システム監査技術者試験の概要

難易度が高いシステム監査技術者試験ですが、これから受験勉強を開始しようとしている人の中には、この試験の概要を知らない人もいるでしょう。そのため、ここでは概要を詳しく説明します。

高度情報処理の基礎知識が問われる「午前Ⅰ」

システム監査技術者の午前試験には午前Ⅰがあります。四肢択一式の問題が30問出題されます。基本的に午前Ⅰは高度IT人材に求められる基礎知識が問われます。

システム監査の知識が問われる「午前Ⅱ」

午前Ⅱはシステム監査の知識を問う問題が出題されます。全部で25問出題され、出題形式は四肢択一式です。

システム監査の知識が記述式で問われる「午後Ⅰ」

午前に比べて、午後Ⅰになると難易度が高くなります。その理由は出題形式が四肢択一式から記述式に変わるからです。そのため、システム監査技術者試験に挑む人の多くは、難易度が高い午後対策を中心に行う人が多いです。

システム監査に関する小論文を書く「午後Ⅱ」

午後Ⅱは、さらに難易度が上昇し、出題形式は論述式になります。出題数は2問でその中の1問を解答します。

システム監査技術者試験の合格率

合格率を知ることで、システム監査技術者の難易度を推測することができます。平均合格率は15%前後となっており、合格率20%を下回っています。

平成29年度のシステム監査技術者の合格率は15.1%となっており、応募者数は4,151名しかおらず、ほかの試験よりも合格率が高く、応募者数が少ないことが理解できるでしょう。

システム監査技術者試験を受験する際に知っておくべきポイント

システム監査技術者試験は難易度が高い試験と言われていますが、受験する際に知っておくべきポイントを把握しておくと、合格に近づける可能性があります。

「午前Ⅰ」試験は、場合によって免除となることがある

高度IT人材に必要な基礎問題が午前Ⅰで出題されますが、この午前Ⅰ試験を免除できる人もいます。例えば、応用情報技術者試験に合格している方などです。

免除することができれば、免除されない人に比べて難易度を下げることができるのでメリットを感じられる受験生も多いでしょう。難易度を下げるために、まずは自分が免除対象者であるか確認してみて下さい。

順番に合格しないと、次の試験が受けられない

システム監査技術者試験は午前Ⅰ・午前Ⅱ・午後Ⅰ・午後Ⅱという順番に実施されますが、ひとつでも不合格になると、次の試験に挑むことはできません。そのため、難易度が高いと思われるエンジニアも多いです。

例えば、午前Ⅰで不合格になった場合、午前Ⅱ・午後Ⅰ・午後Ⅱの試験は受験さえできません。そのため、合格するためには、免除を除く1日で行われる各試験をすべて合格しなければなりません。

「午後Ⅱ」の試験は得点制ではない

難易度がもっとも高いと言われる午後Ⅱの論述問題の採点形式は得点性ではありません。「A」「B」「C」「D」といったランクで評価され、「A」を獲得した者だけが合格することができます。得点制ではないので、論文試験はほかの出題形式よりも難易度が高くなっています。

まとめ

システム監査技術者試験は難易度が高いです。しかし、難易度が高くても合格すれば、転職やキャリアアップなど数多くのメリットを得ることができます。そのため、これからエンジニアとしてキャリアを積んでいきたい人は、高難易度のシステム監査技術者に挑戦することをおすすめします。