知りたい!転職時におけるAccessビジネスデータベース技能認定試験1級の評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

近年、ほとんどの企業がパソコンを活用しており、Microsoftのoffice製品を使用するシーンがよく見られます。企業に転職する際には、最低限MicrosoftOfficeの基本的な知識は覚えておくべきと言われています。Microsoft Officeの製品と言っても様々な種類がありますが、今回はその中でもAccessを扱える人材になりたいと思っている方のために、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級について説明します。具体的な試験内容を知りたい方や、転職に役立つか知りたい方は参考にしてください。

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級とは?

そもそもAccessビジネスデータベース技能認定試験1級とは、MicrosoftOffice製品のAccessを用いて、データベースの構築とデータベースに関するビジネス実務能力を認定するために行われている資格試験です。Accessビジネスデータベース技能認定試験の中でも1級は最も難易度が高く、合格できれば転職などに役立ちますが、合格基準をクリアするためには高度なデータベース処理技術が求められます。
Accessビジネスデータベース技能認定試験1級は難易度の高い試験となっていますが、受験資格などはありません。誰でも受験できるのでAccessに関して興味がある方は受験を検討してみてはいかがでしょうか。
Accessビジネスデータベース技能認定試験1級は、知識と技術の2つの試験に分かれています。知識は15分間で合計15問の問題を解きます。実技試験の試験時間は120分となっており、データベースファイルの構築が出題され、題数は1題となっています。
Accessビジネスデータベース技能認定試験1級はMac OSには対応していないので、できればWindows10、8.1、8、7を用意しておくといいでしょう。
Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の受験には7,900円の受験料が必要なので、申し込み時に忘れないようにしましょう。

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度

転職時に役立つと言われているAccessビジネスデータベース技能認定試験1級ですが、そもそも難易度はどのくらい高いのでしょうか。Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度は人それぞれの能力によって変わりますが、大体23時間の勉強で合格できるレベルとなっているので、難易度は高めですが重要なポイントだけをしっかりと勉強できていれば初心者でも合格できる可能性はあります。しかし、3級と2級を受験していない方は、基礎から勉強しなければならないので、約100時間程度の勉強は必要になります。
Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度をクリアするためには、公式の参考書や問題集、サンプル問題などを活用して対策をしましょう。これらのテキストをしっかりと対策できていれば、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級に一発で合格することができるでしょう。

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級を取得するメリット

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級を取得して転職を考えている方も多いと思いますが、具体的にAccessビジネスデータベース技能認定試験1級に合格することでどのようなメリットが得られるのでしょうか。ここでは具体的に取得後のメリットについて紹介したいと思います。

Accessを使いこなせるようになる

転職を成功させるためには、基本操作ができたり、関数が使えたり、マクロが組めたりするだけの基本的なスキルでは難しいと言われています。中には基本的なスキルで転職を成功できる人もいますが、できれば転職を成功させるためには請求書やアンケート集計、グラフなどといった成果物を作成できるまでの知識は身につけた方がいいと言われています。Accessビジネスデータベース技能認定試験1級では、合格できれば一連の成果物を作成できるようになるので、転職も成功しやすいと言われています。実務で役立つ資格を取得したい方は、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

転職時の面接で輝くことができる

転職を成功させるためには、学歴なども重要になりますが、どれだけ自分をアピールできるかがポイントとなります。自分をアピールするためにはそれなりに材料が必要ですが、その中でも転職時に簡単にアピールできるのが資格です。Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の資格があればAccessに関する専門的な知識があることをアピールできます。面接官にしっかりと自分を持ってアピールすることができるのでメリットとなるでしょう。転職の面接時で輝きたいと思っている方はAccessビジネスデータベース技能認定試験1級の取得を検討してみてください。

気になる転職時における評価は?

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級は取得することで様々なメリットを得ることができますが、転職時における評価はどのくらい高いのでしょうか。転職したい企業によっても異なりますが、Accessのスキルがある人材を探している企業への転職は高い確率で成功するでしょう。その他にもOffice製品を扱っているところなら役立つことができるので、転職時に高いアピールをすることができます。特にAccessビジネスデータベース技能認定試験1級を持っている方なら実務に活用できるスキルもあることが証明されるので、転職では有利となる可能性が高いでしょう。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級に合格したら転職を考える方が多いでしょう。確かに転職をして企業に勤めた方が不安要素はあまりないのでオススメです。しかし、力試しをしたいと思っている方は、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級取得後は転職ではなく、フリーランスとして働いたほうが後悔をすることもないでしょう。フリーランスは転職に比べて不安要素は多くありますが、最近ではPROsheetやLancersTopと言ったフリーランス向けに仕事を紹介してくれるサービスも増えています。フリーランスで仕事を獲得するのが苦手だという方でも比較的案件を見つけやすくなっているのでオススメです。特に転職ではなく、独立して力試しをしたいと思っている方は、PROsheetやLancersTopを活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はAccessビジネスデータベース技能認定試験1級が転職に有利かどうかについて説明しましたが、難易度の高い試験なので、合格できれば転職での評価は高くなるでしょう。また、転職以外にもAccessビジネスデータベース技能認定試験1級を取得している方ならフリーランスとして活躍することも可能なので、自分の力を試したい方は独立する方法も検討してみてはいかがでしょうか。