難易度やや高め!トータルカラリスト検定1級の難易度は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

トータルカラリスト検定2級の難易度に合格した方は、1級の難易度への挑戦も検討されているかと思います。トータルカラリスト検定1級はどのくらい難易度が高い試験なのでしょうか。一発で合格するためにも、ここではトータルカラリスト検定1級の試験の概要から難易度の高さまでを紹介していきます。これからトータルカラリスト検定1級の難易度に受験する方は参考にしてください。

トータルカラリスト検定1級とは?

トータルカラリスト検定1級の難易度は、CUSからアンダードーンまで様々な色彩知識を学べる資格試験となっています。トータルカラリスト検定1級の難易度では幅広い内容が出題されるので、合格して知識が身につけばファッションや美容、インテリアなど日常生活でも自分らしい色を取り入れることが可能になります。色を使って毎日の生活を豊かに送りたいと思っている方は、トータルカラリスト検定1級の難易度にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

トータルカラリスト検定試験1級の概要

試験内容

トータルカラリスト検定1級では、CUS表色系と配色のルールなどを中心に出題されます。また、その他にも実務的な色彩スキルや色彩マーケティングについても出題される試験となっています。トータルカラリスト検定1級では比較的難易度が高い内容ばかりなので、それなりに対策しなければ合格することは難しいでしょう。

受験者数

トータルカラリスト検定1級の難易度では、受験者数は公開されていませんが、トータルカラリスト検定1級は受講型の試験となっており、講座を受けながら色彩について理解していくことができるため、初心者から実務経験者までが受験する人気の高い検定となっています。

受験料

トータルカラリスト検定1級の難易度を受験するには、9,720円の受験料が必要です。申し込み方法は2種類あり、インターネットと郵送での申し込みが可能です。インターネット申し込みの場合は、クレジットカード決済かコンビニオンライン決済が可能です。郵送での申し込みは郵便局窓口から郵便振替用紙にて受験料を支払うことができます。

試験時間

トータルカラリスト検定1級の難易度では筆記試験のみとなっており、45分に設定されています。

出題数

トータルカラリスト検定1級の出題数は公式サイトに掲載されていません。その年によって出題数は異なるため、どんな内容が出題されても答えられるように対策をしましょう。

合格基準

トータルカラリスト検定1級の合格基準は、非公開となっています。そのため、できる限りテキストなどで出題される内容は全て対策しておくようにしましょう。

トータルカラリスト検定試験1級の難易度は?

トータルカラリスト検定1級は受講型となっているため、重要ポイントをしっかりと対策できていれば合格できる可能性は高いと言われています。しかし、トータルカラリスト検定の中でも最も難易度が高い試験となっているため、3級や2級以上に対策する必要があります。特に3級で配布されるテキストは、必ずと言っていいほど出題される内容が多く含まれているので、テキストを活用した対策はしっかりとやっておくようにしましょう。幅広い範囲を対策することができれば、難易度が高いトータルカラリスト検定1級に合格することができます。

トータルカラリスト検定1級はこんな人にオススメ!

トータルカラリスト検定1級の難易度は、取得することで様々な場面で役立つと言われています。では、具体的にトータルカラリスト検定1級はどんな人たちにオススメの試験となっているのでしょうか。具体的に誰にオススメの試験なのか紹介していきたいと思います。

色の勉強をしたい方

色の知識を身につけるためには専門的な知識は必要ないと思っている方もいますが、実は色の特徴と色の活かし方を知らなければいい色の組み合わせはできません。これらの情報を独学で学ぶのは難しくなりますが、トータルカラリスト検定1級の難易度に受験すれば、カラーアンダートーンと言われている色の表示システムについて理解できますし、人やモノに合った色の選び方なども学ぶことができます。色に関する専門的知識を身につけたい方は、トータルカラリスト検定1級の難易度の受験がオススメなので、興味がある方は資格の取得について考えてみてください。

カラリストとして本格的に活躍したい方

色に関する知識を身につけることができれば、色に関係する仕事に就くことが可能です。例えばファッション業界や美容業界、ジュエリー、眼鏡、インテリアなど様々な業界で専門的知識を持つ人として活躍することができます。特にファッションや美容業界でカラリストとして活躍している方はたくさんいるので、将来的にカラリストの道に進みたい方はトータルカラリスト検定1級の難易度を受験してみてはいかがでしょうか。

就活で高い評価をもらうために

トータルカラリスト検定1級は、最も難易度の高い試験となっています。3級や2級よりも高い評価をもらえる可能性があり、実際にトータルカラリスト検定1級の難易度の資格を持っていることで就職を成功させることができたという方もいます。就職を成功させるためには資格を取得している方が有利となるケースも多いので、特にカラリストになりたい方はトータルカラリスト検定1級の難易度に挑戦してみてください。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

トータルカラリスト検定1級の難易度に合格することは簡単なことではありませんが、合格基準を超えて無事に資格を取得したら腕試しをしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。腕試しと言っても方法は色々ありますが、その中でもオススメなのがPROsheetLancersTopです。これらのサービスでは知識や資格を持っている方のために案件を紹介してくれます。実務経験が簡単にできますし、技術力を更に磨くことができるので、トータルカラリスト検定1級の難易度に合格して力を試したい方はPROsheetLancersTopを利用してみてください。

まとめ

今回はトータルカラリスト検定1級の難易度について説明しましたが、難易度は高い試験と言うことが分かったと思います。しかし、講座の内容を理解し、テキストなども使って細かく勉強すれば合格できる可能性は十分にあります。将来的にカラリストを目指す方にとってオススメの試験となっているので、興味がある方はトータルカラリスト検定1級の難易度にチャレンジしてみてください。