万全の準備を!日商PC検定文書作成2級対策のススメ

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

日商PC検定文書作成2級は日商PC検定文書作成試験の中でも難易度が2番目に難しく、合格には万全の対策が求められるでしょう。しかし、これから対策をはじめる人の中には、どのように対策を進めればいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。そこで、今回は日商PC検定文書作成2級におすすめの対策方法をご紹介しますので、まだ対策方法を把握していない人はチェックして下さい。

日商PC検定文書作成2級試験とは?

対策方法の前に、まずは日商PC検定文書作成2級の概要をご説明します。日商PC検定文書作成2級試験とは、日本商工会議所が実施している試験のひとつで、与えられた情報を整理したり分析したりして、状況に適したビジネス文書や資料を作成する力を試すための試験です。
日商PC検定文書作成2級の試験科目には知識科目と実技科目があります。知識科目の試験形式は択一式です。そのため、選択肢の中から正しい答えを選んで解答します。一方、実技科目は文字通り実技形式で試験が実施されます。実際にパソコンやワープロソフトを用いて解答することになるでしょう。合格するためには、知識科目及び実技科目の両方で得点率70%以上を獲得する必要があります。

受験料

日商PC検定文書作成2級の受験料は7,200円(税込)です。

試験時間

日商PC検定文書作成2級の知識科目の試験時間は15分、実技科目は40分となっています。

合格率

日商PC検定文書作成2級の合格率は約68%程度です。

日商PC検定文書作成2級試験受験におすすめの対策方法

日商PC検定文書作成2級試験には知識と実技の2つの試験科目があります。それぞれで70%以上得点しなければなりませんので、各試験科目で対策する必要があるでしょう。

知識科目の対策方法

知識科目の対策方法は、まず参考書で知識を習得し、問題集で問題に慣れることです。参考書は一通り読むことをおすすめします。一通り読むことで、知識科目合格に必要な知識を習得することができます。
参考書を一通り読んだら、次は問題集で対策をします。問題集で対策をすることで、問題に慣れることができます。また、アウトプットできるので、知識を頭の中にとどめておきやすくなるでしょう。
日商PC検定文書作成2級試験の知識科目では、問題集と似た問題が数多く出題されます。そのため、問題集を解けば対策も効率化させられるでしょう。

実技科目におすすめの対策方法

実技科目は、知識科目の対策方法とは異なり、実際にパソコンを使って対策することをおすすめします。まずは、テキストで紹介されている文書作成方法の説明に沿ってパソコンでビジネス文書を作成していきます。一通りテキストに合わせてビジネス文書を作成できたら、次はテキストを見ずにワープロソフトを操作してビジネス文書作成します。テキストを見ずに行うことで、しっかりと理解できているか確認することができますし、記憶の定着率も高くなるのでおすすめです。
テキストで一通り対策ができたら、次は問題集を使って対策しましょう。問題集に収録された問題に沿ってパソコン操作をしながら文書を作成していきます。わからない問題や作成できなかった問題がある場合、理解できるまで繰り返し解説を読みましょう。

日商PC検定文書作成2級合格までの勉強時間の目安

日商PC検定文書作成2級合格に必要な勉強時間の目安は、日本商工会議所では公表されておらず、公式の勉強時間を知ることは難しくなっています。しかし、受験生の中には2ヶ月で合格できた人もいます。そのため、最低でも2ヶ月間は対策することをおすすめします。

日商PC検定文書作成2級試験の対策におすすめの参考書&問題集

日商PC検定文書作成2級試験対策に参考書や問題集を活用する方も少なくないでしょう。ここでは、日商PC検定文書作成2級試験対策に活用できる参考書をご紹介しますので、対策に活用される方は参考にして下さい。

日商PC検定試験 文書作成 2級 公式テキスト

本書は日商PC検定文書作成2級試験の公式テキストです。章末や巻末に例題を準備してくれているので、例題を見てどのぐらいのレベルの知識が問われるのかも把握できます。また、解説する時のポイントや注意点なども掲載してくれるので、日商PC検定文書作成2級試験対策をするすべての人におすすめの参考書です。

日商PC検定試験 文書作成 2級 公式テキスト&問題集 Microsoft Word 2013対応

本書はテキストと問題集が1冊にまとめられた参考書です。テキストを読むことで、日商PC検定文書作成2級試験合格に必要な知識や操作スキルを身に付けることができます。また、問題集には3回分の問題が掲載されているので、繰り返し問題を解くことで合格に必要な力を身に付けていくことができるでしょう。

日商PC検定試験 文書作成・データ活用・プレゼン資料作成 2級 知識科目 公式問題集

日商PC検定文書作成2級の知識科目を受験する人は、本書を購入して対策することをおすすめします。本書は知識科目対策に特化した問題集です。問題集の中には、共通分野50問、文書作成分野30問、データ活用分野30問、プレゼン資料作成分野30問の計140問が収録されています。もちろん、日商PC検定文書作成2級試験対策だけでなく、データ活用やプレゼン資料作成2級試験の知識科目対策をする人も手に取ることができる問題集となっています。

2級に合格したら、次は1級を目指そう!

日商PC検定文書作成2級試験対策をして無事に日商PC検定文書作成2級を取得できたら、次は1級の対策をスタートさせてみてはいかがでしょうか。1級対策をスタートさせれば、さらに自分のスキルを磨くことができます。スキルが上達すれば、キャリアアップなどたくさんのメリットを獲得することができるでしょう。そのため、業務の中で文書作成する機会が多い人は対策をして1級を取得することをおすすめします。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

日商PC検定文書作成2級試験に合格するためには、ある程度のビジネス文書作成スキルが必要です。そのため、日商PC検定文書作成2級の認定を得られた人の中には、自分の技術力に自信を持てるようになった方もいるでしょう。もし、ビジネス文書スキルに自信があるなら、腕試しをしてみてはいかがでしょうか。
技術力の腕試しにはPROsheetLancersTopの利用をおすすめします。PROsheetLancersTopには、コンテンツ制作をするお仕事など、日商PC検定文書作成2級合格に必要なスキルを活かせられる案件が数多く紹介されています。そのような案件に取り組むことで、お仕事の中で自分のビジネス文書作成スキルの腕試しができるのではないでしょうか。

まとめ

日商PC検定文書作成2級試験は日商PC検定文書作成試験の中で2番目に難しいですが、しっかりと対策をすれば合格できる試験です。そのため、日商PC検定文書作成2級を取得したい人は、さっそく対策をはじめて合格を勝ち取る努力をされてみてはいかがでしょうか。