IT企業で働くのに資格は必要?就職や転職に役立つおすすめ資格も紹介

出典元:株式会社アマナイメージズ

IT業界にしばらく身を置いているものの、今後のキャリアアップには資格が必要なのかどうかわからないという方も少なくありません。技術職であるIT業界の仕事は、技術こそが全てという考えもありますが、実際のところはどうなのでしょうか。今回はそんな疑問を解決してみましょう。

ITエンジニアに資格は必要なのか

ITエンジニアは技術力こそが全てであるため、資格は必要ないという意見もあります。この意見は確かに的を得たものではありますが、全ての人に当てはまるかというとそうではありません。

当然、エンジニアとしてのスキルは重要なものとなりますが、資格の有無によっても評価が分かれる会社があるのも確かです。また、企業によっては就職や転職、昇進の条件としても資格の保持を重要視している場合もあります。

企業に身を置くなら損はない

エンジニアにとってスキルが有るのは当たり前のこと。しかし、どの程度のスキルを持っているかを計るのには、資格は目安になるものでもあり、最低限のスキルを証明するものでもあるのです。

難易度の高い資格を持っていれば、それだけ質の高い技術を持つ人材だとすぐに証明することができます。フリーランスとして活動しているのであれば、自ら仕事を取ってこなければいけないため、資格も大事な要素となりますが、技術力に加えて「営業力」でカバーせざるを得ないでしょう。

エンジニアの方の全てが営業力を持っているとは限りません。しかし、一企業に身をおくのであれば、高い技術力に加えて、スキルレベルの高い資格を保持していることは、他の社員との差を拡げてくれる武器となるのです。

IT資格の種類

ITに関連する資格は、大きく3つに分けられます。その一つが、国が認定している「国家資格」です。弁護士資格などに代表されるように、国家資格は資格の中でも最も高い評価・効力のある資格でもあります。

IT資格の国家資格は「情報処理技術者試験」と称され、試験区分によって難易度や種類が分けられています。最も難易度が低く、万人向けに設定されているIT資格はスキルレベル1に、最も難易度が高く、高度スキルを持つエンジニア向けのIT資格はスキルレベル4と、1〜4の難易度に分けられた国家資格となっています。

ベンダー資格について

ベンダー資格とは、「マイクロソフト」や「オラクル」といったIT企業が主催している資格試験で、基本的にはこうした企業の製品を扱うための、高い技術力を証明する資格となります。

評価としては国家資格ほどではないものの、こうした企業の製品は数多くの企業が利用しているため、製品に特化した高い技術力を持った人材は、製品を利用する企業にとって貴重な人材となるでしょう。

ベンダーニュートラル資格について

ベンダーニュートラル資格は、国や企業以外の資格認定機関が実施している資格です。主に技術レベルを目指すための資格が多く、スキルの向上には役に立つものが多いですが、中には全くの無名である資格も存在しているため、就職や転職で評価される資格ではありません。

スキルアップを目的とした資格取得であればおすすめですが、就職や転職が目的でベンダーニュートラル資格を取得することを考えているのであれば、国家資格やベンダー資格を取得したほうが得策と言えるでしょう。

就職・転職に役立つ資格1:ITパスポート

IT関連の国家資格の中でも、最も難易度の低いIT資格が「ITパスポート」です。

ITパスポートは、「ITを利用する全ての人材」を対象としている資格ですので、ITエンジニアやIT業界に関わらず、様々な企業でも活用することができる国家資格です。資格を持っていることで、ITに関連する基本的な知識を持っている事を証明できるため、社会人にかかわらず、学生にも推奨される資格です。

試験の概要

スキルレベル:1(ITを利活用する者が対象)
合格率:48.3%(H28実績)
受験会場:全国各地
試験実施日:随時(試験時間 120分)

就職・転職に役立つ資格2:基本情報技術者

「基本情報技術者」はスキルレベル2の国家資格で、主にITエンジニア初心者〜を対象としている資格です。ITエンジニアの入門編とも言える資格で、これからIT企業に就職を考えている方や、IT業界への転職を考えている方など、実践スキルが無い方にもおすすめの資格となります。

企業側としては高い技術力を持つ人材が理想ではありますが、新人に対しては技術力よりも向上心や行動力が必要不可欠。資格を持っていることで「準備してきたな」と相手にも伝えることが出来るでしょう。

試験の概要

スキルレベル:2(情報処理技術者が対象)
合格率:22.1%(H29実績)
受験会場:全国各地
試験実施日:4月第3日曜日、10月第3日曜日(午前〜午後まで実施)

就職・転職に役立つ資格3:応用情報技術者

今回ご紹介する資格の中で最も難易度の高い、スキルレベル3の資格が「応用情報技術者」と呼ばれる国家資格です。就職や転職にも有利になるこの資格は、ITエンジニアとして高度な技術を持っているという事を証明出来る資格ですが、実は実務についていなくても、資格取得が夢ではない資格でもあります。

当然、難易度も高く、それなりに学習が必要となりますが、就職や転職を考えているのであれば、応用情報技術者を持っている事でかなり力を付けた人材であることをアピールできる資格ですので、ぜひとも目指したい資格ではあります。

試験の概要

スキルレベル:3(情報処理技術者が対象)
合格率:21.0%(H29実績)
受験会場:全国各地
試験実施日:4月第3日曜日、10月第3日曜日(午前〜午後まで実施)

IT業界で資格以外に必要なスキル

IT業界では技術力が必須となり、資格があれば尚良しと説明してきましたが、実際のところ、IT業界で仕事をしていくには「コミュニケーションスキル」も重要なスキルとなります。

というのも、IT業界における仕事はチーム単位で動くことが多く、チームワークや協調性が必要になります。さらにそこからスキルアップを目指すのであれば、自身の行動力や主体性といったスキルも重要な要素となってくるでしょう。

スキルアップに限らず、こうしたスキルは常に持っていたいものですが、資格を持っていることは、あなたの自信にも繋がるでしょう。また、単に資格を取得しただけでなく、資格取得のための学習は、基礎を一から学ぶことにもなりますので、しっかりとした足場固めにもなります。

行動力や主体性は、自信があることでも引き出されるでしょう。資格を持ち、しっかりと基礎を学びあげた自信は、技術力に加えてあなたの大きな武器にもなることでしょう。

資格を取った後は、案件で腕試ししてみませんか?

解説してきたような資格は、就職や転職に有利に働く事でしょう。そして、さらに上を目指したり、今後はフリーランスとしてやっていこうと考えているのであれば、「PROsheet」や「LancersTop」で案件を見てみましょう。

これらのサイトではたくさんのIT関連の案件が掲載されており、クライアントが何の技術を求め、何の資格保持者を優遇しているのかがすぐに分かります。実際に案件に応募するのもおすすめですが、まずは現状との差が無いか、どのようなスキル・レベルが求められているかを学ぶのは大事な作業でもあります。

資格取得後に挑戦すべき案件もたくさん掲載されているので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ

技術畑であるIT業界に、資格は不要という意見は賛否両論ありますが、それは人それぞれのスタイルによっても変わるため、一概にどれが正しい意見という事はないでしょう。とはいえ、絶対に不要というよりかは、あっても邪魔にはならないものだとは思います。

ましてや、就職や転職に関しては、資格は必要なものになってくるでしょう。資格の取得に際して、技術力の向上もできますので、取得に関わる時間も決して無駄なものにはならないのです。