【スポンサードイベントレポ】ビール片手にプログラマーを一生の仕事にするために出来ることを考えてみませんか?

ソニックガーデン倉貫さん

「好きで活きて得意で稼ぐ」PROsheetブログのたぐちです。

さて、昨日茅場町コワーキングスペースCo-Edoにて開催された「ビール片手にプログラマーを一生の仕事にするために出来ることを考えてみませんか?」のフードスポンサーさせて頂きました。

ビール片手にプログラマーを一生の仕事にするために出来ることを考えてみませんか?

イベント開始前からビール片手に盛り上がっていました!

今回登壇いただいたのはつい先日「納品」をなくせばうまくいく ソフトウェア業界の“常識”を変えるビジネスモデルという本を執筆されたソニックガーデンCEOの倉貫 義人さん。

ビール片手にプログラマーを一生の仕事にするために出来ることを考えてみませんか?

倉貫さん

倉貫さんが掲げている「納品のない受託開発」についても丁寧にお話くださいました。
弊社のCTO大野も自腹で著者を購入し、お会いできるのを楽しみにしていたようです。

ビール片手にプログラマーを一生の仕事にするために出来ることを考えてみませんか?

主催の小山田さんと倉貫さん。

会場から寄せられた質問も多岐にわたります。

Q「仕事が一段落したら、リリースのタイミングで飲み会をやるんですか?」
A「やりません。ずーっと仕事が続くから」

Q「リモートワークとFace to Faceの使い分けについて教えてください」
A「年2回顔を合わせます。お客さんのところにもその時行きます。以前は開発合宿をしていましたが、今は会社のビジョンを語りあいます。パソコンとケータイを使わず。」

といったようなやり取りが。

ビール片手にプログラマーを一生の仕事にするために出来ることを考えてみませんか?
スポンサーLTとしてPROsheetも登壇。私たぐちとCTO大野がお話をさせて頂きました。

ビール片手にプログラマーを一生の仕事にするために出来ることを考えてみませんか?
最後は著書のサイン会になりました。
定員が15名と少人数だった事もあり、参加者の皆さんと倉貫さんが親密に交流していたのが印象深かったです。
主催の小山田さん曰く、あえての少人数定員なんだそうです。

イベントの詳細なレポートは主催の小山田さんのブログをご覧ください!

「好きで活きて得意で稼ぐ」を支える。週2回の開発・デザインディレクションお仕事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です