Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

MicrosoftのAccessの知識を身につけるためにAccessビジネスデータベース技能認定試験の受験を検討されている方も多いのではないでしょうか。難易度は3級~1級までありますが、その中でも最高レベルと言われているAccessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度にチャレンジしようと思っている方も多いでしょう。今回は受験を検討している方のために、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の試験内容や難易度について詳しく説明します。

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級とは?

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級とは、MicrosoftのAccessを用いて高度なデータベース処理ができるか評価するために行われている資格試験です。Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度に合格できれば、パソコン、データベース、ビジネス帳票に関する高度な実践的技術を駆使して業務の処理を効率よく行うことができるようになります。アクセスを用いたデータベースに関する知識を身につけたい方はAccessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度に挑戦してみてください。

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の概要

試験内容

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級は知識試験と実技試験に分かれており、知識試験ではデータベース、MicrosoftAccessに関する知識が出題されます。出題形式は選択問題となっています。実技試験では主にaccdbファイルの作成、更新について出題されます。すべて実務で活用できるような内容となっているので難易度は高めです。

受験者数

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度の受検者数は累計で85,330名となっています。国家資格ではありませんが、実務に活用できることからたくさんの方が受験しています。

受験料

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度は7,900円の受験料が必要です。

試験時間

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度では知識と実技に分かれており、知識試験は15分、実技試験は120分となっています。

出題数

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度の出題数は、知識が設問15問、実技がデータベースファイルの構築1題となっています。

合格基準

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度に合格するためには、知識と実技試験の合計得点において70%以上の得点率が必要になります。

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度は?

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級は最もレベルが高い資格試験となっていますが、具体的にどのくらいの難易度となっているのでしょうか。合格率は3級と2級ではそれほど低くありませんでしたが、1級になると合格者の方が少ないくらい難易度が高いと言われています。専門的な知識が必要になるので、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度に合格するためには、テキストなどを活用して細かい部分まで対策しなければなりません。

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級はこんな人にオススメ!

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級は難易度が高い試験となっているので、合格までにはそれなりに勉強をして対策する必要があります。取得までには相当な努力が必要ですが、そもそもどういった方にオススメの資格試験となっているのでしょうか。ここではどんな方が取得した方がいい試験なのかについて紹介したいと思います。

Officeを使いこなせることを証明したい方

Excelが使える人と言うと、基本操作や関数が使える方、マクロが組める方などが思い浮かぶかと思いますが、ビジネスシーンにおいてはこれらの基本的な操作を要求されることはまずありません。ビジネスシーンでは、請求書やアンケート集計、グラフなどと言った成果物の作成を求められます。基本的な操作だけでは使いこなすことはできませんが、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度では、ビジネスシーンで使うことが多い一連の成果物を作る実務と密接した試験構成となっています。そのため、無事にAccessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度に合格できればOfficeを使いこなして品質のいい成果物を作成できるようになります。Officeを使いこなせる人間になりたい方は、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度にチャレンジしてみてください。

転職や就職を考えている方

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度に合格できれば、Officeを使いこなせる人材と言うことが証明できるので、多くの企業から高い評価を受けることができるでしょう。スキルが証明できれば転職や就職に有利となるので、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度に合格したら就職や転職をしたいと思っている方は、受験を検討してみてはいかがでしょうか。

資格手当をもらって給料をアップさせたい方

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度に合格できれば、資格手当が出る企業も多いと言われています。資格手当があれば収入を簡単にアップさせることができるので、給料を少しでもアップさせたいと思っている方は、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

Accessビジネスデータベース技能認定試験1級は難易度が高い試験なので、簡単に合格することはできませんが、無事に資格を取得出来たら独立をしてフリーランスとして活躍することもできます。実際に力試しをしたい方も多いと思いますが、フリーランスになったら登録しておきたいサービスとしてPROsheetLancersTopがあります。これらのサービスがあればAccessのデータベースに関する案件を多数紹介してくれます。簡単に力試しをすることができるので、特にフリーランスとして独立したい方にはオススメです。登録も簡単なので、Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度に合格したらチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はAccessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度について紹介しましたが、難易度は高めなのでしっかりとテキストを活用して勉強する必要があります。Accessビジネスデータベース技能認定試験1級の難易度に合格できれば、色々な現場で活躍できるので、興味がある方は取得を検討してみてはいかがでしょうか。