知りたい!転職時におけるパーソナルカラリスト検定1級の評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

ファッション業界など、カラリストのお仕事に転職するためにパーソナルカラリスト検定1級を受験されるという方もいるのではないでしょうか。転職目的の人が気になることとして、パーソナルカラリスト検定1級の転職時の評価を挙げることができます。そこで、今回は転職時、パーソナルカラリスト検定1級は企業からどのぐらい高い評価を得られるのか解説しますので、転職時の評価が気になる転職希望者はチェックして下さい。

パーソナルカラリスト検定1級とは?

パーソナルカラリスト検定1級とは、人と色に着目して、色彩知識や配色調和を習得することを目的とした資格試験で、主に色彩やCUS配色調和のスキルが試されます。パーソナルカラリスト検定1級は毎年7月と11月の年2回、一般社団法人日本カラリスト協会によって実施されています。
パーソナルカラリスト検定1級は1次試験と2次試験にわけて試験が行われます。各試験時間は90分です。合格するためには、1次試験と2次試験の両方で合格基準を満たす必要があります。
受験料は17,280円(税込)です。パーソナルカラリスト検定1級は受験資格が設けられ、2級取得者でなければ受験できません。

パーソナルカラリスト検定試験1級の難易度

転職希望者の中に転職時の評価だけでなく、パーソナルカラリスト検定1級の難易度が気になる方もいるでしょう。先に難易度をお伝えすれば、パーソナルカラリスト検定1級の難易度は高くありません。

合格率から難易度が高くないと言える

合格率から難易度を測ることができるでしょう。パーソナルカラリスト検定1級の合格率は約50%前後です。受験生の約半数が合格できる試験なので、難易度が低いと言えます。

偏差値から難易度を把握しよう

パーソナルカラリスト検定1級の偏差値は45であると推定されています。50を下回る偏差値は難易度が低いと言えるでしょう。そのため、パーソナルカラリスト検定1級の難易度はやさしくなっています。

難易度は高くないが階級は1番

パーソナルカラリスト検定1級はパーソナルカラリスト検定の中で階級が1番高いです。そのため、パーソナルカラリスト検定の中で難易度がもっとも高い試験と言えるでしょう。ほかの検定に比べて難易度はやさしいと言われていますが、階級が1番上なので、しっかりと勉強して準備しておく必要があります。

パーソナルカラリスト検定1級を取得するメリット

パーソナルカラリスト検定1級に合格すれば、どのようなメリットを獲得できるのか知っておきたい転職希望者もいるのではないでしょうか。具体的にどのようなメリットがあるのかご紹介していきます。

パーソナルカラリストの称号を得られる

パーソナルカラリスト検定1級合格のメリットとして挙げられるのが、パーソナルカラリストの称号を獲得できるという点です。合格すれば、日本カラリスト協会から合格証明書とパーソナルカラリストの称号が贈られます。その称号はカラリストのお仕事の中で活かすことができるので、合格者にとってメリットがあるでしょう。

色彩や配色調和について学べる

色彩や配色調和について詳しく学べるという点もメリットです。パーソナルカラリスト検定1級の勉強をすれば、高度な色彩の知識や配色調和を身に付けられます。そのため、パーソナルカラリスト検定1級は色彩や配色調和を習得したい人にメリットがある資格です。

フリーランスにもメリットがある

フリーランスが取得すれば、メリットを獲得することができるでしょう。例えば、技術力が証明されるのでデザイナー案件の受注率がアップしたり、対応できる案件の種類を増やせたりします。報酬アップなどを期待できるので、メリットと感じられる方もいるのではないでしょうか。

気になる転職時における評価は?

転職活動をする際にパーソナルカラリスト検定1級に合格していれば、転職時にファンション業界やネイル業界などで活動する企業から一定の評価を受けることができます。具体的に転職時どのような点を評価してもらえるのか解説します。

色彩や配色調和の技術力を評価

パーソナルカラリスト検定1級はパーソナルカラリスト検定の中で難易度がもっとも高いので、合格すれば高い技術力を証明することができます。そのため、転職時に、色彩や配色調和の技術力を企業から評価してもらうことができるでしょう。
企業が技術力のある転職希望者を雇用すれば、即戦力となる人材を獲得できるので、人手不足を解決することができり、企業力をアップさせたられたりします。このように、技術力のある転職希望者の雇用は企業側にも魅力があります。そのため、転職時にパーソナルカラリスト検定1級を取得していれば、転職を有利に進めることができるでしょう。

転職時資格を取得できた点に評価

パーソナルカラリスト検定1級は難易度が高い資格ではありません。しかし、すべての転職希望者が簡単に合格できる検定ではないでしょう。合格するためには、仕事の合間を縫って勉強したり、休日の多くの時間を勉強に割り当てたりしなければなりません。合格には一定の努力が必要なので、転職時に努力ができる人材という点を評価してくれる企業もいるでしょう。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

パーソナルカラリスト検定1級に合格した人の中には、転職をするという方もいますが、転職ではなく、フリーランスとして活動するのも一つの手です。実際に合格者の中には、転職ではなくフリーランスに転身することを検討している方もいるのではないでしょうか。
転職ではなく、フリーランスに転身したい人は、PROsheetLancersTopの利用をおすすめします。PROsheetLancersTopにはデザイナー案件など、パーソナルカラリスト検定1級に合格した人が対応できるお仕事が紹介されています。そのため、PROsheetLancersTopを利用すれば、お仕事探しの負担を軽減できるでしょう。PROsheetLancersTopはフリーランスの活動をサポートしてくれるので、フリーランスに転身する人は積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

パーソナルカラリスト検定1級を取得すれば、転職活動をする際にその資格を活かすことができるでしょう。そのため、ファッション業界などカラリストのお仕事を担う企業に転職をしたい人は、合格を目指してみてはいかがでしょうか。