IC3のGS4キーアプリケーションズにオススメの参考書をご紹介!

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

表計算ソフトやワープロソフトなど、使用頻度の高い代表的なアプリケーションの機能や操作方法を学ぶために、IC3のGS4キーアプリケーションズの受験を検討している人も少なくないでしょう。受験をする人の中には、まだIC3のGS4キーアプリケーションズ対策ができる参考書の準備ができていない方もいるのではないでしょうか。そこで、今回はGS4キーアプリケーションズの勉強に活用できる参考書をピックアップしますので、参考書をまだ購入していない人はチェックして下さい。

IC3のGS4キーアプリケーションズの特徴

IC3のGS4キーアプリケーションズを受験する人の中には、しっかりとGS4キーアプリケーションズについて把握していない方もいるのではないでしょうか。おすすめの参考書をご紹介する前に、まずはGS4キーアプリケーションズの特徴を解説していきます。

問題形式の種類が多い

特徴のひとつに問題形式の種類を挙げることができます。IC3のGS4キーアプリケーションズでは、たくさんの問題形式が試験に採用されています。例えば、選択問題や組み合わせ問題、入力問題や操作問題です。問題形式がたくさんあるので、受験生はしっかりと練習問題で問題形式に慣れておく必要があるでしょう。

受験のルールがある

そのほかの特徴としては、再受験にはルールがある点です。2回目の試験を受験する人は、待機期間が1日必要です。また、3回目以降受験する場合、2日経過しないと再受験できません。ちなみに、年間の受験回数は無制限で、合格者の再受験は可能となっています。

免除制度がある

IC3のGS4キーアプリケーションズには免除制度があります。MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)のWord、Excel、PowerPointすべてに合格している人は、IC3のGS4キーアプリケーションズは免除されます。

GS4キーアプリケーションズに合格するために必要な勉強時間の目安

IC3のGS4キーアプリケーションズ合格に必要な勉強時間の目安は約30時間程度となっています。そのため、1日に2時間の勉強を15日間続ければ合格に必要な知識を身に付けることができるでしょう。しかし、勉強時間の目安は合格を保証する勉強時間ではありません。そのため、必ず目安として考えることをおすすめします。

GS4キーアプリケーションズ合格に役立つ参考書&サンプル問題

IC3のGS4キーアプリケーションズ対策ができる参考書は少なく、基本的には公式の参考書で勉強することになるでしょう。

デジタルリテラシーの基礎3 アプリケーションソフトの基礎知識 IC3 GS4 キーアプリケーションズ対応

IC3を主催するオデッセイが発行する公式の参考書です。そのため、GS4キーアプリケーションズを受験するすべての受験生におすすめできる参考書となっています。参考書の中には代表的なアプリケーションの操作方法に関する説明など、GS4キーアプリケーションズ合格に必要な知識がしっかりと網羅されています。そのため、参考書の中に書かれている内容をしっかりと覚えられれば、合格することができるでしょう。

IC3サンプル問題

参考書だけなく、問題集を活用したい人も少なくないでしょう。問題集にはIC3サンプル問題の活用をおすすめします。IC3のGS4キーアプリケーションズの問題は4問となっており問題数は少ないですが、サンプル問題を活用すれば本番にどのぐらいのレベルの問題が出題されるのか知ることができます。そのため、受験生は参考書と一緒に活用するといいでしょう。

GS4キーアプリケーションズはこんな人にオススメ!

ここでは、IC3のGS4キーアプリケーションズを受験したほうがいい人をピックアップします。資格が活かせられそうと思われた方は、参考書を購入して対策をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

知識を客観的に証明したい人

ワープロソフトや表計算ソフトといった代表的なアプリケーションの操作や機能に関する知識を証明した人は参考書を購入して勉強することをおすすめします。合格すれば、自分が持っている知識が客観的に証明されるので、自分の技術力が相手に伝えられやすくなります。

作業効率を向上させたい人

IC3のGS4キーアプリケーションズに挑戦することで、代表的なアプリケーションの機能や操作方法を学べます。機能を知ることで、効率的に業務を行えるようになります。また、操作方法を習得することでわからないことが減るので、作業効率をアップさせることができるでしょう。

就職や転職でアピール材料が欲しい人

就職や転職活動をする際、アピール材料が欲しい人は参考書を購入してGS4キーアプリケーションズ取得を目指してみてはいかがでしょうか。参考書で勉強してGS4キーアプリケーションズに合格できれば、ITの基礎力を証明することができます。ITの基礎力があれば、新人社員教育の負担削減などを期待できるため、企業側にもメリットがあります。また、多くの企業で社員教育にIC3の資格は活用されているので、取得できれば就職や転職活動を有利に進められる可能性があるでしょう。

GS4キーアプリケーションズに合格したら、他の科目も受けてみよう!

参考書を購入してIC3のGS4キーアプリケーションズに合格できたら、次はIC3の別の科目の参考書を購入して勉強をスタートさせてみてはいかがでしょうか。IC3にはGS4キーアプリケーションズのほかにも、コンピューティングファンダメンタルズとリビングオンラインという科目があります。IC3の別の科目に挑戦することで、コンピューターやインターネットに関するさまざまな知識を習得できますので、ITを活用する人材としてのレベルアップを図ることができるでしょう。
IC3のほかの科目に関しても公式の参考書が準備されているので、IC3のホームページから対策ができる参考書を購入できます。参考書が準備されており学習環境が整えやすく、スキルアップなどのメリットもあるので、IC3のGS4キーアプリケーションズに合格できた人は、IC3のそのほかの科目に挑戦することをおすすめします。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

参考書で万全な対策をし、無事にIC3のGS4キーアプリケーションズに合格できたら、PROsheetLancersTopで参考書から学んだ知識の腕試しをしてみてはいかがでしょうか。PROsheetLancersTopで紹介されているフリーランス案件の中には、表計算ソフトやワープロソフトのスキルが必要なものもあり、そのような案件を受注することで参考書から得た知識の腕試しができるでしょう。
腕試しだけでなく、PROsheetLancersTopを利用すればフリーランスの活動を本業としてお仕事していくこともできます。逆に、週2日や3日程度働くこともできるので、副業として利用することも可能となっています。さまざまな人にメリットがあるサービスなので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

IC3のGS4キーアプリケーションズ対策に活用できる参考書は多くありませんので、基本的には公式の参考書で勉強することになるでしょう。IC3のGS4キーアプリケーションズ対策をこれからはじめる人は公式の参考書を購入して、さっそく勉強をスタートさせてみてはいかがでしょうか。