転職時におけるトータルカラリスト検定3級の評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

資格取得は人それぞれ目的が異なると思いますが、その中でも転職を成功させるために資格を取得したいと思っている方が多いのではないでしょうか。特にカラリストの世界に転職をしたいと思っている方は、カラリストについて学べる資格を取得する必要がありますが、その中でもトータルカラリスト検定3級が簡単で人気を集めている資格試験と言われています。トータルカラリスト検定には、3級、2級、1級があり、3級はその中でも最もレベルが低い試験となっています。そのため、転職に役立つ資格なのか知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は具体的にトータルカラリスト検定3級の転職時における評価について紹介したいと思います。

トータルカラリスト検定3級とは?

トータルカラリスト検定3級とは、簡単に説明すると基本的な色彩スキルを学べる資格試験となっています。トータルカラリスト検定は、他の資格試験とは異なり、受講型の検定となっています。そのため、試験だけを受けるということはできません。基本的には6時間の講座を受けた後、修了試験を受けてそれに合格したら無事資格取得という流れになっています。
トータルカラリスト検定3級の受験には受験資格などはありませんので、誰でも受験可能です。検定会場は東京、名古屋、京都、福岡の4つの会場で行われています。
講座と試験を受けるためには、トータルカラリスト検定3級の場合29,160円必要です。少し高めに設定されていますが、検定料だけではなく、教材費も含まれているので別で購入する必要はありません。

トータルカラリスト検定試験3級の難易度

トータルカラリスト検定3級を転職のために取得する方は多いですが、そもそも取得までにはどのくらいの勉強が必要なのでしょうか。トータルカラリスト検定3級は、基本的にそれほど難易度が高い試験ではありません。検定の前に講座も開かれるので、試験に出題されやすい内容は全て教えてくれます。実際に受講しているほとんどの方が合格できている試験となっているので、しっかりと基礎を身につけることができれば、トータルカラリスト検定3級は合格できる難易度となっています。

トータルカラリスト検定3級を取得するメリット

トータルカラリスト検定3級を転職のために取得する方は多いと思いますが、転職以外にも様々なメリットがあると言われています。ここではトータルカラリスト検定3級を取得しようか迷っている方のために、メリットについて紹介するので参考にしてください。

資格取得後は様々な場所で活躍できる

トータルカラリスト検定3級の資格を取得することで、様々なシーンで活躍することができます。例えばカラリストとして独立をすることも可能ですし、ファッション業界へ転職をすることも可能です。その他にもメイク、ヘアサロン、ネイル、ブライダルへの転職もできますし、インテリア、出版、広告、Webデザイン、商品企画など色に関する知識が必要になる職場への転職に有利となる可能性が高くなります。幅広い場所で活躍できる資格となっているので魅力的です。

一人ひとりに合う色を見つけ出し、提案できる能力が身につく

ファッション業界や美容業界、ヘアサロンなどに転職をしたいと思っている方は多いと思いますが、こういったところで活躍するためには、それなりに技術力や知識が必要になります。資格を持っていない方が転職をして活躍をするのは難しいですが、トータルカラリスト検定3級に合格していれば、ある程度人それぞれに合う色を見つけ出し、それを提案する能力が身につきます。お客様が満足できる色を見つけ出すことができるので、転職などで有利になる可能性もあります。人それぞれの肌や瞳、髪などによって似合う色を見極める能力は、トータルカラリスト検定でしか得ることができないので魅力的です。

パーソナルカラリスト検定の受験もそれほど苦労しない

トータルカラリスト検定3級を受験し、最終的に1級まで合格することができたら、カラリストに必要な知識は一通り身につけることができます。知識が身についたら、就職や転職で更に役立つパーソナルカラリスト検定1級にチャレンジしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。初めて受験する方は難易度が高いので苦労しますが、トータルカラリスト検定3級から1級まで合格している方なら、ある程度勉強をすることで合格できる可能性が高くなります。将来的にパーソナルカラリスト検定1級を取得したい方にとってトータルカラリスト検定で学ぶことはメリットとなるでしょう。

気になる転職時における評価は?

トータルカラリスト検定3級は受講型の資格試験となっており、それほど難易度も高く内と言われています。比較的簡単に取得できる資格と言われていますが、転職時における評価はどのくらい高いのでしょうか。ここでは転職を希望されている方のために、トータルカラリスト検定3級が転職に役立つかどうかについて紹介します。
結論から言うと、トータルカラリスト検定3級はカラリストに必要な基礎知識を身につけている方を探している企業への転職は有利なるでしょう。しかし、実務経験者レベルの知識を身につけている方を探している場合は、最低でも2級から1級は合格をした方がよさそうです。そのため、トータルカラリスト検定3級に合格した人は、できれば2級、1級へとステップアップすることをオススメします。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

トータルカラリスト検定3級を無事に取得したら、企業への転職を考えている方も多いでしょう。しかし、全員が転職を考えているわけではありません。中には転職ではなく、独立を検討している方もいるでしょう。独立を検討している方にオススメなのが、PROsheetLancersTopの2つのサービスです。これらのサービスがあればWebデザイン関係の仕事や広告などの案件があるので、色に関する仕事を独立しながらできます。フリーランスにはオススメのサービスなので、転職ではなく、独立をしたい方はPROsheetLancersTopを利用してみてください。

まとめ

今回はトータルカラリスト検定3級が転職に役立つかを紹介しましたが、一部の企業では役立つことが分かりました。もっと転職の幅を広げるためには、最低でも2級や1級へとステップアップした方がいいので、合格をして余裕のある方はすぐに2級から受験することをオススメします。