ネットワークスペシャリスト試験の難易度は?資格の必要性も解説!

出典元:株式会社アマナイメージズ

日本には数多くの資格がありますが、それぞれの資格で難易度が異なります。もちろん、IT関連の資格も同じようなことが言えます。

エンジニアの中には、これからネットワークスペシャリスト試験に合格するために勉強をスタートさせる人もいるのではないでしょうか。挑戦する資格を選ぶ時や、資格勉強を開始する時に難易度を気にするエンジニアもいます。今回はネットワークスペシャリスト試験の難易度をご紹介するので、興味のある人はチェックして下さい。

ネットワークスペシャリスト試験とは

難易度を知る前に、まだネットワークスペシャリスト試験がどのようなものかわかっていない人もいるので、試験の概要を解説します。

ネットワークスペシャリスト試験は情報処理推進機構が実施する試験のひとつです。情報処理推進機構は独立行政法人になるので、合格すれば、国家資格として扱われます。

ネットワークスペシャリスト試験では、ネットワークシステムの企画、開発、保守などに必要な知識を問う試験となります。ネットワークスペシャリスト試験には午前Ⅰ・午前Ⅱ・午後Ⅰ・午後Ⅱがあり、それぞれで出題される形式が異なります。午前ⅠとⅡでは、四肢択一式が採用されているのに対して、午後は記述式です。記述式は四肢択一式よりも難易度が高く、毎年午後の問題に苦戦する受験生は多いです。

実施される月は10月です。年に1回しか開催されず、合格できるチャンスが少なくなるので、情報処理推進機構が実施するほかの資格よりも難易度が高くなっています。

ネットワークスペシャリスト試験の難易度と合格率

では具体的にネットワークスペシャリストの試験の難易度を見ていきましょう。結論から申し上げると、ネットワークスペシャリストの難易度は非常に高いものとなっています。情報処理推進機構では、それぞれの試験にスキルレベルを1から4に設置しています。もちろん、スキルレベルの数字の数が大きくなるに連れて難易度が高くなりますが、ネットワークスペシャリストはスキルレベルが4に設定されており、難易度が高い試験だと理解できるでしょう。

難易度が高いことは合格率からも把握できます。ネットワークスペシャリストの平均合格率は14%前後になります。今まで実施されたネットワークスペシャリスト試験の中で、もっとも合格率が低かったのが、平成22年と平成29年の秋期で、合格率は13.6%です。一方、1番高かったのが、平成28年度の春期で、合格率は15.4%でした。今まで実施された中でもっとも高い合格率でも、15%ぐらいなので、難易度が高い試験であることが理解できるでしょう。

ネットワークスペシャリスト資格の必要性

このように、ネットワークスペシャリストという資格は難易度が高いですが、エンジニアが取得する必要性はあるのでしょうか。難易度が高いため、合格するまでに多くの時間を勉強に費やすことになります。もし、必要性が低いなら、別のことに時間を使いたいと考える人もいるでしょう。

ネットワークスペシャリストはほかのIT系資格に比べて取得の必要性はたくさんあります。例えば、エンジニアとしての信頼度が高まることです。今は上司から指導される立場でも、将来的には部下を指導する立場に立たざるを得ないでしょう。難易度が高いネットワークスペシャリストを持つ上司と、何も資格がない上司、あなたならどちらから指導を受けたいですか。多くの人が、合格難易度が高いネットワークスペシャリストの資格を持つ上司と応えるでしょう。ネットワークスペシャリストという資格を取得しておくことで、知識が高いと客観的に証明できます。そのため、部下から信頼を得られやすくなるので、今後指導する立場に立ちたい人は取得することをおすすめします。

そのほかにも、職場のリーダー職に就きたい人は、難易度が高いネットワークスペシャリストの資格が必要です。リーダー職を務める人は、同時に高い技術・知識が求められます。難易度の高いネットワークスペシャリストの資格は、高いスキルがないと合格できないので、会社から知識がある人材と評価を受け、リーダー職に就ける可能性が高くなります。

ネットワークスペシャリストの業務内容

ネットワークスペシャリスト試験は難易度が高いですが、キャリアアップなど数多くのメリットがあるので、取得を目指している人もいるでしょう。その中には、ネットワークスペシャリストの業務内容を知らない人もいるのではないでしょうか。

ネットワークスペシャリストの主な業務はネットワークシステムの設計、構築、保守です。例えば、社内にはLANやWANなどネットワークがありますが、その構築や保守をする人がネットワークスペシャリストです。主に、データ通信のためにネットワークは構築されており、会社は重要なデータを運用するので、責任の重い仕事です。そのため、企業は難易度の高いネットワークスペシャリスト試験に合格した人に社内ネットワークを任すところが多いです。

まとめ

ネットワークスペシャリスト試験は難易度が高いので、簡単に合格できる試験ではありません。しかし、難易度は高いですが、絶対に合格できない試験でもありません。そのため、部下から信頼してもらえる上司になりたい人や、会社から高い評価を受けたい人は、難易度は高いですが、ネットワークスペシャリスト試験に挑戦することをおすすめします。