気になる!転職時におけるIC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズの評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズを取得後、転職活動を開始しようと思われている方も少なくないでしょう。転職する予定がある人の中には、IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズの転職時の評価を把握しておきたいと思われる方もいるのではないでしょうか。今回は、IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズは企業からどのぐらい評価を得られるのか解説しますので、興味のある転職希望者はチェックして下さい。

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズとは?

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズとは、株式会社オデッセイコミュニケションズが主催し、ハードウェアやソフトウェアの概念、トラブルシューティング、オペレーティングシステム(OS)の基礎の知識を試すための試験です。出題数は40問〜45問で、出題形式はCBT方式となっています。
IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズには受験資格がなく、誰でも受験可能です。また、随時試験が実施されているので、受験したいタイミングで申し込みをして試験に挑戦することができます。

GS4コンピューティングファンダメンタルズ試験の難易度

転職時の評価をご説明する前に、GS4コンピューティングファンダメンタルズの難易度をご説明していきます。

偏差値が低いので難易度はやさしい!

IC3試験の偏差値は40と推定されており、GS4コンピューティングファンダメンタルズの合格難易度は高くないでしょう。そのため、今までソフトウェアやハードウェアの勉強をしたことがない初心者でも合格を狙える試験です。

基礎問題が中心

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズは基礎問題が中心となって出題されます。例えば、OSの役割や動作、コントロールパネルについて、ソフトウェアの管理方法などです。これらの知識は普段のパソコン操作で身に付けられるものが多く、基礎知識になります。そのため、IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズの難易度はやさしいと言えるでしょう。

受験資格がなく再受験が何回も可能

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズには受験資格がなく、1年間に何回も受験できます。年齢や学歴などによって受験可否の制限は設けられておらず、何回でも挑戦できる試験なので、取得難易度は高くないと言えるでしょう。

GS4コンピューティングファンダメンタルズを取得するメリット

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズを取得すれば、いくつかのメリットを得ることができます。実際に転職する予定のある人の中には、どのようなメリットがあるのか知っておきたい方もいるのではないでしょうか。転職時の評価の前に、先にメリットをピックアップしていきます。

コンピューターに関する知識などを証明できる

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズに合格することができれば、ソフトウェアやハードウェア、オペレーティングシステムの知識を客観的に証明できます。自分のスキルがどのぐらいあるのか相手に正しく知ってもらえるのでメリットと感じられる人もいるのではないでしょうか。

パソコンのトラブルに強くなれる

パソコンのトラブルに強くなれるという点もメリットです。IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズを受験すれば、トラブルシューティングについて学ぶことができます。例えば、一般的なトラブルの解決方法やバックアップ・復元方法などです。IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズに挑戦すればトラブルが発生した時、対処できる力を身に付けられるので、パソコンのトラブルに強くなることができるでしょう。

世界で通用する国際資格を取得できる

世界で通用する資格を取得できるという点もメリットです。GS4コンピューティングファンダメンタルズに限らず、IC3試験は世界で実施されています。グローバルな資格なので、IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズに合格すれば世界で活用できる資格を取得することができるでしょう。

気になる転職時における評価は?

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズを取得すれば、転職時に資格をアピール材料として使うことができるでしょう。

転職時ITの基礎力を評価してもらえる

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズを取得すれば、転職時にITの基礎力を企業から評価してもらえます。現代社会においてIT技術を頼らない会社は少ないでしょう。そのため、企業においてもIT技術をある程度使える転職希望者を雇いたいと考えるところは多いです。そのため、ITの基礎力が備わっている転職希望者を雇用したい企業から転職時に一定の評価を得ることができるでしょう。

転職時資格を持っているという点を評価

転職時、資格を持っているという点を評価してもらうことができるでしょう。IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズは難易度が非常に高い試験ではありませんが、誰でも合格できる資格ではありません。資格取得にはある程度の努力が必要です。そのため、企業の中には努力ができる人材という点を転職時に評価するところもあるでしょう。

ほかの科目も一緒に受験して転職時の評価をアップ

IC3にはGS4コンピューティングファンダメンタルズだけでなく、キーアプリケションズやリビングオンラインという科目があります。ほかの科目に挑戦すれば、ソフトウェアやハードウェアに関する知識だけでなく、代表的なアプリケーションの操作方法やコンピューターを活用する際に必要なスキルを習得できます。つまり、挑戦していけばITの知識を広げていけるので、さらに転職を有利に進めていくことができるでしょう。そのため、さらに転職時の評価をアップさせたい人は別の科目にも挑戦していくことをおすすめします。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズに合格したら、転職ではなくフリーランスへの転身を検討している方もいるのではないでしょうか。転職ではなくフリーランスとして活動したい人はPROsheetLancersTopにアクセスして登録し、案件に応募することをおすすめします。
PROsheetLancersTopにはたくさんの案件が紹介されており、IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズ合格者が対応できるものもあります。もし、案件を受注してお仕事に取り組めば、報酬を得ることができるので、フリーランスとして生計を立てていくことができるしょう。

まとめ

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズという資格は転職時に武器として使うことはできますが、IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズを取得しただけでは転職時に高い評価を得ることは難しいでしょう。さらに転職時の評価を高めたい人は、IC3の別の資格にも挑戦していくことをおすすめします。