事前に対策しよう!Accessビジネスデータベース技能認定試験1級対策のススメ

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の対策をこれからはじめる人は、あらかじめ対策方法を知っておくといいでしょう。適切に対策をすることで勉強効率がアップするので、勉強の負担を少なくできます。今回は、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級におすすめの対策方法をご紹介しますので、対策方法を知りたい人は参考にして下さい。

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級とは?

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級とは、Microsoft Accessを使って高度なデータベース処理技術を試すための試験で、株式会社サーティファイが毎年実施しています。Accessビジネスデータベース技能認定試験1級では知識試験と実技試験が行われます。合格するためには、両方の試験をパスしなければなりません。ちなみに、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級は受験資格が設けられていませんので、誰でも受験可能です。

受験料

受験料は7,900円(税込)です。

試験時間

知識試験の試験時間は15分、実技試験は120分となっています。

合格率

2017年に実施されたAccessビジネスデータベース技能認定試験全体の合格率は86.2%です。Accessビジネスデータベース技能認定試験1級だけの合格率はサーティファイによって公表されておらず、把握することは難しいでしょう。

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級におすすめの対策方法

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級におすすめの対策方法をさっそくご紹介していきます。

テキストで対策をしよう

まずは、テキストで対策をして知識を高めていくようにしましょう。Accessビジネスデータベース技能認定試験1級は2級や3級合格に必要な知識でカバーできます。つまり、2級や3級を復習すれば、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級対策ができるでしょう。
テキストを読んでAccessビジネスデータベース技能認定試験1級対策をする時は、Accessを操作しながら勉強することをおすすめします。実際にテキストにはAccessの起動方法や操作方法などが解説されているところも多く、そのような箇所は実際にAccessを操作することで覚えやすくなるでしょう。

問題集で対策をしよう

テキストで2級と3級の復習ができたら、問題集でAccessビジネスデータベース技能認定試験1級対策をすることをおすすめします。まずはテーマ別の知識問題集を解きましょう。テーマ別の知識問題集を解くことで、苦手分野を透明化できるので、苦手分野の克服に役立ちます。また、テーマ別の知識問題を解けば、しっかりと内容が理解できているかも確認することもできるでしょう。
テーマ別の知識問題を解き終えたら、模擬問題に挑戦しましょう。模擬問題を解くことで、どのような分野が出題されやすいのかを把握できたり、問題の難易度を知ることができたりします。また、対策の総仕上げをする際にも模擬問題は活用できるでしょう。

教育機関で対策することもできる

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級は教育機関で対策することもできます。そのため、独学でAccessビジネスデータベース技能認定試験1級に合格することが難しそうな人は利用を検討するといいでしょう。教育機関は受験生のお住まいの近くに必ずあると限りません。そのため、サーティファイ公式ホームページの試験対策講座実施校のページで通えそうな教育機関があるか確認することをおすすめします。

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級合格までの勉強時間の目安

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の受験を検討している人の中には、対策にどれほどの時間がかかるのか気になっている方もいるのではないでしょうか。2級取得者を想定した場合、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級対策に必要な勉強時間の目安は約23時間です。もし、2級を取得していない人なら、23時間以上の勉強時間を確保する必要があるでしょう。

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の対策におすすめの参考書&問題集

対策方法でもご説明したように、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級対策に参考書や問題集は必要不可欠です。ここでは、おすすめの参考書や問題集をピックアップしますので、準備してAccessビジネスデータベース技能認定試験1級対策に役立てて下さい。

Access2016クイックマスター

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級だけでなく、すべての階級の対策に活用できる参考書です。Accessやデータベースの基礎はもちろんのこと、応用までしっかりと講義してくれます。また、最終章には問題演習も収録されているので、講義で学んだことを最後の問題演習でしっかりと覚えられているか確認することもできるでしょう。

Access®ビジネスデータベース技能認定試験問題集【2016対応】

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級対策の問題集としては本書がおすすめです。問題の収録数が多く、たくさんの問題に触れることができます。もし、問題を解いて解説を読んでもわからない場合、上記で説明したAccess2016クイックマスターで知識を補うようにしましょう。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級はAccessビジネスデータベース技能認定試験の中で最高峰の試験です。そのため、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級に合格できた人の中には、自分のデータベース技術力に自信を持てるようになったという方も少なくないでしょう。
自信があるなら、データベース処理技術がどのぐらい通用するのかPROsheetやLancersTopを利用してお仕事の中で腕試しをしてみてはいかがでしょうか。PROsheetやLancersTopにはシステム開発案件やサーバーサイドの開発案件など、データベース処理技術を試せるお仕事が数多く紹介されています。データベースに携わるお仕事に取り組むことができれば、案件に挑戦しながら自分の実力の腕試しができるのではないでしょうか。

まとめ

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度はほかの階級に比べて高くなります。しかし、対策をすれば実務経験がない人でも合格を目指すことができるでしょう。対策をする際には参考書と問題集を使うことになります。もし、まだ購入していないなら、対策をスタートさせる前に準備することをおすすめします。