初心者必見!トータルカラリスト検定3級を受験する前に知っておくべきこと

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

世界の中でも日本はモノづくりの国と言われています。様々な物が開発、製造されていますが、その中でも必ず使われているものが色です。特に何かをデザインする時には色が重要になり、実際に色を使って商品をデザインする仕事や、配色ができる人になりたいと思っている方は多いのではないでしょうか。正しい知識を身につけるためには資格を取得することが大切です。今回は知識を実務で活用できる知識を身につけるためにも、トータルカラリスト検定3級の受験について説明したいと思います。試験の内容から初心者でも合格できるレベルの試験かどうかを紹介するので、トータルカラリスト検定3級に興味がある方は参考にしてください。

トータルカラリスト検定3級とは?

トータルカラリスト検定3級とは、一般社団法人日本カラリスト協会が実施する民間の資格試験です。CUS表色系と配色ルールを理解し、人や商品に合わせた適切な色を提案できるか評価するための試験となっています。トータルカラリスト検定3級は、どちらかと言うと初心者レベルと言われていますが、合格できれば実務的な色彩スキルも身につくので、色彩について学びたい初心者はもちろん、実務レベルの知識を身につけたい方にもおすすめのレベルの試験になります。
トータルカラリスト検定3級は、一般的な資格試験とは異なり受講型で資格を取得するという内容になっています。そのため、ただ単に試験に合格をすれば資格を取得できるのではなく、講座の受講もしなければなりません。初心者にとっては講座で学びながらトータルカラリスト検定3級の資格を取得できるので、オススメの内容となっています。トータルカラリスト検定3級の講座は、全部で6時間です。
トータルカラリスト検定3級の試験内容に関しては、全て筆記試験となっており、試験時間は45分に設定されています。3級の場合は年齢、学歴、経歴に制限はないので、初心者でも受験が可能です。そのため、初心者にはオススメのレベルとなっています。

初心者でもトータルカラリスト検定3級は合格可能?

専門的知識が必要な資格試験は、初心者が合格するのは難易度が高めと言われていますが、トータルカラリスト検定3級は初心者でも合格することができるのでしょうか。確かに、対策ができていない初心者が合格するには難しい試験です。しかし、トータルカラリスト検定3級に関しては受講をしないと受験ができない仕組みになっています。初心者でも勉強ができる環境が整っていますし、試験のレベルもどちらかと言うと初心者が合格できるように作られているため、色彩や配色の基礎と簡単な専門的知識を身につけることができれば合格できます。トータルカラリスト検定3級には実務未経験者の初心者が受験することも多いので、初めて色彩や配色について学ぶ初心者にとってはオススメの資格試験となっています。

初心者で合格するために

トータルカラリスト検定3級は受講型ですが、受講すれば必ず合格できるわけではありません。資格取得のためにはある程度自分でも努力する必要があるため、ここでは初心者が合格するためにやっておきたいことを紹介します。

トータルカラリスト検定3級の勉強方法

トータルカラリスト検定3級を受講する前にテキストと教材を一通り読む

トータルカラリスト検定3級にはネットからと郵送での申し込みの2種類の方法が選択できます。申し込みが完了したら、受講の前にテキストと教材が指定された場所に届きます。特に初心者はどんな内容が出題されるのかも分からないと思うので、まずはトータルカラリスト検定3級でどんな内容が出題されるのかを、一度目を通しておくといいでしょう。特にテキストは初心者でもわかるような解説をしているので、チェックを忘れないようにしましょう。

受講後は自宅でも勉強する

トータルカラリスト検定3級は、初心者向けの試験なので受講だけで合格できる方も多いですが、初心者は自宅でも勉強することをオススメします。受講の前に配られたテキストと教材を使った勉強はもちろん、受講の際に講師から説明された内容は復習しておきましょう。

トータルカラリスト検定3級受験にオススメの参考書&問題集

・受講前に届くテキストと教材

トータルカラリスト検定3級の公式テキストは、基本的にネットや書店で販売されていません。申し込みが完了したら自宅に届く形となっています。公式テキストは初心者が内容を理解するためには必要不可欠の内容になっているので、トータルカラリスト検定3級に挑む方は毎日公式テキストを活用して勉強してください。

勉強時間の目安

トータルカラリスト検定3級に初心者が合格するための勉強時間の目安は、最低でも講座の6時間はしっかりと勉強した方がいいと言われています。それでも足りない方は自宅で復習したり、問題集を解いたりして対策を進めてください。

3級に合格したら、次は2級を目指そう!

トータルカラリスト検定3級は初心者向けの内容となっており、比較的簡単に合格できると言われていますが、トータルカラリスト検定3級に合格できたら次は2級のレベルに挑戦することができるので、もっと深く色彩の知識を身につけたい方は挑戦してみてはいかがでしょうか。特に初心者から徐々に色彩や配色を学びたいと思っている方にはオススメの流れとなっています。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

トータルカラリスト検定3級は初心者向けの内容となっており、受験者の多くが合格できると言われていますが、実際に合格したら一度自分がどのくらい理解しているのか力を試したいと思っている方もいるのではないでしょうか。初心者が実務に挑戦するには企業に勤めるしかないと思っている方もいますが、実は近年では個人事業主向けのサービスも増えているため、わざわざ就職しなくても実務にチャレンジできます。特にその中でも初心者にオススメなのがPROsheetLancersTopです。特にPROsheetは初心者向けの内容も多く含まれているので、初めての方にはオススメできる内容となっています。LancersTopも資格がある方なら挑戦できる内容になっているので、初心者でも知識はしっかりと身につけている方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

トータルカラリスト検定3級に果たして初心者が合格できるのかについて説明しましたが、多くの初心者が合格できている試験になっているため、これから色彩を学びたい方にはオススメの検定となっています。将来的に色彩に関わる仕事に就きたいと思っている方や、個人で楽しむために知識を身につけたい方は、トータルカラリスト検定3級からチャレンジしてみてください。