日商PC検定文書作成3級対策のススメ

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

日商PC検定文書作成3級は、Basicよりも難易度が高くなります。そのため、受験する人はしっかりと対策をして本番に備えておく必要があるでしょう。これから受験勉強をスタートさせる人の中には、日商PC検定文書作成3級の対策方法がわからない方もいるのではないでしょうか。今回は日商PC検定文書作成3級におすすめの対策方法をご紹介しますので、対策方法を知りたい人はチェックして下さい。

日商PC検定文書作成3級試験とは?

日商PC検定文書作成3級試験とは、日本商工会議所が主催し、ビジネス文書の雛形や既存のビジネス文書を使い支持に従って迅速かつ正確にビジネス文書を作成できる力を試すための試験です。経済産業省後援の資格になるため、日商PC検定文書作成3級は公的資格に分類されます。
日商PC検定文書作成3級は知識試験と実技試験が行われます。合格するためには、知識及び実技試験それぞれで70%以上の得点率を獲得する必要があります。

受験料

受験料は5,140円(税込)です。

試験時間

知識試験の試験時間は15分、実技試験は30分となっています。

合格率

平成28年度の日商PC検定文書作成3級の合格率は約80.1%です。

日商PC検定文書作成3級試験受験におすすめの対策方法

日商PC検定文書作成3級試験におすすめの対策方法は、実際にパソコンを活用して参考書と問題集を使って対策をすることです。ここでは、具体的に日商PC検定文書作成3級試験対策方法を詳しく解説していきます。

まずは参考書を読んで対策する

まずは1通り参考書を読んで日商PC検定文書作成3級試験合格に必要な知識に触れます。1通り読んで内容に触れることができたら、次は理解することを目的に2回〜3回熟読します。複数回読むことで、参考書に書かれているたくさんの内容を記憶に定着させられるのでおすすめです。

パソコンを操作して対策をしよう

参考書を読んである程度内容に触れることができたら、次は実際にパソコンを使ってワープロソフトを操作します。テキストの手順に沿ってビジネス文書を作成したり、文書作成ソフトの機能を確認したりすれば、実機で知識を習得することができます。実際に実機を使うことで、記憶の定着率も向上しますし、実技試験対策にもなるので効率的に対策ができます。そのため、受験生は実機による対策を取り入れるようにしましょう。

問題集を使って対策をしよう

文書作成ソフトの機能や雛形を使ったビジネス文書の作成方法をある程度理解できたら、次は問題集を使って日商PC検定文書作成3級試験対策をしていきます。知識試験は択一式なので、一般的な問題集の取り組み方で対策ができます。しかし、実技試験は実際にワープロソフトを使用しますので、実技試験の問題に取り組む時は実際にパソコンを使って解くようにしましょう。
知識試験や実技試験に関わらず、間違えた問題は理解するまで解説や参考書を読みます。また、間違えた問題はマーカーペンなどでチェックして試験直前に見返せるようにしておきましょう。

講座を利用して対策をしよう

日本商工会議所ではパソコン教室を開催しており、利用すれば日商PC検定文書作成3級講座を受講できます。完全に独学で学ぶよりも、講座を利用するほうが学習ハードルは下がります。また、日商PC検定文書作成3級合格に必要な知識を体系的に教えてくれるので、効率的に対策できます。独学に自信がない人や対策に効率さを求める人は日本商工会議所パソコン教室の日商PC検定文書作成3級対策講座を受講してみてはいかがでしょうか。

日商PC検定文書作成3級合格までの勉強時間の目安

日本商工会議所では、日商PC検定文書作成3級の勉強時間の目安を公表しておらず、公式な勉強時間の目安を知ることは難しいです。しかし、すでに日商PC検定文書作成3級を受験した人の中には約1週間〜2週間 で合格できた方もいるので、比較的短いスパンで合格を目指すことができるでしょう。

日商PC検定文書作成3級試験の対策におすすめの参考書&問題集

日商PC検定文書作成3級試験対策に参考書や問題集を活用したいと考える人も多いでしょう。ここでは、対策におすすめの参考書と問題集をご紹介しますので、用意できていない人はチェックして下さい。

日商PC検定試験 文書作成 3級 公式テキスト&問題集 Word 2013対応

本書は日本商工会議所が執筆した日商PC検定文書作成3級公式の参考書です。出題範囲を完全にカバーしており、1冊で合格に必要な知識を習得できます。また、模擬問題も掲載されているので、問題集対策もできる参考書となっています。

日商PC検定試験 文書作成 3級 公式テキスト

本書も日商PC検定文書作成3級公式のテキストです。章末には知識科目の例題や実技科目の例題を準備してくれているので、習得した知識を章末でアウトプットできます。また、解答する際のポイントや注意点なども掲載してくれるので、すべての受験生におすすめの参考書です。

日商PC検定試験 文書作成 3級 完全マスター 合格のコツがわかる問題集 Microsoft Office Word 2010対応

日商PC検定文書作成3級対策の問題集には本書がおすすめです。おすすめの理由は収録されている問題数が多いからです。そのため、本書を購入すれば、数多くの問題に取り組み、万全な日商PC検定文書作成3級対策ができるでしょう。

3級に合格したら、次は2級を目指そう!

日商PC検定文書作成3級対策をして、合格することができたら、次は2級対策をスタートさせることをおすすめします。2級はより実践的な知識が問われますので、合格難易度は上昇するでしょう。勉強の負担も増えますが、高いスキルを証明することができるようになります。キャリアなどに活かせられる場面は増えるので、さっそく2級対策をして合格を目指してみてはいかがでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

日商PC検定文書作成3級に合格をしたら、自分のビジネス文書作成技術に自信を持てるようになった方もいるのではないでしょうか。自信がある人はPROsheetLancersTopを利用して案件を受注し、お仕事の中でビジネス文書作成スキルの腕試しをすることをおすすめします。
PROsheetLancersTopはITエンジニア系のお仕事が中心ですが、紹介されている案件の中にはコンテンツ制作案件もあります。コンテンツ制作案件の中には日商PC検定文書作成3級対策で得たスキルが活かせられるものもあるので、受注できれば腕試しをすることができるでしょう。

まとめ

日商PC検定文書作成3級対策は参考書や問題集、実機を使うことをおすすめします。日商PC検定文書作成3級は難易度がものすごく高い試験ではないので、正しく対策をすれば初学者でも合格を狙えます。対策方法を把握できた人はさっそく日商PC検定文書作成3級の対策をスタートさせてみてはいかがでしょうか。