PMP資格取得はメリットだらけ!PMPの基礎知識とメリット

出典元:株式会社アマナイメージズ

プロジェクトマネジメントの経験がある人の中には、PMPの資格を取得したい方もいるのではないでしょうか。プロジェクトマネージャーとしてIT企業に就職するためには、資格は必須ではありません。しかし、資格があったほうが、メリットを数多く得られます。では、実際にどのようなメリットを獲得することができるのでしょうか。今回はPMPのメリットについてご説明します。

PMPとは?

PMPのメリットを知る前に、まずはPMPの概要からご説明します。

PMP資格内容

PMPとは、PIMが実施するプロジェクトマネジメントに関する国際資格です。PMPはプロジェクトマネジメント・プロフェショナルの略です。国際資格なため、日本だけでなく、海外でもプロジェクトマネジメントスキルを証明する時に役立てることができます。

受験資格

PMPを受けるためには、受験資格をクリアしなければなりません。求められる受験資格は、学歴によって異なります。

最終学歴が専門卒、高卒の人は、プロジェクトマネジメントの経験が60ヶ月必要です。また、プロジェクトを監督する立場での実務経験が、7500時間求められます。

最終学歴が大卒の人は、プロジェクトマネジメント経験36ヶ月、監督の立場でのプロジェクト業務4500時間が受験資格として必要になります。

学歴に関わらず、実務経験のほかにも、公式な研修を35時間受けなければなりません。

出題内容・難易度

PMPはコンピューターによる試験が実施されます。国際資格にはなりますが、申請書の中にある、言語選択で日本語を選ぶことで、日本語で問題が出題されます。

PMPでは全部で200問出題されます。出題方式は四肢択一式です。試験時間は4時間となっています。

PMPの合格率は公式には発表されていません。そのため、合格率から難易度を予測することはできませんが、受験資格をクリアすれば、多くの人が受かる試験と言われており、情報処理推進機構が実施するプロジェクトマネージャー試験よりも難易度は低くなります。

PMP資格取得のメリット

では、早速PMPのメリットを確認していきましょう。メリットを知ることで、自分に必要な資格か知ることができるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット1:自分自身のスキルアップ

1つ目のメリットとして挙げられるのが、スキルアップを期待できることです。エンジニアはシステムを構築する職人です。そのため、大工さんのように、評価を受けるためには、スキルをアップし続けることが求められます。

PMPを合格するために、勉強することで、プロジェクトマネージャーに必要な知識を身に付けることができます。知識が身に付けば、実務に活かすことができるので、プロジェクトを進行させるための技術も自然に身に付くでしょう。

メリット2:自分自身のキャリアアップ

PMPを取得するメリットは、キャリアアップに活かせることです。キャリアアップをすることで、年収が高くなったり、社会的評価が高まったりするため、キャリアアップを目指すエンジニアはたくさんいます。

もし、PMPを取得できたら、客観的にプロジェクトマネジメントの知識や技術を証明することができます。そのため、今勤めている会社よりも高い年収を支給してくれる企業に転職したい時に、PMPの資格を活かせば、簡単にスキルを証明でき、採用してもらえる可能性が高くなります。そのため、キャリアアップにPMPは活かせられます。

メリット3:人脈の広がりに期待できる

PMP取得のメリットは、コミュニティを利用して、今までよりもさらに人脈を広げられることです。人脈も資格と同様にキャリアアップなど、さまざまなことに活かせます。特に会社員としてではなく、起業・独立をする人は、周囲のサポートが必要になる機会も多いので、人脈が多いほうが有利です。

メリット4:業界を超えて活用できる

業界に関係なく、PMPという資格は、さまざまな企業で通用するため、その点にメリットがあります。基本情報技術者など、一定の業界でしか役立てられない資格ではないため、さまざまな業界で活躍したい人は取得しておくといいでしょう。

メリット5:国際的認知度を誇っている

先程も述べたように、PMPは国際資格です。日本ではまだ認知度は高いとは言えませんが、海外では広く認知されています。そのため、外資系企業に転職する際に、活かすことができます。外資系企業の中にはPMPの資格を雇用する条件のひとつにしているところもあり、プロジェクトマネージャーとして外資系企業で働きたい人はメリットを感じられるでしょう。

メリット6:取得後も更新があり、継続的な学習でスキルアップ

PMPは3年単位で更新が必要です。更新するためには、もう一度試験に合格する必要はありませんが、継続的に学習することで、スキルアップができるので、PMP取得にはメリットがあります。

まとめ

PMPには数多くのメリットがあり、取得しようか迷われていた方も、挑戦する決意が固まった人もいるでしょう。プロジェクトマネージャーとして活躍するためには取っておきたい資格なので、挑戦してみてはいかがでしょうか。