エンジニアって休みの日も開発してるの?おすすめの休日の過ごし方・趣味をご紹介

出典元:株式会社アマナイメージズ

この記事を見る人は、エンジニアの趣味や時間の過ごし方に興味を持っている人が多いと思います。人によっても自分の時間の使い方は様々ですが、休みの日も仕事という方もいれば、上手にリフレッシュしているという方も少なくはないでしょう。

仕事に行き詰まっている時や落ち込んでいる時、気分転換の出来る趣味や、気分転換の出来る時間の過ごし方を知っているのと、知らないのとでは、自分自身だけでなく仕事にも大きな影響を与えることでしょう。

そこで今回は、エンジニアの休日の過ごし方や、エンジニアの人たちの趣味にクローズアップして行きたいと思います。

エンジニアの人たちって、仕事以外の時間や趣味の時間って何してるの?

まず気になってくるのが、エンジニアの人たちの仕事以外の時間の過ごし方ではないでしょうか。というのも、プログラミングの技術も日々、進化していますので、仕事以外の時間はプログラミングの勉強をしている、または趣味がプログラミングという方も多いようです。

あるアンケートによると、プログラミングの勉強やプログラミングの趣味に、1日5時間以上かけているという方が7割近くもいることが分かりました。実に3人に2人が1日中プログラミングづくしの生活を送っていることになります。

エンジニアの人たちの仕事以外の時間の過ごし方をまとめてみた

エンジニアの休日の過ごし方。あなたはどちらのタイプだったでしょうか。高い割合で休日も仕事をしているという方が多い結果となりましたが、休日は存分に趣味につぎ込んでいるという方も、エンジニアの中にはもちろんいらっしゃいます。

では、具体的に他のエンジニアの方はどんな趣味を持っているのでしょうか。そこで今回はSNSの情報から、エンジニアの方の趣味や休日をどう過ごしているのかをご紹介していきたいと思います。

 


マネージャークラスのエンジニアの方には「自転車」が趣味という方も。数百万を自転車につぎ込むほどに趣味にはお金も時間もかけているようです。エンジニアのイメージとは打って変わって、非常にアグレッシブな趣味でもありますが、仕事からのリフレッシュ効果が高い趣味と言えそうです。


エンジニアの方にはコーヒーが好きすぎて、自分でコーヒーショップを開店・運営しているという方も。エンジニアの仕事と勉強の傍ら、こうして自分の趣味を勉強して形として実現させるのは凄いことですね。


エンジニアとしてもCTOとしても活動している方は、新しいガジェットにとにかくお金をつぎ込んでいるという方も。仕事柄、ガジェット収集といった趣味は仕事にも繋がるものですので、常にアンテナを張り続ける大事さも必要になってくるでしょう。

「趣味がない」そんな方へおすすめの趣味

エンジニアの方の趣味と言っても、実に多種多様ということがわかりましたね。いずれのエンジニアの方も、趣味を突き詰めるために全力で楽しんでいる感じが伝わってきましたが、その反面、エンジニアの仕事もしっかりなさっているという印象も受けられます。

しかし、中にはなかなか趣味が見つからず、仕事づくしという方もいらっしゃるでしょう。趣味に関してはあまり難しく考えず、まずはやってみるという気持ちが大事です。そんな方のために、身近な物から始められる趣味や、簡単に体を動かすことのできる趣味をいくつかご紹介していきたいと思います。

おすすめの「インドア」な趣味

インドアだけど、適度に体を動かしたいのであれば「料理」はどうでしょう。料理はレパートリーだけでなく、栄養管理なども関係してくる奥の深い趣味となることでしょう。ご自身の健康管理にもなりますので、まずは簡単な料理から始めてみてはいかがでしょうか。

また、「楽器」を趣味にするのもおすすめ。頭や目ではなく耳を使って没頭できる趣味でもあるので、普段から目を酷使しているエンジニアにはオススメの趣味でもあります。独学でもある程度は習得できるものなので、ちょっとした気分転換としても最適な趣味となるでしょう。

この他、すぐに始められる趣味には「英会話」を始めとした「語学学習」はいかがでしょうか。頭を休めることは出来ないかもしれませんが、今後はますます語学力が必要となってくるので、エンジニアのスキルだけでなく、今後の仕事にも活かすことの出来る趣味となるでしょう。

おすすめの「アウトドア」な趣味

マイナスイオンを浴びて、頭の疲れを取るアウトドアな趣味はいかがでしょうか。近年では「キャンプ」や「登山」も流行っていますね。前述でも登場した自転車を趣味にしているエンジニアの方のように、無心で体を動かすことは、体の健康管理にも、頭のリフレッシュにも最適です。

本気を出せばそれなりにお金もかかってくる反面、一人でもすぐに始めることができ、誰にでもすぐに始められる趣味でもあるので、まずは気分転換という感じでトライしてみてはいかがでしょうか。

また、アウトドアの趣味は一人でも大人数でも楽しめるのが大きなポイントです。同僚や友人の方を誘ったりして楽しむことも出来ますので、まずは軽い気持ちで始めてみてはいかがでしょうか。

趣味を両立する働き方、あなたはできていますか?

エンジニアの方の中には、休日やプライベートな時間を趣味で楽しみたいけど、なかなか自分の時間が持てないという方も多いのではないでしょうか。そんな方は、まずプライベートな時間よりも、自身の働き方を見つめ直してみる必要があるかもしれません。

とはいえ、多くの時間を取ることが出来るであろうフリーランスとして働くには、少々度胸が必要と考えてしまいますよね。そんな方にオススメなのが、フリーランスの方のためのお仕事紹介サイトの「PROsheet」です。

PROsheetは条件に見合った働き方ができる案件や、エンジニアの方にもオススメな案件が多いのが特徴。また、フリーランスとして働きつつ、福利厚生を受けられるというメリットも大きいです。今回は、その中の案件を少しだけ紹介して行きたいと思います。

案件1「AI開発、ディープラーニング実装、WEB開発のPM」

報酬:3〜4万
勤務日数:週2〜5
勤務地:恵比寿・六本木
必須スキル:Python,tensorFlow,Ruby on Rails

日本語と英語を使って、エンジニアやクライアントとやり取りする必要があり、多国籍チームでチーム構成されているので、英語力のある方はスキルアップも兼ねた働き方が出来そうです。

案件2「動画制作プラットフォームのプロダクトマネージャー業務」

報酬:3〜4.2万円
勤務日数:週3〜5
勤務地:渋谷・新宿
必須スキル:プロダクトマネージャーとしての実務経験1年以上

エンジニアとしてのスキルはもちろん、デザイン力やマネジメントスキル、ディレクションスキルが求められる仕事ですが、動画制作を趣味としている方にはもってこいの仕事と言えそうです。

案件3「ドローン関連サイトのディレクション」

報酬:3.2〜3.7万円
勤務日数:週35
勤務地:恵比寿・六本木
必須スキル:Webディレクターとしての実務経験3年以上、AWS、MySQL

既存のドローン関連サイトをスケールさせるためのディレクション業務。趣味がドローンという方は、趣味のスキルと仕事のスキルを存分に活かすことができる仕事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。現状の働き方や会社にこだわらなくとも、多種多様な働き方もあるのです。また、趣味を活かしながらエンジニアとして働くことも、ご紹介した通り、十分に可能なものなのです。

エンジニアだからこそ、趣味やリフレッシュするための休日の過ごし方を大事にするべきかもしれませんね。なかなか趣味を見つけられない、時間が取れないという方も多いかもしれませんが、働き方は一つだけではありません。「コレ」という趣味を見つけられるよう、広い視野で色々な物を見てみるようにしましょう。