気になる!転職時におけるAccessVBAベーシックの評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

転職を希望するAccessVBAベーシック受験生の中には、AccessVBAベーシックという資格は企業からどのぐらいの評価を得られるのか知りたいという方もいるでしょう。今回は、AccessVBAベーシックの転職時の評価を解説しますので、AccessVBAベーシック合格後に転職活動を検討している人はチェックして下さい。

AccessVBAベーシック試験とは?

転職時におけるAccessVBAベーシックの評価を解説する前に、AccessVBAベーシック試験とはどのような試験なのかご説明します。AccessVBAベーシック試験とは、Microsoft製品「Access」のVBAスキルを測定するための試験です。VBAとはVisual Basic for Applicationsの略で、Microsoftが提供しているプログラミング言語の一種です。

AccessVBAベーシック試験は、CBT方式で実施されます。出題数は40問前後で、試験時間は50分です。合格基準は難易度によっても変化しますが、1000点満点中約650〜800点以上得点する必要があります。

AccessVBAベーシック試験の難易度

転職時の評価を気にしている人の中には、AccessVBAベーシック試験の難易度が気になっている方もいるのではないでしょうか。AccessVBAベーシック試験の難易度は高いとは言えないでしょう。

基礎的な問題が中心

AccessVBAベーシック試験には、Access VBAの基礎文法・関数に関する問題、オブジェクトの基本的な操作やデータベースの基礎の問題などが出題されます。基礎問題が中心で、問題の難易度はそれほど高くないので、ある程度勉強すれば十分に合格を狙うことができるでしょう。

初学者でも合格を目指せる試験

AccessVBAベーシック試験は初学者でも十分に合格を狙える試験です。その理由はAccessVBA試験の中で階級レベルがもっとも低く、初学者向けに作られた試験だからです。そのため、AccessVBAベーシック試験は初学者でも取得を目指せる資格と言えます。

偏差値も比較的低いので難易度はやさしい

AccessVBAベーシック試験の偏差値は46 と推定されています。偏差値は高くなればなるほど、難易度が上昇しますが、偏差値46という数値は偏差値の中でも低い方なので、難易度はやさしいと言えます。そのため、AccessVBAベーシック試験はしっかりと対策すれば多くの人が取得できる資格と言えるでしょう。

AccessVBAベーシックを取得するメリット

AccessVBAベーシックを取得すれば、いくつかのメリットを得ることができます。ここでは、合格者が得られるメリットをいくつかピックアップします。

データベースに関する知識を習得できる

AccessVBAベーシック試験の勉強をすれば、データベース操作に必要なさまざまな知識を習得することができます。例えば、データベースの基礎やSQLの基礎などです。もし、AccessVBAベーシックを取得できれば、基本的なデータベース操作ができるようになるので、データベースの知識を習得できることに魅力を感じられる人は少なくないでしょう。

VBAの基本知識を習得できる

そのほかのメリットとしては、VBAの基礎知識をマスターできる点です。AccessVBAベーシック試験にはVBAを使った演算や変数、配列に関する問題も出題されます。AccessVBAベーシック試験に合格すれば、このようなVBAの基礎知識を身に付けることができるので、VBAを学びたい人や使えるプログラミング言語を増やしたい人にもメリットのある試験です。

業務や作業効率の向上を期待

普段の業務でAccessVBAを使う機会が多い人が取得を目指せば、業務や作業の効率化を期待できます。AccessVBAベーシック試験の勉強をすれば、AccessVBAに関する知識を高められます。知識を習得できれば、AccessVBAを使う上でわからないことに遭遇する回数が減るので、スムーズに業務を行えるようになります。そのため、普段の業務でAccessVBAを使う人にはメリットがある試験と言えるでしょう。

気になる転職時における評価は?

AccessVBAベーシック取得のメリットがわかったところで、さっそくAccessVBAベーシックの転職時の評価を解説していきます。

転職時に実力をアピールできる

もし、転職希望者がAccessVBAベーシックを取得すれば、転職活動時に自分のスキルをアピールすることができます。そのため、企業の中には転職時にスキルを評価してくれるところも少なくないでしょう。

実際、VBAはさまざまなシステム開発で使われているプログラミング言語です。そのため、VBAは需要の高いプログラミング言語と言えるでしょう。実際に企業の中には、VBAができる転職希望者を雇用して企業力を高めたいところもあります。AccessVBAベーシック試験合格者がそのような企業に転職活動をすれば、転職を有利に進められる可能性があるでしょう。

資格があるという点を転職時に評価

転職時、資格がない人よりも資格がある方のほうが企業から高く評価される傾向があります。なぜなら、資格は誰でも取得できるものではないからです。AccessVBAベーシック試験に合格するためには、参考書や問題集を使って勉強する必要があります。また、講座を受講する人もいるでしょう。

つまり、合格には努力が必要なので、転職時にその努力を評価してくれる企業も少なくありません。そのため、AccessVBAベーシック試験合格者は転職活動が有利になる可能性があるでしょう。

転職時スキルに対して高評価を得たいならスタンダードの取得を検討しよう

転職時、企業からさらに高い評価を得たい転職希望者は、スタンダードの受験を検討してみてはいかがでしょうか。AccessVBAベーシックは基礎力を試す試験なので、AccessVBAベーシックに合格しただけでは、転職時にスキルに関して企業から高い評価を得ることは難しいでしょう。一方、スタンダードはAccessVBA試験の中で難易度がもっとも高いので、合格すれば高い技術力を転職時にアピールすることができます。そのため、スタンダードに合格すれば、AccessVBAベーシック合格者よりも転職を有利に進められるので、転職を成功させたい人はスタンダードの取得をおすすめします。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

AccessVBAベーシックを取得後、転職活動をして企業に勤める人もいます。しかし、自分のペースで働きたいと思われる方の中には、転職ではなくフリーランスに転身する人も少なくありません。実際に、AccessVBAベーシック試験に合格したら、転職ではなくフリーランスへの転身を検討している方もいるのではないでしょうか。

もし、フリーランスに転身するなら、PROsheetLancersTopの利用をおすすめします。フリーランスは自分のペースで働けるという利点があります。しかしその反面、自分で仕事を獲得し続ける必要があります。実際にフリーランスへの転身を検討している人の中には、お仕事を探すという点で不安を抱えている人も少なくないでしょう。

PROsheetLancersTopを利用すれば、お仕事を紹介してもらうことができるので、フリーランスとしても安定してお仕事に取り組みやすくなります。そのため、PROsheetLancersTopを利用すれば、お仕事獲得への不安を少なくすることができるでしょう。

まとめ

AccessVBAベーシック試験に合格すれば、転職時にある程度の評価を企業から得られます。そのため、転職活動を有利に進めたいと思われる人は、AccessVBAベーシック取得をおすすめします。