元アップルジャパンCEO 山元賢治さん登壇!エンジニア近未来ワークスタイル2014 イベントレポ【前編】

ワークスタイル2014

 
「好きで生きて得意で稼ぐ」PROsheetブログ担当のたぐちです。

去る2月14日(金)、エンジニア近未来ワークスタイル2014~登壇者Engineerオンリー!未来を自らの手で。すでに始まっている新たな「ハタラカキタ」の検証〜と題して開催されたPROsheet主催のエンジニア向けスペシャルイベント。

その日は大雪という悪天候の中、大勢のエンジニアの皆さんが参加してくださいました。本当にありがとうとございました!

今回はイベント前半に行われた元アップルジャパンのCEO山元賢治さんの基調講演についてレポート致します。

エンジニアからスタートした人間のキャリアとして参考にしてもらえると嬉しい

山元賢治さん
山元さんは元IBMのエンジニアとしてキャリアをスタートさせました。今回はエンジニア向けのイベントということもあり、「エンジニアからスタートした人間のキャリアとして参考にしてもらえると嬉しい」と仰っていました。
また、「リーダーが人を選ぶときに一番大事にするのが、その人が元気かどうか。自分の話を聞いて元気になってもらいたい。」とも。

講演内容について、すこしだけご紹介しますね。

「Glorious Discontent」栄光ある不満

山元賢治さん

山元さんはIBMの入社式の際の、当時の椎名社長の言葉を今でも大事にしているそうです。

「Glorious Discontent」栄光ある不満。

解釈を変えると、先輩や上司がやっているからといってそれでいいのか。スティーブ流に言うならStay hungryやStay foolish。
人が作った技術に対して、それでいいのか?もっとよくできないか?もっと楽しくできないか?そういう考え方をしていく必要がある、と。

山元賢治さん

また、TOEIC800点以上でも全然話せない人が多いという日本人の英語力のなさ、「representative」当事者意識の希薄さといったグローバルな視点での日本人の弱点についても多く言及していらっしゃいました。

山元賢治さん

元エンジニアという経験ならではの話はもちろん、外資系企業を渡り歩いてきた上での経験、アップル・ジャパンCEO時代のスティーブ・ジョブズとのエピソードなど、オーディエンスを惹きつけて余りある濃い話ばかりでした。

非常に刺激を受けた方も多かったのではないでしょうか。

書籍販売も大盛況!

山元賢治さん

講演終了後行われた山元さんの著書の書籍販売会は、山元さんご自身とお話する数少ないチャンスということで、長い行列が出来るほどの大盛況!
握手はもちろん、写真撮影する方も多かったですね。(弊社スタッフも一緒に撮影させて貰いました♪)

また、イベントの後半に登壇された気鋭のベンチャー企業のCEO・CTOといった方々も山元さんの話に感銘を受けておられたのも非常に印象的でした!

そして懇親会を挟み、[業界リーダーセッション]へと続きます。
その模様は後日【後編】でアップいたします。お楽しみに!

「好きで活きて得意で稼ぐ」を支える。週2回の開発・デザインディレクションお仕事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です