トータルカラリスト検定1級にオススメの参考書をご紹介!

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

カラリストを目指している方は、資格取得について考えている方も多いのではないでしょうか。カラリストになるための資格はいくつかありますが、受験者数が増えているのがトータルカラリスト検定です。レベルは3段階あり、その中でも1級の受験を検討されている方も多いでしょう。トータルカラリスト検定1級は難易度が高く、それなりに参考書などのテキストを使って勉強しなければ合格ができません。今回はトータルカラリスト検定1級に合格するためにオススメの参考書について紹介したいと思います。

トータルカラリスト検定1級の特徴

トータルカラリスト検定1級は、簡単に説明すると、色を使って目的やTPOに合わせてお客様に合う色を提案できる色彩のスペシャリストの知識が身につけられる検定となっています。その他にも色彩マーケティングなど、カラリストに必要なあらゆる知識を身につけることができます。
トータルカラリスト検定1級は、一般的な資格試験とは異なり、受講型で資格を取得する方法となっています。内容としては、参考書などを使った講座が6時間と45分間の筆記試験があり、筆記試験に合格すると無事に合格証明書を受け取ることができます。
トータルカラリスト検定1級の講座では、3級の時に配布された参考書を使うので、大切に保管をしてください。
トータルカラリスト検定1級の受験には、9,720円の受験料が必要です。こちらも忘れずに支払いを済ませておくようにしましょう。
検定会場は東京、名古屋、京都、福岡で行われますので、一番アクセスしやすい場所をセレクトしてください。

トータルカラリスト検定1級に合格するために必要な勉強時間の目安

トータルカラリスト検定1級は最高レベルの難易度と言われているので、参考書などを使ってしっかりと勉強しなければなりません。具体的に参考書を使ってどのくらい勉強をすれば対策ができるのか知りたい方も多いのではないでしょうか。参考書などを使った勉強は、できれば自宅で1日1時間~3時間は行った方がいいと言われています。トータルカラリスト検定1級は幅広い範囲の問題が出題されますし、参考書で勉強する範囲も広いので、できる限り参考書は時間をかけて対策することをオススメします。

トータルカラリスト検定試験1級合格に役立つ参考書&問題集

トータルカラリスト検定1級の対策には参考書が必須と言われています。しかし、検定に活用できる参考書はたくさん販売されています。その中でもどんな参考書をセレクトするといいのかについてここでは紹介していきたいと思います。

・3級受講時に配布される参考書は必ず活用する

トータルカラリスト検定1級を受験する方は、既に3級に合格している方がほとんどかと思います。3級では参考書が配布されますが、この参考書はトータルカラリスト検定1級の対策でも活用できるので、しっかりと手元に持っておくようにしましょう。トータルカラリスト検定1級は配布される参考書の幅広い内容が出題されるので、参考書の内容は完璧に理解できるように勉強をしておきましょう。心配な方は他の参考書を購入してもいいですが、トータルカラリスト検定1級は基本的に3級で配布される参考書を活用すれば合格できると言われています。

カラーアレンジメントチャート

トータルカラリスト検定1級は、筆記試験のみとなっており実技試験はありませんが、カラーアレンジメントチャートを活用して色の合わせ方や、どんな色があるのかなどは把握しておいた方がいいでしょう。この参考書を活用すれば色の見本が細かく書かれていますし、配色テクニックについても紹介してくれるので色の仕組みを理解することができます。

トータルカラリスト検定1級はこんな人にオススメ!

トータルカラリスト検定1級は難しい試験と言われていますが、そもそも誰にオススメの検定なのでしょうか。ここではトータルカラリスト検定1級の受験に悩んでいる方のために、取得がオススメの人について紹介していきます。

カラリストを目指している方

トータルカラリスト検定1級は、実務的な色彩スキルから配色テクニックまであらゆる内容を学ぶことができます。実務的な内容も学べるので、将来的にカラリストを目指している方にはオススメの試験です。カラリストと言っても活躍できる場は広いですが、例えば美容関係や洋服、眼鏡、インテリア、フラワー業界など色と隣り合わせの仕事に就きたいと思っている方はトータルカラリスト検定1級の取得をオススメします。

色の勉強をしたい方

将来的にカラリストになりたいわけではないけど、色が好きで知識を身につけたい方もトータルカラリスト検定1級の受験がオススメです。例えばトータルカラリスト検定1級では、CUS(色の表示システム)を理解できるので、あらゆる色の組み合わせができるようになりますし、アンダートーンを重視した配色もできるようになります。例えば自分自身の洋服選びや、インテリアを変更する時などあらゆる場面で役立つので、色の勉強をしたいと思っている方にもオススメの検定です。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

トータルカラリスト検定1級は色に興味のある方なら誰にでもオススメの資格試験となっていますが、トータルカラリスト検定1級は難易度も高いため、参考書や色の見本などを活用してしっかりと勉強しなければ合格はできません。中には不合格者もいますが、無事に合格した人の中には自分がどのくらいできるのか試したい方も多いのではないでしょうか。自分を試すためには、実務にチャレンジする方法があります。例えば近年注目を集めているPROsheetLancersTopですが、これらのサービスを使えばわざわざ企業に勤めなくても実務にチャレンジすることができます。個人で挑戦することになるのでフリーランスとなりますが、比較的安定して仕事が入ってきますし、収入も得ることができるので、腕試しをしたい方には人気を集めています。

まとめ

今回はトータルカラリスト検定1級に合格するための参考書選びについて紹介しましたが、参考書は試験に合格するために必要なアイテムとなるので、これから勉強する方は参考書を忘れずに活用して対策しましょう。参考書の内容を完璧にできれば高い確率でトータルカラリスト検定1級に合格することができるでしょう。