【ユーザー取材】人工知能の未来を作る 佐藤健さん

佐藤健さん

「好きで活きて得意で稼ぐ」PROsheetブログ。担当の田口です。

久々のユーザー取材は、今年2月から稼働したばかりのエンジニア佐藤健さんのインタビューをお届けします。
これまでの取材で一番PROsheet歴(?)が短いユーザーさんです。

大学卒業後3年でITベンチャーの取締役に

コンピューターを使い始めたのが9歳の時で、その頃は開発とかはやってなかったんですけど、
中学生になって本格的に使い始めて、コンピューターをもっと勉強したいという気持ちが強くなって、情報系の高校に進んだんですが、そこでCOBOLを授業で毎日プログラミングをして、大学もそのまま情報系に進みました。

佐藤健さん

※ご本人の都合により顔を伏せております。ご了承ください。

学生時代は、サポートのお仕事をしていたのですが、就職もそのまま大学の時からいたITベンチャーに入りまして、そこで3年目に取締役になって、5年半で辞めました。

取締役になる前、当初は現場にいってエンジニアとして仕事をしていました。
そこでどういう現場なのか、どういう事を求められているのかということを体験して、こういう提案出来そうとか、もっと価値を提供出来そうとか、ご相談頂いたり、リアクションを見て、そうやってお客さんとのリレーションを作って次のお仕事を頂いたりしていましたね。

転職を経て医療系の学校へ

その会社を辞めたのがリーマンショック前で、2008年の8月なんですけど、当時は景気も良かったこともあって転職を考えたんですね。そしたら辞めた途端にリーマンショックになって、じゃあ今後どういう方向に向かっていこうかと考えたときにいろんな会社さんの話を聞かせて貰って〜例えばウノウさんとかチームラボさんとか楽天さんとか〜それでネットイヤーグループで仕事をすることになりました。

ネットイヤーグループでは新しい部署に配属されまして、メインの事業とは切り離した新規事業で研究開発をするという部署でして、そこでは主に新しいWEBサービスを作る、検索エンジンを作ったり、ソーシャルメディアを使ったサービスを作ったりしていました。

少人数のチームだったので、企画から設定、実装・納品まで全てやってました。
大変でした。その上に儲からないし(苦笑)

知性の泉

佐藤さんが影響を受けたサイト「知性の泉」。96年くらいからあるサイトなんですが、高校生くらいの頃からずーっとこのサイトを見てました。10年後コンピューターってこういう事が出来るんだって思ってたんですが、当時から何も変わってないですね(笑)

ちょうど3年やりまして、2012年の3月までやった後、まるまる時間が出来たものですから、シリコンバレーにいってちょこちょこ遊んできて、帰国後、医学系の学校に通ったんです。

医療通訳を勉強して。医学の知識がなかったものですから、医療と英語の勉強出来るって思ってそれを半年続けて、去年の5月に卒業して、去年の8月に今の会社を作ったんです。

医療の勉強は、自分のコンピューターをやっている目的の一つに「AI(人工知能)を作る」というのがあって、コンピューターの知識はあるんですけども、対人間寄りな部分「脳科学」とか「医学」「生化学」という医学的な前提知識を勉強したかったんです。

PROsheetを知ったキッカケはFacebook広告

今年2月から週2〜3日、月10日ペースで稼働しているんですけども、
WEBマーケティングの会社で働いていまして、インバウンドマーケティングでWEB上で集客をするコンサルティングですとか、そのノウハウをコンテンツとして販売したいなというのがありまして、オンラインスクール的なモノを作っています。

現在のFacebookページ

現在のFacebookページ

PROsheetの話を初めて聞いたのが、今の会社の共同創業者でこういうのがあるよっていう紹介を受けて、話を聞きにいったんですよね。それは彼がFacebookの広告を見て、彼とはFacebookでやりとりしているので、それを紹介してもらって。
そのFacebook広告を拝見した時にそのFacebook広告がすごく良く出来ていて。キャッチーな言葉ですごく刺さる。「会社立ち上げたばかり」とか「エンジニアが独立する〜」とか。それはすごいいいクリエイティブだなと興味を持って話を聞きにいった。そこに書いてあったのが、「週2日〜30万から働ける」っていうコピーだったんですけど、すごく価値を感じました。

将来的には「人工知能」財団と研究所を創りたい

働いている時以外の空いた時間は、個人的に人工知能の勉強会をやっていて、その準備をしたりしてます。
結構人は集まってきて、じゃあ実際作り始めましょうか、という段階になっています。
ただ、すごくアカデミックな人達が多いのでかなり厳しいですけど(笑)

将来的には「人工知能」財団と研究所を創りたい。
30歳のときにそれを決めて、40歳までに成し遂げようと思っていて、あと7年あるんで大丈夫かなと思っています(笑)

佐藤健さん

座右の名は、
「意思あるところに道あり」
私が信じているものです。
他の人から見たら、ある種なんの脈絡がないように思えることも、私にとっては、自分の意思で選んでやっているんですよね。

以上、佐藤さんのインタビューをお届けしました。ご協力ありがとうございました。
掲載していないところですが、佐藤さんには人工知能の現状についていろいろ教えて頂いて面白かったです・・・勉強になりました!

「好きで活きて得意で稼ぐ」を支える。週2回の開発・デザインディレクションお仕事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です