以外に高い?!未経験者のITパスポート試験の合格率は?

出典元:株式会社アマナイメージズ

将来的にネットワーク社会の職業に就きたいと思っている方も多いかと思いますが、知識が全くない人たちが活躍できる世界ではありません。ネットワーク社会の仕事は専門的知識が必要なので、将来的にIT技術者として活躍したいなら資格取得を検討しましょう。

その中でも未経験者におすすめなのがITパスポートです。ネットワーク社会に関わったことがない未経験者でも合格できる試験と言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

今回は、具体的にITパスポート試験についてご紹介します。

ITパスポート試験とは

ITパスポート試験は、情報処理技術者試験の中の1つです。ITパスポートは国家資格となるので知名度も高く、未経験者からIT技術者が資格取得のために日々勉強をしています。

ITパスポートは、資格を取得すると最新の技術の知識を身につけられたと証明される試験です。転職や就職にも有利となるので、最低限IT技術者として活躍したいなら取得しておくといいでしょう。未経験の人にもおすすめと言われており、実際に情報処理技術者試験の中でも難易度は低めです。初めて資格を取得したい人はITパスポートから挑戦をしましょう。

ITパスポートは将来的に取得しておくと有利となる資格で、特にメリットとしては業務に必要な基礎知識を身につけられることです。就職をしてから基礎知識を身につけていては遅い業界ですが、ITパスポートがあれば、就職後すぐに業務を覚えられます。社内でのコミュニケーションが円滑になるだけではなく、顧客とのコミュニケーションもスムーズに進められます。様々なメリットが得られる資格となっているので、未経験者は特にITパスポートは取得しておいた方がいいでしょう。

気になるITパスポート試験の合格率

ITパスポートは比較的簡単な試験で、未経験の方にもおすすめと言われている試験です。実際に学生も挑戦する試験ですが、合格率はどのくらいなのでしょうか。

全体では50%前後

ITパスポートの合格率は全体で見ると約50%前後と言われています。受験者の中の半分ほどは合格する試験なので、それほど難易度は高くありません。

実はIT未経験者の合格率は高い!

ITパスポートの合格者は、社会人でネットワーク関係の会社に勤めている方が当然多いのでは?と思っている方も多いでしょう。しかし、一番合格率が高いのが非IT系社会人と言われています。非IT系ということはネットワーク社会が未経験な方となるので、未経験者にとって難しい試験ではありません。勉強をしっかりと行えば、合格できる見込みは十分にある試験です。

未経験者にオススメの勉強方法

ITパスポートに未経験者が合格するためには、ある程度勉強はしなければなりません。効率よく知識を身につけるためには、勉強方法が大切と言われています。実際に未経験者はどのように勉強をしたらいいかわからない方も多いので、ここではおすすめの勉強方法についてご紹介します。

まずは基礎知識を反復して身に付ける

どんな資格の勉強でも同じですが、基本的に基礎知識を理解できなければ、未経験者がITパスポートの試験に合格することは難しいでしょう。特に未経験者は、基礎知識を身につけずに難しい部分ばかり勉強する方もいますが、難しい問題は基礎知識が身についていないと理解するのが難しいでしょう。そのため、まずは基礎知識を反復して身につけることが合格への近道となります。

過去問に触れ、試験形に慣れよう

ITパスポートは、出題傾向を見てみると基本的に過去の問題集から6割から7割ほど出題されています。合格基準が60%となっているので、過去問をインプットすれば十分に合格できる可能性があるということです。基礎知識を理解することができたら、過去問を繰り返し解くようにしましょう。

過去問は、覚えることも大切ですが、試験形になれるという意味でも非常に大切です。特に未経験でITパスポートの試験を初めて受けるという方は、本番でパニックにならないためにも過去問に慣れておくことが重要です。

不安な人は通信講座もアリ

基本的に未経験者が合格するためには、基礎知識の学習と、過去問を繰り返し解くことが重要になりますが、未経験者は経験したことがないので、基礎知識の学習と過去問を解くだけでは不安に思っている方もいるでしょう。この場合は通信講座を受けるのも有効的な方法です。通信講座なら自宅で手軽に勉強ができますし、専門的知識を持った人が指導をしてくれるので、しっかりと理解することができます。未経験者が確実に合格をしたいなら、通信講座も受けてみるといいでしょう。

まとめ

今回は未経験者がITパスポート試験に合格するためのポイントについてご紹介しましたが、やはり未経験者が合格するためには勉強方法が大切です。特にITパスポートは過去問から出題されることが多いので、まずは過去問を完璧にすることが大切です。また、心配な方は通信講座などもあるので、合格できる確率を上げたいなら受講するのもアリでしょう。