プロジェクトマネージャ試験は転職に有利!?気になる職場評価と年収は?

出典元:株式会社アマナイメージズ

IT業界への転職を考えている人は、専門的知識を身につけるためにも資格の取得を検討した方がいいでしょう。資格と言っても様々な種類がありますが、その中でもプロジェクトマネージャ試験は人気を集めています。実際にこれからプロジェクトマネージャ試験に受験しようと思っている方もいるのではないでしょうか。

今回は、具体的にプロジェクトマネージャ試験が転職に有利なのかについてご紹介します。

プロジェクトマネージャとは?

プロジェクトマネージャとは、その名の通りプロジェクトの全体を仕切れる能力がある方のことを言い、予算や品質、納期に対して全ての責任を持っている職種のことを言います。リーダー的存在なので、プロジェクトマネージャ試験の資格を持っている方は出世に有利となることがあります。

プロジェクトマネージャは、プロジェクトの責任を持つことはもちろん、IT技術も必要になるので、資格取得のためには豊富な知識を身につけなければなりません。

プロジェクトマネージャ試験は転職に有利と言われていますが、難易度は高く、合格率も50%を下回ります。

プロジェクトマネージャの仕事内容

プロジェクトマネージャ試験に合格すると、転職や就職などがしやすいとされていますが、企業にとって大切なマネジメントの仕事内容は何があるのでしょうか。

具体的にマネジメントの仕事内容は大きく分けると5つあります。

情報共有

開発を進めるにあたって必要なのが情報共有です。例えば、その中でもプロジェクトマネージャは、開発を進めるにあたって何が優先かを考え、納期や予算なども確定します。決まった情報は、打ち合わせなどでメンバーに情報共有します。

開発の計画を立てる

開発を効率よく行うためには、計画が大切です。プロジェクトマネージャは開発の作業工程を割り出し、どこの作業に誰が必要なのかを具体的に決める仕事をします。

開発環境を整える

チームが快適に作業を進められるように、環境を整える仕事もあります。

進行管理

開発をスムーズに進められるように、進捗状況をしっかりと管理し、万が一問題があればクライアントと交渉をするのもプロジェクトマネージャの仕事です。

反省や見直し

開発を終えたらプロジェクトのレビューを行います。問題があった点や改善点などを話し合います。

プロジェクトマネージャ試験は就職・転職に有利なの?

プロジェクトマネージャ試験に合格すると、転職や就職に有利なのか気になっている方も多いのではないでしょうか。結論から言うと、資格を持っていない人に比べて転職や就職には有利です。では、なぜ有利なのかを2つほど説明します。

合格率が低い高難度試験だから

プロジェクトマネージャ試験が転職などに有利な理由は、合格率が低い高難度試験だからです。プロジェクトマネージャ試験は、午前I~午後Ⅱまでの合計4つの試験があり、全ての60%以上の正解率でないと、資格を取得できません。実際に合格率は約15%と1割~2割程度の人しか合格できない資格試験です。

ごくわずかな限られた人しか持っていない資格となるので、企業も興味を持ってもらえる確率が高くなり、転職や就職に有利となります。

有資格者が不足している企業では転職や就職で更に有利となる

プロジェクトマネージャ試験に合格している人が多く勤めている企業では、それほど珍しく思われないかもしれせん。そのため、転職でそれほど有利になることはありませんが、プロジェクトマネージャ試験の有資格者が不足している企業では、企業が欲しいと思う人材なので、転職に有利となるでしょう。

プロジェクトマネージャ試験の職場での評価と年収への影響

プロジェクトマネージャ試験に合格すると、転職には有利と言われていますが、職場評価や年収への影響はどのようになっているのでしょうか。

職場評価について

プロジェクトマネージャ試験に合格し、転職後に職場ではどのような評価がされるのかというと、資格が重視されているところでは資格手当や一時金が支給されることもあります。しかし、あくまでもマネジメントという仕事なので、資格だけ持っているだけでは意味がありません。転職には有利な資格ですが、職場でしっかりとマネジメントとして機能できているかもポイントとなります。

年収への影響

資格を取得し、転職をしたら年収はどのくらいになるのか気にある方もいるでしょう。転職をしたからと言って必ずしも年収が上がるとは限りませんが、プロジェクトマネージャ試験の資格を持っている方は貴重な人材なので、年収はアップする確率が高いと言われています。

具体的に平均年収は約500万円~1000万円となっています。マネジメントとして出世をすれば、企業によっては年収1000万円も夢ではありません。プログラマやシステムエンジニアの平均年収が350万円~600万円ほどなので、転職をして年収アップを目指している方にはおすすめの資格です。

まとめ

今回は資格を取得することで転職に有利なのかについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。どこに転職するかによっても異なりますが、ほとんどのIT業界ではしっかりと評価してくれる資格でしょう。
年収アップや転職に有利な資格を取りたい人は、挑戦してみてはいかがでしょうか。