IT資格の最高峰!ネットワークスペシャリストとは?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

IT資格には、難易度が低いものから高いものまで様々な種類がありますが、その中でもIT資格の最高峰のレベルと言われているのがネットワークスペシャリストです。既にIT業界で活躍をしている方や、知識がある程度ある方はネットワークスペシャリストの取得について検討されている方も多いでしょう。今回は、受験を考えている方のために、ネットワークスペシャリストとはどんな試験なのか説明したいと思います。

ネットワークスペシャリストとは

ネットワークスペシャリストはレベルの高い試験と言われていますが、そもそもどのような試験なのでしょうか。ネットワークスペシャリストの特徴について説明したいと思います。

情報処理技術者試験の中でも最高レベルの4

情報処理技術者試験にはスキルレベルが存在しており、ネットワークスペシャリストはその中でも最も高いレベル4に位置付けられています。レベルが高い試験なので、高度情報処理技術者試験とも呼ばれています。

高度なネットワーク技術やサービスを求められる

ネットワークスペシャリストに合格するためには、ネットワーク技術・サービスの動向を広く見通すことができ、目的に応じて適切なサービスを選択できるようになること、顧客の要求を的確に理解し、ネットワークシステムの要求仕様を作成できるなど高度な技術が求められます。レベルの高い内容となっているため、相当な勉強が必要になります。

社内や転職の際に高評価を受けられる

IT資格を取得する方は、転職を成功させるために行う方も多いのではないでしょうか。資格の取得と言ってもあまり高く評価されないものも存在していますが、ネットワークスペシャリストに関しては、取得している方なら高い評価を受けることができます。実際にネットワークスペシャリストを取得している方は希望している企業に転職できたり、社内で高い評価を受け出世ができたりしている方も存在しています。高い評価を受けられる魅力的な資格となっているため、将来的に転職を希望されている方や、社内で高い評価を受けたい人はネットワークスペシャリストの取得について考えてみてはいかがでしょうか。

ネットワークスペシャリスト試験の概要

ネットワークスペシャリスト試験とは、具体的にどのような内容になっているのか概要を知りたい方も多いでしょう。ここでは具体的にネットワークスペシャリストの内容について紹介したいと思います。

試験は午前Ⅰ・Ⅱ、午後Ⅰ・Ⅱの4つからなる

ネットワークスペシャリストは、簡単に説明すると合計で4回の試験を受け、全て合格基準を満たさなければ資格を取得することができません。具体的には午前Ⅰ・Ⅱ、午後Ⅰ・Ⅱの試験を受けます。午前から難易度は高いと言われていますが、午後は更に難しい内容となっています。実際に午後の内容で不合格になる方も多いため、しっかりと対策する必要があります。

出題形式と出題数

ネットワークスペシャリストの出題形式は、午前と午後で異なります。午前は多肢選択式となっており、午後は記述式です。特に午後Ⅱに関しては論述式となっているため、他の内容よりも時間をかけて対策する必要があります。
出題数は、午前Ⅰが30問、午前Ⅱが25問、午後Ⅰが3問出題2問解答、午後Ⅱが2問出題1問解答となっています。

合格基準

ネットワークスペシャリストの合格基準ですが、午前Ⅰ・Ⅱ、午後Ⅰ・Ⅱそれぞれの試験で100点満点中60点以上を取得することで合格できます。60点と聞くとそれほど高く感じませんが、全て専門的な内容となっていますし、実際に60点以上取得出来る方は少ないので、60点の壁を超えるのには相当な勉強が必要になります。

ネットワークスペシャリストの合格率

ネットワークスペシャリストは難易度が高い試験だということはほとんどの方がご存知でしょう。では、具体的にどのくらいの人たちが合格しているのでしょうか。ネットワークスペシャリストはその年によって合格率が変わりますが、平均して14%前後と言われています。約1割の受験生しか合格できない試験なので、合格率から見てもレベルの高さがうかがえます。

ネットワークスペシャリストはこんな人にオススメ!

ネットワークスペシャリストは難易度が高く、簡単に合格できない試験となっていますが、そもそもどんな人にオススメの試験なのでしょうか。ここではネットワークスペシャリストの取得がオススメな人について紹介したいと思います。

ネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指すにあたってスキルを証明したい方

これからネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指しているという方は多いのではないでしょうか。ネットワークスペシャリストに合格している方なら、高いスキルがあることを証明できるので、希望する職種に就ける可能性は高くなります。ライバルに勝つためにもできる限り高いスキルを証明できる資格を取得したい人はネットワークスペシャリストの受験を検討してみてはいかがでしょうか。

年収を上げたい方

ネットワークスペシャリストを取得することで必ずしも収入を上げられるとは限りませんが、ネットワークスペシャリストに合格している方なら、高いスキルがあることを証明できますし、資格手当などによって収入を上げることが可能になります。出世などをしている方も多いので、年収を上げたいと思っている方は、ネットワークスペシャリストにチャレンジすることをオススメします。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

ネットワークスペシャリストに合格することができたら、就職や転職を希望されている方も多いでしょう。しかし、それほど高いスキルがある方は、フリーランスとしても活躍できる能力を持っています。実際にフリーランスとして挑戦したいと思っている方も多いでしょう。力試しをしたい人にオススメなのが、PROsheetLancersTopというサービスです。これらのサービスを利用することで、比較的簡単に仕事を獲得できますし、サラリーマンよりも年収を上げることも可能です。自分がどこまでできるかチャレンジしたい方は、PROsheetLancersTopを利用して腕試しをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はネットワークスペシャリストについて詳しく説明しましたが、難易度は高く簡単に合格できる試験ではありません。しかし、合格できればあらゆるシーンで活用できる魅力的な資格となるので、エンジニアとして高いスキルがあることを証明したい人はネットワークスペシャリストの受験を検討してみてはいかがでしょうか。