デザイナーが仕事で失敗してしまったときはどうする?対処法をご紹介

出典元:株式会社アマナイメージズ

デザイナーとしてお仕事をしている人の中には、仕事に失敗してしまった方もいるのではないでしょうか。会社に所属するデザイナーであれば、出世などに影響を及ぼします。また、フリーランスとしてデザイナーのお仕事をしている人は、助けてくれる人がいないため、自分で対処することが求められます。

今回はデザイナーが仕事で失敗してしまった時の対処法をご紹介するので、デザイナーのお仕事をしている人はチェックしてみて下さい。

デザイナーとして訪れる仕事上の失敗の数々

すでにデザイナーの仕事をしている人が実際に遭遇した、仕事上の失敗をご紹介します。

依頼主との要件のにぎりの甘さ

デザイナーの中には自ら依頼主と交渉する人もいます。依頼主によっては依頼の要件を細かく指定してくれる人もいますが、そのようなクライアントは比較的少ないです。そのため、要件のにぎりが甘いと工数が増えてしまい、単価の割には仕事量が多いという事態に陥る可能性もあります。

チームビルディングの失敗

チームビルディングの失敗もデザイナーに訪れる仕事上のミスのひとつです。チームビルディングとはプロジェクトを成功させるために、目標を達成するために行う組織づくりのことです。組織づくりが上手くいかないと進捗率が悪くなり、納期に間に合わないなどのトラブルに遭う可能性もあります。また、協力して仕事をするメンバーが離脱してしまうなどのトラブルも引き起こすこともあります。

取引先を絞り込み過ぎる

フリーランスのデザイナーとして働いている人の中には、取引先を絞り込み過ぎて失敗する方もいます。契約している取引先のお仕事が少なくなる場合、取引先を絞り込み過ぎていると年収に大きな影響を及ぼす可能性があります。
絞り込むとリスクが高くなるため、取引先を分散させるなどの対策が必要です。

失敗してこそ経験になる

デザイナーに限らず、仕事をする上で失敗はつきものです。恐らく、ビジネスパーソンの中でミスをしないで仕事をしてきた人は少ないでしょう。
あらかじめミスをしないように対処することも必要ですが、失敗してしまった後、どのように向き合うのかがとても重要です。

また、失敗は経験になります。つまり、デザイナーとして経験値を上げることができます。

優秀なデザイナーになるためには失敗することは必要なので、失敗との付き合い方を知っておくと参考になるでしょう。向き合い方は3つ挙げることができます。

過去の生活や自分を振り返る

失敗によって精神的に不安定になることがありますが、具体的に何が自分を精神不安に陥らせているのか明確にできないことがあります。そのような場合は、過去を振り返ってみてはいかがでしょうか。

過去の生活や自分を振り返ることで、自分の気持ちが不安定な理由を突き止められます。過去を振り返ることができるように、日記などを取り入れることをおすすめします。

失敗とは具体的にどのようなことなのかを明確にする

なぜ失敗と感じたのかを明確にすることは重要です。失敗と思っている人の中には、何が失敗だったのかを明確に示せない方も少なくありません。

失敗と感じた理由が呆然となっていることで、さらに不安が増すこともあります。そのため、一度立ち止まって理由を明確にすることをおすすめします。

支えてくれる人がいることを再確認する

会社員の人は同僚や上司が身近にいるため、あまり孤独感を感じることは少ないでしょう。一方で、フリーランスとして活動してるデザイナーの中には、部屋に閉じこもって一人で作業している人もいます。そのため、会社員よりも孤独を感じやすくなります。しかし、フリーランスの人でも友人や以前働いていた職場の先輩がいる方が多いでしょう。

失敗とうまく向き合うためには、友人や上司など他人に相談して共有することで、不安を少なくすることができます。

失敗をどう振り返るか

失敗を振り返る時、どのように振り返るかも重要になります。そのため、ここではどのように振り返ればいいのかご紹介します。

一人で振り返らない

失敗をした時に、一人ではなく、会社の上司や友人と振り返ることです。基本的に失敗した時はどうしても主観的に考えてしまいがちです。先輩デザイナーや友人に相談することで客観的な意見を聞くことができるので、正しく振り返れます。

定義を知る

失敗と感じた理由は何かを定義付けします。この時のポイントは客観的に分析をすることです。自分が失敗したことになるため、客観的に捉えることは難しいですが、他人が失敗したと思い込ませて客観的に分析することで、定義付けがしやすいです。

まとめ

デザイナーとしてお仕事をする人は、失敗に遭遇することは珍しくありません。そういった時の対処法を知ることで、消極的な仕事の取り組み方を積極的に変えられます。また、失敗は経験になるので、優秀なデザイナーになるためには、数多くの失敗を経験し、それをバネに頑張るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。