転職で役に立つ?HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

Webコンテンツの制作やWebアプリケーションの開発をしているデザイナー、エンジニアの中には、転職を成功させる目的でHTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の取得を検討している方もいるのではないでしょうか。転職のために取得を目指す人の中には、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は転職時にどのぐらい企業から評価を得られるのか知っておきたい方も少なくないでしょう。そこで、今回はHTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の転職時の評価を解説しますので、転職希望者は参考にして下さい。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2とは?

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2とは、HTML5やCSSといったマークアップ言語やプログラミング言語を用いて、Webアプリケーションや動的コンテンツの開発力や設計力を試すための試験です。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は特定非営利活動法人LPI-Japanによって毎年実施されています。
HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の試験時間は90分で、出題数は約40〜45問です。試験実施方式は一部キーボード入力方式を含むCBT方式が採用されています。
HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の受験料は15,000円(税別)です。認定を得るためには、前提条件としてレベル1の有意な認定を必要とします。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の難易度

Web開発を担う企業へ転職するために、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の受験を検討している人の中には、難易度が気になる方も少なくないでしょう。転職時の評価を解説する前に、まずはHTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の難易度をご紹介していきます。

民間資格の中でも難易度が高い

世の中にはWeb開発やWebデザインの知識を試す民間資格がいくつかあります。例えば、Web検定やWebクリエイター能力認定試験、ウェブデザイン技能検定試験などを挙げることができるでしょう。これらの民間資格の中でも、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は難易度が高いほうに分類されます。そのため、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の難易度はやさしくないと言えるでしょう。

問題の難易度も高い

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2に出題される問題は基礎ではなく、応用問題が中心です。例えば、DOMやXMLHttpRequestなどのAPIやHigh Resolution TimeなどのマニアックなHTML5のAPIに関する問題も出題されます。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の問題自体の難易度が高いので、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は簡単に取得できない資格と言えるでしょう。

対策にも時間がかかる

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は対策に時間がかかるので難易度が高いと言えるでしょう。対策には約360時間以上の勉強が必要になります。時間に余裕がある人なら、集中して勉強し数ヶ月で合格できる人もいます。しかし、社会人などまとまった勉強時間を確保できない人は、合格に半年以上かかることもあるでしょう。対策に時間がかかるので、難易度は高いと言えるのではないでしょうか。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2を取得するメリット

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は転職希望者に関わらず、さまざまな人がメリットを得られる資格です。では、実際にHTML5プロフェッショナル認定試験レベル2合格にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

Web開発に必要な多くの知識を習得できる

1つ目のメリットは、Web開発やWebデザインに関する幅広い知識を身に付けられる点です。例えば、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2に合格すれば、HTML5やCSSはもちろんのこと、JavaScriptやマルチデバイスに対応させる技術も習得できます。これらの技術はWeb開発で多く用いられるので、合格できれば需要のある技術力を身に付けることができるでしょう。

技術力を証明することができる

2つ目のメリットは、Web開発の技術力を証明させられる点です。技術力を証明することができれば、就職活動やキャリアアップに役立てられます。そのため、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は転職希望者だけでなく学生など多くの人にメリットがある資格と言えるでしょう。

フリーランスが取得すれば受注率をアップ!

3つ目のHTML5プロフェッショナル認定試験レベル2取得のメリットは受注率のアップを挙げることができます。フリーランスがHTML5プロフェッショナル認定試験レベル2を取得すれば、技術力をクライアントへ客観的に示すことができます。そのため、クライアントから技術力があると判断されれば、お仕事を任せてもらいやすくなるでしょう。

気になる転職時における評価は?

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は難易度が高く、得られるメリットも多いため、転職活動をする際にも一定の評価を得ることができるでしょう。ここでは、転職時にどのような評価を受けるのか具体的に解説していきます。

需要の高い技術力を転職時に評価してもらえる

HTML5の需要は高いので、需要の高い技術を習得している点を転職時に評価してもらうことができます。HTML5はWeb開発だけでなく、スマホアプリ開発などにも用いられます。HTML5は需要が高いので、企業の中にはHTML5を習得している人材を求めているところもあります。そのような企業に転職活動をすれば、転職を有利に進めることができるでしょう。

転職時すでに技術を習得している点に評価

転職時、すでに技術を習得していることを評価してくれる企業もあります。技術力がある転職希望者を採用すれば、すぐに現場の第一線で活躍してくれる可能性があります。つまり、企業は即戦力となる人材を獲得できるので、企業側にとってもメリットがあります。そのため、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2に合格していれば転職を有利に進められる可能性があるでしょう。

転職時Webへの意欲に評価

企業の中には、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2に合格している転職希望者のWebへの意欲を転職時に評価してくれるところもあるでしょう。Webへの関心が強い転職希望者を雇用すれば、楽しんでお仕事に取り組んでくれたり、自ら進んで勉強してくれたりするので企業の中にはそのような転職希望者の採用に魅力を感じるところも少なくありません。そのため、意欲を評価してくれる企業であれば、転職を有利に進められる可能性があるでしょう。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2合格者の中には転職ではなく、フリーランスへの転身を検討している方もいるのではないでしょうか。フリーランスに転身したい人は、活動の負担を軽減するためにPROsheetLancersTopの利用をおすすめします。
フリーランスは自分でお仕事を獲得する必要がありますが、PROsheetLancersTopを利用すれば、お仕事を紹介してくれるので、自分に合った案件を見つけやすくなります。つまり、お仕事探しの負担を少なくすることができるのです。転職ではなく、フリーランスとして活動する人にとってPROsheetLancersTopの利用にはメリットがあるので、フリーランスへの転身を考えているHTML5プロフェッショナル認定試験レベル2合格者は活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2に合格すれば、転職活動を有利に進められる人もいます。そのため、転職して今よりもいい条件のところで働きたい転職希望者は、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2取得をおすすめします。