35歳定年説は本当?一生エンジニアとして働いていくために考えるべきこと

出典元:株式会社アマナイメージズ

エンジニアの定年は35歳と言われることがよくありますが、なぜ35歳なのでしょうか。今回はエンジニアの定年が35歳と言われる理由と、エンジニアとして一生働き続けるために必要なことについてご紹介します。

エンジニアの定年は35歳?!

通常、定年は60歳と決めている企業が7~8割ほど、65歳と決めている企業が約2割となっており、60歳以上働けるところがほとんどです。しかし、エンジニアの定年は60歳を大きく下回る35歳と言われています。具体的に35歳と言われる理由は何があげられるのでしょうか。

35歳定年説が囁かれる3つの理由

35歳定年説が囁かれる理由は大きく分けると3つあります。

エンジニアは肉体労働?

エンジニアというと、パソコンを使用して作業するのがほとんどなので、座りながらできて楽だなとイメージしている方も多いでしょう。確かに、運動をする仕事ではありませんが、昼夜問わずパソコンの画面を見て作業し、コードを書き続ける業務は想像以上に体力を使います。

体力と集中力は、30歳を過ぎると徐々になくなると言われています。実際に35歳くらいになると限界を感じて辞めてしまうエンジニアも少なくありません。そのため、35歳で定年と言われることが多くなっています。

学び続ける難しさ(意識・意欲)

IT業界は、他の職種と比べても飛躍的なスピードで成長しています。そのため、一度身につけた知識だけでは対応できなくなることもあります。エンジニアは常に新しいスキルを学び続け、時代に遅れないように努力をする必要がありますが、35歳を過ぎると学び続けるための意識や意欲がなくなってしまいます。学ぶことができなければ、若者に遅れを取り、追いつくことができなくなるので、退職を考えるエンジニアも増えているのが現状です。

管理職へのキャリアチェンジ

35歳を過ぎると管理職へキャリアチェンジする方も少なくありません。エンジニアを卒業できると嬉しく思う方もいますが、中には60歳から65歳の定年を迎えるまでエンジニアとして活動したいと思っている人たちもいます。

しかし、企業としても高いスキルを持ったエンジニアに高額な報酬を払い続けるのは難しいので、リスクなども考えて管理職へキャリアチェンジさせる企業がほとんどです。そのため、企業に勤めて定年まで働き続けるのは難しいと言われています。

崩れ始めている35歳定年説

IT業界は定年が35歳というのが当たり前でしたが、ここ最近では定年が35歳説という噂はなくなりつつあります。実際に、最近のIT業界は人材不足という問題もあり、ベテランのエンジニアのニーズも高まっています。

また、ITビジネスの拡大に伴って、技術やスキルを持った方が必要とされており、35歳までエンジニアとして働いていた人は即戦力になります。

こういった理由から35歳が定年ではなく、35歳からも活躍できる社会へと変わりつつあります。

一生エンジニア!になりたい人が意識するべきこと

エンジニアとして定年と言われる60歳から65歳まで働き続けるためには、意識しておきたいことがいくつかあります。ここでは大きく分けて3つのポイントについてご紹介します。

新しい情報への感度を高く!

定年まで働き続けるためには、新しい情報を頭に入れ込む作業は忘れてはいけません。例えば、今までに触ったことのないプログラミング言語を覚えたり、マーケティングやSEOを学んだりするのもいいでしょう。

今ではネットなども普及しているので独学でも簡単に勉強できる環境が整っています。また、独学では勉強できないという方でも、最近ではスクールなども増えているので、気軽に通うことができます。一生働き続けたい人は、学び続けることが大切です。

スキルの深さと同時に幅も広げる

IT業界は学べる知識がたくさんあります。その中でも大切なのが、スキルの深さと幅を広げることです。その中でも幅を広げることができれば、あらゆる要望に対応できますし、難しいと言われるスキルを身につけておけば、企業にとって必要不可欠な人材となるので、エンジニアの業務から外されることはありません。

エンジニアにも人脈づくりは必須

どんなことでも人脈作りは大切と言われていますが、エンジニアにとっても人脈作りは必要不可欠です。理由は人脈があれば、これまで知らなかった新しい情報やスキルなどを知ることができるからです。中には一人で問題を調べ、解決する方もいますが、35歳を過ぎて学ぶ力がなくなってくると人の手を借りることが必要になります。一生仕事をつづけるためにも、人脈について考えるようにしましょう。

まとめ

今回はエンジニアの定年について紹介をしましたが、定年が35歳説というのはなくなりつつあります。一生働ける環境が整ってきているので、35歳を過ぎても働き続けたいと思っている人は、新しいスキルを身につけることや人脈などは広げておくようにしましょう。