対策必須!IC3のGS4キーアプリケーションズの難易度は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

IC3のGS4キーアプリケーションズの難易度について知りたいと思われる受験生も多くいるでしょう。難易度を把握できれば、試験の難しさやどのぐらい対策に時間を割り当てればいいのか大まかに知ることができます。そこで、今回はIC3のGS4キーアプリケーションズの難易度について詳しく解説していきますので、難易度が気になる方はチェックして下さい。

IC3のGS4キーアプリケーションズとは?

IC3のGS4キーアプリケーションズとは、ワープロソフトやプレゼンテーションソフト、表計算ソフトなどの代表的なアプリケーションの操作スキルや知識を試すための試験で、株式会社オデッセイコミュニケションズが主催しています。GS4キーアプリケーションズは受験資格がなく、学生から社会人まで多くの人が受験できる試験です。

GS4キーアプリケーションズ試験の概要

GS4キーアプリケーションズの難易度のご説明の前に、IC3のGS4キーアプリケーションズはどのような試験なのか詳しく解説していきます。

試験内容

GS4キーアプリケーションズでは、一般的なアプリケーションの操作・機能やワープロソフト・表計算ソフト・プレゼンテーションソフトの操作方法などが出題範囲に含まれます。出題形式はCBT方式で、問題の形式は選択問題や組み合わせ問題、入力問題などさまざまです。

受験者数

IC3の累計配信数は450万となっていますが、GS4キーアプリケーションズだけの受験者数は公表されていません。

受験料

GS4キーアプリケーションズの受験料は5,400円(税込)です。学生の場合は4,320円(税込)となっています。

試験時間

GS4キーアプリケーションズの試験時間は50分です。

出題数

出題数は40問〜45問前後となっています。

合格基準

合格基準は1000点満点中600〜800点以上の得点率を獲得することです。実施年度や試験問題の更新によって合格基準の得点率は変動することもあります。

GS4キーアプリケーションズ試験の難易度は?

IC3のGS4キーアプリケーションズは難易度がやさしく、多くの人が合格を目指せる難易度の試験です。具体的に難易度がやさしい理由を詳しく解説していきます。

IC3は基礎知識を証明するための資格

GS4キーアプリケーションズに限らず、IC3はコンピューターやインターネットの“基礎知識”や“基本スキル”を証明するための国家資格です。GS4キーアプリケーションズの試験においても基礎問題が中心で難易度の高い応用問題は出題されません。基礎知識は比較的習得しやすいので、GS4キーアプリケーションズの取得難易度は低いと言えるでしょう。

受験資格がない

受験資格が設けられていない点も難易度がやさしい理由のひとつです。実務経験などが必要なく、GS4キーアプリケーションズは初学者でも合格を目指すことができます。受験資格がないため、幅広い人達に合格のチャンスが与えられており、受験資格がある試験に比べてGS4キーアプリケーションズの難易度は低いと言えるでしょう。

偏差値が低く難易度がやさしい

偏差値は難易度を知る上で参考になる数値です。IC3試験全体の偏差値は40となっています。50を下回る偏差値の試験は難易度が低いので、GS4キーアプリケーションズの難易度はやさしいと言えるでしょう。

GS4キーアプリケーションズはこんな人にオススメ!

IC3のGS4キーアプリケーションズは難易度が低く、さまざまな人達に受験をおすすめできる試験です。ここでは、受験をおすすめしたい人をご紹介していきますので、受験を迷っている人は参考にして下さい。

就職・転職活動に資格を役立てたい人

就職や転職活動を有利に進められる資格を得たい人は、取得難易度がやさしいので受験を検討してみてはいかがでしょうか。もし、GS4キーアプリケーションズに合格すればITの基礎知識を証明できますので、その知識を評価してくれる企業もあるでしょう。

業務を効率化させたい人

業務を効率化させたい人は取得をおすすめします。難易度はやさしいですがGS4キーアプリケーションズに挑戦すれば、今まで知らなかったアプリケーションの機能を使えるようになったり、操作方法を知ることで操作中にわからないことが少なくなったりします。そのため、合格できれば業務を効率化させられるでしょう。

世界で通用する資格を取得したい人

GS4キーアプリケーションズに限らずIC3の試験は25以上の言語で実施されており、グローバルな国家資格です。そのため、IC3のGS4キーアプリケーションズに合格すれば世界で通用する資格を取得することができるでしょう。

キーアプリケーションズに合格したら、他の科目も受けてみよう!

IC3のGS4キーアプリケーションズに合格したら、IC3のほかの科目にも挑戦してみてはいかがでしょうか。GS4キーアプリケーションズのほかにも、IC3にはアプリケーションファンダメンタルズやリビングオンラインという試験があります。IC3の別の科目に挑戦すれば、GS4キーアプリケーションズ受験では学べないITの新しい分野の知識を習得できます。また、IC3の資格を増やすことで、証明できるスキルや知識を広げることができるので、就職や転職などに役立てられやすくなります。そのため、コンピューターやインターネットを使ってお仕事をする人はIC3の別の科目にも挑戦することをおすすめします。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

難易度は高くありませんので、しっかりと対策をすればIC3のGS4キーアプリケーションズに合格できる人は多いでしょう。もし、IC3のGS4キーアプリケーションズに合格することができたら、お仕事に取り組みながら自分の実力がどのぐらい通用するのか腕試しをしてみてはいかがでしょうか。
腕試しをする際にはPROsheetLancersTopの利用をおすすめします。PROsheetLancersTopにはIC3試験合格に必要な知識を役立てられるお仕事が数多く紹介されており、IC3のGS4キーアプリケーションズ合格者だけでなく、そのほかのIC3の科目に合格した人も利用しやすいでしょう。腕試しをしたい人は、さっそくPROsheetLancersTopにアクセスして案件に応募してみてはいかがでしょうか。

まとめ

IC3のGS4キーアプリケーションズは難易度が低く、学生から社会人まで多くの人が合格目指せる試験です。しかし、難易度はやさしいですが、勉強を疎かにして合格できる難易度の試験でありません。そのため、しっかりと対策して試験に挑むことをおすすめします。