気になる!転職時におけるHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

業務システム開発やエンタープライズ向けのアプリケーション開発を行う企業への転職を考えている人の中には、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の受験を検討している方も少なくないでしょう。転職を希望する人が気になることとして、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の転職時の評価を挙げることができます。そこで、今回HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1を取得している転職希望者は、転職活動をする際に企業からどのぐらい評価されるのか解説しますので、転職時の評価が気になる人はチェックして下さい。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1とは?

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1とは、LPI-Japanが主催し、主にHTML5やCSSを使ってマルチデバイス対応のWEBコンテンツを制作できるかが試されます。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の出題形式はキーボード入力を含むCBT方式です。出題数は約60問で、試験時間は90分となっています。受験を受けるためには、受験料15.000円(税別)を準備する必要があります。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の難易度

転職時の評価だけでなく、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の難易度が気になる転職希望者も少なくないでしょう。転職時の評価をご説明する前に、ここでは具体的に難易度について解説していきます。

民間資格の中でも取得難易度は高い

WEB開発スキルを試す民間資格はHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1だけでなく、Web検定やWebクリエイター能力認定試験、ウェブデザイン技能検定などがあります。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1はこれらの資格と比較しても、難易度が高いほうであると言われています。そのため、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1は簡単に取得できる資格ではないでしょう。

最新テクノロジの問題を積極的に取り入れている

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1は最新テクノロジを問題の中に積極的に取り入れています。つまり、合格にはトレンド技術が必要になります。そのため、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1を取得するためには、最前線の現場で使われる技術力が要求されることになるでしょう。

キーボード入力で解答する問題も含まれる

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の出題方式はCBT方式ですが、問題の中にはキーボード入力方式を採用したものも含まれます。キーボード入力方式はCBT方式よりも解答しづらいので、キーボード入力方式が含まれる点も取得難易度を高めている理由のひとつです。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1を取得するメリット

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格すれば、もちろんメリットを獲得することができます。ここでは、どのようなメリットを獲得できるのかご紹介していきます。

学んだ知識を実務で活かすことができる

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1合格に必要な知識は、基礎力として実務の中で活かすことができます。基礎力があれば、会社の業務に早く慣れることができたり、応用力をスムーズに習得できたりするので、メリットを感じる方もいるのではないでしょうか。

キャリアアップに活かすことができる

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格できれば、WEB開発スキルを身に付けることができます。企業の中にはそのスキルを評価してくれるところもあるので、キャリアアップに活かすこともできるでしょう。

フリーランスが取得すれば受注率をアップさせられる!

フリーランスがHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格すれば、どのぐらいの技術力があるのかクライアントへ客観的に示すことができます。一定の技術力があるフリーランスであることをクライアントに理解してもらうことができれば、プロジェクトに参加させてもらえる可能性が高くなるので、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1を取得すれば受注率をアップさせられるでしょう。

気になる転職時における評価は?

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1取得のメリットなどを把握できたところで、さっそく転職時の評価を解説します。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1を取得している転職希望者は、転職活動時に企業からある程度の評価を得ることができるでしょう。

HTML5の需要が高いので転職時に評価を得られる

転職時に評価される理由は、HTML5の需要の高さにあります。HTML5は現在、さまざまな分野で使われています。例えば、一般的なWEBサイトだけでなく、WEBバーチャルリアリティやハイブリッドWEBゲーム開発などにもHTML5は使われます。

このように、需要が高いので企業の中にはHTML5を使いこなせられる転職希望者を積極的に雇用したと考えるところはたくさんあります。そのため、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格した転職希望者は転職を有利に進められる可能性があるでしょう。

転職時にWEB開発の意欲に評価

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1を取得している転職希望者は、WEB開発に関して意欲がある人材と言えます。そのため、転職活動をする際に企業からWEB開発への意欲を評価してもらえる可能性があるでしょう。意欲がある転職希望者は採用後、進んでWEB開発の技術力を身に付けてくれる可能性があるので、企業側にもメリットがあります。そのため、合格すれば転職を有利に進められる人もいるでしょう。

転職時の評価を高めたいならレベル2に挑戦しよう

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1はHTMLやCSSなどを使ったWEBコンテンツ制作技術の基礎力を試すための試験です。そのため、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格しただけでは、転職時にWEB開発スキルに関して高く評価してくれる企業は少ないでしょう。

さらに、転職時高い評価を得たいなら、レベル2の受験を検討してみてはいかがでしょうか。レベル2はHTML5プロフェッショナル認定試験の中でもっとも難易度が高く、合格には高いWEB開発スキルが要求されます。合格できれば、高い技術力を転職時に証明することができるので、さらに転職を有利に進められるでしょう。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格して転職という道を選択する人もいるでしょう。しかし、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1合格者の中には、転職ではなくフリーランスという道を選びたいと思われる方もいるのではないでしょうか。

もし、転職ではなくフリーランスに転身したいなら、PROsheetLancersTopの利用をおすすめします。PROsheetLancersTopには、WEB開発案件など、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1合格者が受注できるお仕事が数多く紹介されています。利用すればお仕事をスムーズに獲得できる可能性があるので、フリーランスとして活躍していきたい人の中にはPROsheetLancersTopを活用することにメリットを感じられる人もいるのではないでしょうか。

まとめ

WEB開発企業への転職を検討している人にとって、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1取得はメリットがあると言えるでしょう。さっそく学習環境を整えて、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の対策をスタートさせてみてはいかがでしょうか。