対策必須!IC3のGS4リビングオンラインの難易度は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

IC3にはリビングオンライン、キーアプリケーションズ、コンピューティングファンダメンタルズの3つの難易度の試験が存在しています。3つの科目はそれぞれ難易度が異なる試験となっていますが、その中でもIC3のGS4リビングオンラインの受験を検討している人で難易度について気になっている方も多いのではないでしょうか。今回は、IC3のGS4リビングオンラインを受験する方のために、試験の概要から難易度まで紹介していきます。

IC3のGS4リビングオンラインとは?

そもそもIC3のGS4リビングオンラインとは、インターネットやネットワーク環境でコンピュータを活用する時に必要になる基礎知識や基本的な操作、ルールなどについて問われる難易度の資格試験となっています。IC3のGS4リビングオンラインの難易度に合格できれば、インターネットの基本的なことを理解できるようになるので、これからIT業界で活躍したい方にはオススメの難易度の試験となっています。初心者向けの難易度と言われているので、実務未経験の方はIC3のGS4リビングオンラインから始めてみてはいかがでしょうか。

GS4リビングオンライン試験の概要

試験内容

IC3のGS4リビングオンラインは、CBT方式の試験です。試験形式は選択問題、組み合わせ問題、入力問題、操作問題の4つが出題されます。
IC3のGS4リビングオンラインで出題される範囲としては、ブラウザー、ネットワークの概念、デジタルコミュニケーション、デジタル社会のモラルとルール、安全なコンピュータの利用、検索、調査能力について出題されます。出題範囲が広く、難易度が高く感じますが基礎内容が中心となるので初心者でも勉強をすれば理解できる難易度となっています。

受験者数

IC3のGS4リビングオンラインの受検者数は世界で累計450万人ほどいると言われています。累計なのでIC3のGS4リビングオンラインのみの受検者数ではありませんが、難易度も低く世界的に人気の高い資格試験となっています。

受験料

IC3のGS4リビングオンラインの受験料は一般価格が5,400円、学生価格が4,320円です。3つの科目全てを受験される方は、一般価格が14,580円、学生価格が12,960円です。将来的に3つ全て受験される方は、一括の受験を検討した方が安く済むのでオススメです。

試験時間

IC3のGS4リビングオンラインの試験時間は50分です。

出題数

問題数は40問から45問程度と比較的多くなっていますが、テキストの内容が頭に入っていれば、それほど難易度が高いと感じることはありません。

合格基準

IC3のGS4リビングオンラインの合格基準は1000点満点中620点以上で合格です。合格基準の難易度は高くないので、しっかりと対策していれば合格基準はクリアすることができるでしょう。

GS4リビングオンライン試験の難易度は?

IC3のGS4リビングオンラインの難易度について気になっている方は多いのではないでしょうか。具体的に難易度について紹介しますが、IC3のGS4リビングオンラインは出題範囲が比較的広く、出題形式が選択問題や組み合わせ問題、入力問題、操作問題など色々出題されるので、そこは難易度が高く感じると言われています。
しかし、全て基本的な問題となり、応用的なことを問われることはあまりないので、テキストやサンプル問題集を利用して対策できれば難易度が高く感じることはありません。実際に今まで勉強をしたことがない初心者でも合格者は多数いるので、自信がない方でも挑戦しやすい難易度の試験となっています。

GS4リビングオンラインはこんな人にオススメ!

IC3のGS4リビングオンラインは世界中で実施されている資格試験ですが、そもそもIC3のGS4リビングオンラインがオススメなのはどのような人たちなのでしょうか。誰にオススメの試験なのかをここでは紹介します。

世界で活用できる国際資格を取得したい方

日本国内で重視される資格試験はたくさん存在していますが、日本以外で活躍をしたい方は、世界で通じる国際資格を取得したいと思っている方が多いでしょう。IC3のGS4リビングオンラインは、難易度的にはそれほど高くありませんが、世界中で認められている試験です。これから世界へ出たいと思っている方は、取得について検討してみてはいかがでしょうか。

ネットワーク社会で必須のIT基礎力を身につけたい方

現在、日本ではデスクワークが増えており、パソコンを使わない企業などどこにもありません。そのため、パソコンを扱えない方はスムーズに業務をこなせません。しかし、IC3のGS4リビングオンラインの難易度を理解できていれば、実務で役立つITリテラシーのスタンダードの知識が身につくので、IT業界で活躍できる人材になれる可能性があります。特にIT業界で活躍したい人はIC3のGS4リビングオンラインの難易度を取得して損はしないので、受験を検討してみてはいかがでしょうか。

リビングオンラインに合格したら、他の科目も受けてみよう!

IC3のGS4リビングオンラインは取得することでITの基礎知識が身につくなど様々なメリットがありますが、IC3にはGS4リビングオンライン以外にもキーアプリケーションズ、コンピューティングファンダメンタルズの試験にもチャレンジできます。難易度としてはどちらも基本的な内容が多くなっているので、IC3のGS4リビングオンラインに合格している方なら、比較的簡単に合格できる可能性があります。3つの科目全てに合格していれば、1科目に合格しているよりも就活などで役立つ可能性が高くなるので、できれば他の科目にもチャレンジすることをオススメします。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

IC3のGS4リビングオンラインは基礎的な内容が多い試験となっており、それほど難易度は高くありません。合格者も多い試験ですが、合格者の中には自分の腕を試したい方もいるのではないでしょうか。現在ではフリーランスのためのサービスも多く登場しており、特にPROsheetLancersTopは人気を集めています。これらのサービスの中には、IC3のGS4リビングオンラインに合格しただけでは理解することが難しい難易度の高い案件から、基礎知識が分かれば対応できる案件まで幅広くあります。自分の力を試すためにはオススメのサービスとなっているので、どこまでできる挑戦したい方はPROsheetLancersTopの登録を考えてみてください。

まとめ

IC3のGS4リビングオンラインは、実務未経験の方でも合格しやすい難易度は低めに設定されている試験と言うことが分かりました。難易度は低いので、インターネットの基礎知識を習得したい方は、受験を考えてみてください。