受験者にオススメ!IC3のGS4キーアプリケーションズの勉強方法をご紹介

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

IC3の科目の中で「GS4キーアプリケーションズ」の受験を検討している方もいるでしょう。受験を考えている人の中には、どのようにIC3のGS4キーアプリケーションズの勉強をすればいいのかまだ把握していない方もいるのではないでしょうか。今回は、IC3のGS4キーアプリケーションズに焦点を当てたおすすめの勉強方法をご紹介しますので、受験する予定のある方はチェックして下さい。

IC3のGS4キーアプリケーションズとは?

IC3はコンピューターやインターネットに関する基本的な技術力や知識があることを証明する資格で、コンピューティングファンダメンタルズとキーアプリケションズ、リビングオンラインという3つの科目がIC3に含まれます。その中でもGS4キーアプリケーションズは、ワープロソフトや表計算など、使用頻度が多い代表的なアプリケーションの共通機能や操作スキルを試すための試験です。

試験の概要

IC3のGS4キーアプリケーションズでは、一般的なアプリケーションの機能や操作方法、ワープロソフトや表計算ソフトの操作方法、データベースを利用した操作や共同作業などが出題範囲に含まれます。出題数は40問〜45問程度で、出題形式にはCBT方式が採用されています。

合格率

IC3試験の合格率は公表されておりませんので、GS4キーアプリケーションズの正確な合格率を知ることは難しいでしょう。

難易度

GS4キーアプリケーションズの難易度は難しくないと言えるでしょう。GS4キーアプリケーションズに限らず、IC3の試験はコンピューター、インターネットの基礎的な問題が中心です。そのため、しっかりと対策しておけば合格を目指すことは難しくないでしょう。

GS4キーアプリケーションズ取得にむけた勉強方法の紹介

IC3のGS4キーアプリケーションズを受験する人にご紹介したいおすすめの勉強方法を解説していきます。まだ採用する勉強方法が決まっていない人は、取り入れてみてはいかがでしょうか。

まずは公式テキストを繰り返し読もう

まずは、IC3のGS4キーアプリケーションズの公式テキストで勉強して必要な知識を習得するようにしましょう。基本的にIC3のGS4キーアプリケーションズでは、公式テキストから問題が出題されます。そのため、公式テキストに書かれている内容を隅から隅まで勉強しておけば、万全なGS4キーアプリケーションズ対策ができるでしょう。
公式テキストで勉強する際のポイントは繰り返し読むことです。繰り返し読むことで、公式テキストに書かれている内容が記憶しやすくなるのでおすすめです。特に初学者は何も知識がない状態から勉強することになるため、最低でも2回〜3回程度は公式テキストを読み返し、知識量を高めておくことをおすすめします。

実機を操作して例題を解く

GS4キーアプリケーションズの公式テキストには、講義だけでなく例題が収録されています。そのため、公式テキストに書かれている内容をできるだけ覚えられたら、例題に取り組むようにしましょう。例題に取り組む際には実機を使うことをおすすめします。実機を使って例題に取り組むことで、知識を習得しやすくなりますし、記憶の定着率も高められます。

練習問題を解こう

GS4キーアプリケーションズの公式テキストで勉強したり、例題に取り組んで勉強したりして合格に必要な知識をある程度習得できたら、次は練習問題で勉強して問題に慣れるようにしましょう。練習問題は筆記用具を使うのではなく、実機を使って解くことをおすすめします。もし、間違えた問題がある場合、手順が理解できるまで実機を使って繰り返し復習するようにしましょう。

GS4キーアプリケーションズ合格までの勉強時間の目安

IC3のGS4キーアプリケーションズを受験する人の中には、どのぐらい勉強すればIC3のGS4キーアプリケーションズに合格できるのか知っておきたい方もいるのではないでしょうか。IC3のGS4キーアプリケーションズ合格までにかかる勉強時間の目安は、約30時間程度となっています。そのため、GS4キーアプリケーションズを受験する人は、最低でも30時間以上は勉強時間を確保するようにしましょう。

GS4キーアプリケーションズにおすすめの参考書

IC3のGS4キーアプリケーションズの勉強に参考書を使う方も多いでしょう。勉強におすすめの参考書をピックアップしますので、これから勉強を開始する人は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

デジタルリテラシーの基礎3 アプリケーションソフトの基礎知識 IC3 GS4 キーアプリケーションズ対応

IC3のGS4キーアプリケーションズ対策ができる参考書です。GS4キーアプリケーションズの試験範囲を網羅しており、合格に必要な知識は本書から勉強するといいでしょう。基本的にGS4キーアプリケーションズ対策は本書で行うことになるので、まだ準備できていない人は購入しておくことをおすすめします。

キーアプリケーションズに合格したら、他の科目を受けてみよう!

もし、IC3のGS4キーアプリケーションズに合格することができたら、ほかの科目への挑戦を検討してみてはいかがでしょうか。IC3には、そのほかにもコンピューティングファンダメンタルズ、リビングオンラインという科目があり、挑戦して合格すればコンピューターやインターネットに関してさらに知識を高められます。そのため、普段からコンピューターやインターネットに触れる機会が多い人はIC3に含まれるそのほかの科目に挑戦することをおすすめします。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

勉強してIC3のGS4キーアプリケーションズに合格できたら、表計算やワープロソフトの操作スキルに自信を持てるようになった方も少なくないでしょう。自信がある人は、IC3のそのほかの資格に挑戦しながら、PROsheetLancersTopを利用してお仕事の中で腕試しをしてみてはいかがでしょうか。
PROsheetLancersTopにはコンピューター技術が必要なお仕事や代表的なアプリケーションの操作スキルが求められる案件が紹介されています。そのような案件に挑戦することで、IC3のGS4キーアプリケーションズの勉強で得た知識の腕試しができるのではないでしょうか。

まとめ

基本的にGS4キーアプリケーションズの勉強には、公式テキストを使うことをおすすめします。また、勉強には実機も積極的に活用するといいでしょう。