対策は必須!トータルカラリスト検定2級の難易度は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

将来的にカラリストとして活躍したい方は資格の取得について考えている方も多いのではないでしょうか。カラリストに必要な資格試験はいくつか存在していますが、その中でもトータルカラリスト検定は色彩と配色の基礎や実務レベルの色彩スキルも身につけられるのでオススメです。トータルカラリスト検定には3級~1級までの難易度がありますが、その中でも今回は2級の難易度について説明したいと思います。実際にトータルカラリスト検定2級の受験を考えている方で、難易度を知りたい方はこのサイトをチェックしてみてください。

トータルカラリスト検定2級とは?

トータルカラリスト検定2級の難易度は、基本的な色彩スキルに加え、実務的な色彩スキルや色彩マーケティングの可能性なども出題される試験内容となっています。3級の難易度に比べるとレベルはアップしますが、公式テキストなどを活用して勉強すれば初心者でも合格できる難易度となっています。トータルカラリスト検定2級は、色彩の基礎から応用まで学べる難易度の試験となっているため、色彩についてもっと詳しく勉強したい方は受験してみてください。

トータルカラリスト検定試験2級の概要

試験内容

トータルカラリスト検定2級の難易度では、CUS表色系と配色のルール、色彩の応用、色彩マーケティングについて問われる問題が多くなっています。基礎から応用まで出題される難易度の試験なので、しっかりと対策する必要があります。

受験者数

トータルカラリスト検定2級の受検者数は公開されていません。カラリストになるための資格はいくつかありますが、その中でもトータルカラリスト検定2級は近年人気を集めているので、受験者数も増えています。

受験料

トータルカラリスト検定2級の受験料は9,720円です。お支払い方法は銀行振込、クレジットカード決済、コンビニオンライン決済の3つの中から選ぶことができます。

試験時間

トータルカラリスト検定2級の難易度は受講型となっています。そのため、まずは講座を受講しなければなりませんが、時間は6時間に設定されています。講座が終わったら後日試験が実施され、試験時間は45分間となっています。

出題数

トータルカラリスト検定2級の難易度の出題数は未公開となっていますが。出題傾向としてはCUS表色系と配色、色彩理論などが多くなっているので、しっかりと事前に対策をしておくといいでしょう。

合格基準

トータルカラリスト検定2級の合格基準は公式サイトに掲載されていませんが、基本的には講座の内容をしっかりと頭に入れておけば合格できるレベルと言われています。

トータルカラリスト検定試験2級の難易度は?

トータルカラリスト検定2級の難易度は3級に比べると高く、初心者が簡単に合格できる試験ではありませんが、自宅でも講座で習った内容を復習して頭に入れておくことができれば合格できる可能性が高いと言われています。実際に初心者が合格するケースも多くあるので、しっかりと勉強していれば難易度が高いと感じることはあまりないでしょう。

トータルカラリスト検定2級はこんな人にオススメ!

トータルカラリスト検定2級の受験を検討している方は多いと思いますが、そもそもどんな人が取得した方がいい試験なのでしょうか。ここではトータルカラリスト検定2級の受験がオススメの人について紹介したいと思います。

カラリストを目指している方

トータルカラリスト検定2級の難易度を受験する方のほとんどは、カラリストを目指している人だと言われています。100%カラリストを目指している人だけではありませんが、将来的にカラリストとして色々な仕事をしたいと思っている方はトータルカラリスト検定2級の難易度に挑戦してみてはいかがでしょうか。

趣味として色彩の知識を身につけたい方

トータルカラリスト検定2級の難易度はカラリストになりたい人が受験する試験と思っている方も多いですが、中には趣味のために資格を取得する方も少なくありません。例えば洋服選びで失敗しないために知識を身につけたい方や、インテリアのコーディネートで失敗しないために知識を身につけたい方など、日頃の生活に役立つ資格なので、趣味のために取得する方も増えています。少しでも色彩に関して興味がある方は、トータルカラリスト検定2級の難易度を受験してみてはいかがでしょうか。

2級に合格したら、次は1級を目指そう!

トータルカラリスト検定2級を取得するためには講座を受け、自宅でも勉強しなければならないのでそれなりに努力が必要となりますが、無事に合格することができれば色彩に関する専門的な知識を身につけることができるので、色の知識を身につけたい方はトータルカラリスト検定2級の難易度の受験をオススメします。中にはトータルカラリスト検定2級の難易度で満足をする方もいますが、できればトータルカラリスト検定2級に合格したら1級の難易度にもチャレンジすることをオススメします。1級は難易度も高く、2級以上の努力が必要ですが、合格できれば2級の難易度よりも高い評価を受けられます。せっかくトータルカラリスト検定に挑むなら最高レベルの1級を目指しましょう。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

トータルカラリスト検定2級の難易度に合格したら1級へのチャレンジを検討している方も多いですが、中にはその前に自分がどこまで出来るのか腕試しをしたい方もいるのではないでしょうか。腕試しとしてオススメなのがPROsheetLancersTopというサービスです。初めて聞く方は何をしているサービスなのか知らない方も多いでしょう。簡単に説明するとPROsheetLancersTopは、独立している方向けに案件を紹介するサービスのことを言います。色に関する案件も多数取り扱っているので、腕試しをしたい方は、PROsheetLancersTopを活用してどこまでできるかチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はトータルカラリスト検定2級の説明をしましたが、難易度はそれなりに高めですが、講座を受講し、家でも1日1時間程度の勉強をしていれば高い確率で合格できるでしょう。将来的にカラリストを目指している方にはオススメの試験となっているので、知識を身につけたい方はトータルカラリスト検定2級の難易度に挑戦してみてはいかがでしょうか。