HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1にオススメの参考書はコレ!

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

普段からHTML5を使っているエンジニアの中には、持っている実力を客観的に証明するために、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の受験を検討している方もいるのではないでしょうか。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1はHTML5の技術力を試す試験であり、合格すれば実力を証明できます。

もちろん、合格するためには勉強が必要になるでしょう。勉強する際には参考書を活用するという方もいるのではないでしょうか。今回、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1におすすめの参考書をご紹介しますので、自分に合った参考書を探している人はチェックして下さい。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の特徴

受験生の中には、まだHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1について詳しく把握していない人もいるでしょう。ここでは、参考書をご紹介する前に、まずはHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の特徴を解説していきます。

試験実施方式に特徴がある

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の特徴のひとつに試験実施方式を挙げることができます。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の試験実施方式には、CBT方式が採用されています。CBT方式はマウスで選択肢を選んで解答する方式です。

しかし、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1はすべての問題がCBT方式で出題されるわけではありません。問題の中にはキーボードで入力して解答しなければならないものもあります。CBT方式だけでなく、キーボード入力方式も含まれるという点は特徴と言えるのではないでしょうか。

認定の優位性の期限がある

認定期間に限りがあるという点も特徴のひとつです。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1には認定の優位性の期限があります。その期限は5年です。認定の優位性を維持するためには、優位性の期限以内に同一の資格もしくはHTML5プロフェッショナル認定試験レベル2を取得する必要があります。

出題範囲が広い

そのほかの特徴として、出題範囲の広さを挙げることができます。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1では、WEB制作に関するさまざまな知識が試されます。例えば、WEBの基礎知識やCSS、レスポンシブデザインなどです。WEBに関する多くのスキルが試されるので、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の特徴と言えるでしょう。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格するために必要な勉強時間の目安

受験生の中には、参考書や問題集を使ってどのぐらい勉強すれば合格できるのか気になる方もいるのではないでしょうか。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1合格に必要な勉強時間の目安は約120時間程度となります。1日2時間の勉強時間を確保できる受験生なら、約2ヶ月程度で合格に必要な知識を習得することができるでしょう。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1合格に役立つ参考書&問題集

それでは、さっそくHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1合格に役立つ参考書と問題集をピックアップします。自分に適した参考書を選んで、勉強を開始してみてはいかがでしょうか。

HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集 Ver2.0対応版 (Mynavi Examination Library)

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1におすすめの参考書として本書を挙げることができます。本書はテキストと問題集が1冊にまとめられた参考書です。1冊で参考書を使った対策と問題集を活用した勉強ができるので、メリットを感じる受験生もいるのではないでしょうか。

参考書の中には講義だけでなく、試験で注意するポイントや補足説明なども収録されています。また、重要度をふまえて内容を掲載してくれるので、効率的に勉強ができる参考書となっています。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1攻略テキスト

本書も受験勉強におすすめできる参考書です。コード例などを用いて参考書の中で解説してくれます。また、参考書でありながら模擬問題なども解くことができるので、知識のアウトプットもできる参考書となっています。

HTML教科書 HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 スピードマスター問題集 Ver2.0対応

参考書だけでなく、問題集も購入したいなら本書がおすすめです。問題を解いた後、すぐに解説を読むことができるように工夫されており、テンポのいい学習を実現できます。また、解説もわかりやすくなっているので、本書を購入して問題集に取り組めば、効率的に対策をすることができるでしょう。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1はこんな人にオススメ!

ここでは、参考書を購入してHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1を受験したほうがいい人をピックアップします。自分が当てはまるのなら、ぜひ参考書を購入して対策をスタートさせて下さい。

WEBに携わるお仕事をしたい人

将来、WEBに携わるお仕事をしていきたい人は、参考書で対策をしてHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1取得を目指してみてはいかがでしょうか。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格すれば、WEB制作で必要な知識を身に付けることができます。もし、WEB制作に携わるお仕事をしたい人が取得すれば、身に付けた知識を実際の業務で活かせられるので取得しておいて損はない資格と言えるでしょう。

WEB制作の基礎力を証明したい人

WEB制作の基礎力を証明したい人は、参考書を使って対策をしてHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1合格を目指してみてはいかがでしょうか。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1は高度な知識やスキルは要求されませんが、合格すれば基礎知識は証明できます。そのため、WEB制作の基礎力があることを証明したい人にはメリットを感じられる資格と言えるでしょう。

受注できるお仕事を増やしたいフリーランス

受注数を増やしたいフリーランスはHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1対策ができる参考書を購入して勉強をスタートさせましょう。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格すれば、WEB制作の基本スキルを証明できるので、WEB制作関連のお仕事が受注しやすくなります。そのため、受注数を伸ばしたいフリーランスは取得して損はないでしょう。

レベル1に合格したら、次はレベル2を目指そう!

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格することができたら、次はレベル2対策ができる参考書を購入して合格を目指してみてはいかがでしょうか。レベル2に合格すれば、WEB制作に関する高度な知識を証明することができます。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1合格者よりもスキルを高く評価してもらえるので、キャリアアップなどに活かしやすくメリットを感じる人も多くいるでしょう。レベル2合格にメリットがあると思う方は、さっそくレベル2対策ができる参考書を購入して、対策をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

参考書を購入して無事、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格できたら、そのスキルをお仕事の中で腕試ししてみてはいかがでしょうか。腕試しをする際には、PROsheetLancersTopの利用をおすすめします。

PROsheetLancersTopはフリーランス向けの案件紹介サイトとして知られています。紹介されている案件の中には、WEB制作に関するものもあります。WEB関連のお仕事に応募して受注することができれば、WEB制作技術の腕試しをすることができるでしょう。

まとめ

ご紹介したように、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1対策ができる参考書は複数冊あります。参考書によって収録されている内容が変化しますので、自分に合っていない参考書を選択すると、勉強の効率が低下する恐れがあります。そのため、参考書を選ぶ時は、できるだけ参考書の中身を確認して自分に合った参考書を購入するようにしましょう。