計画的な対策を!日商PC検定プレゼン資料作成1級対策のススメ

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

日商PC検定プレゼン資料作成1級に合格するためには、計画的な対策は必要不可欠です。しかし、日商PC検定プレゼン資料作成1級試験の受験を検討している方の中には、どのように対策をすればいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。今回は、日商PC検定プレゼン資料作成1級試験におすすめの対策方法をご紹介しますので、計画的に対策したい人はチェックして下さい。

日商PC検定プレゼン資料作成1級試験とは?

日商PC検定プレゼン資料作成1級試験とは、与えられた情報を整理したり分析したりして、必要に応じて情報を収集しながら、説得力のあるプレゼン資料を作れるのかを試すための試験です。日商PC検定プレゼン資料作成1級は日本商工会議所が主催し、毎年10月の第1日曜日と2月の第3日曜日に実施されています。

日商PC検定プレゼン資料作成1級試験には知識科目と実技科目があります。知識科目は論述式、実技科目は実技形式で行われます。日商PC検定プレゼン資料作成1級に合格するためには、各試験科目で得点率70%以上を獲得する必要があります。

受験料

日商PC検定プレゼン資料作成1級の受験料は10,290円(税込)です。

試験時間

知識科目の試験時間は30分、実技科目は60分です。知識科目と実技科目は区切って実施されるわけではないので、試験時間の配分は受験生が自分で決める必要があります。そのため、試験時間はあくまでも目安です。

合格率

日商PC検定プレゼン資料作成1級の平均合格率は約30%前後です。

日商PC検定プレゼン資料作成1級試験受験におすすめの対策方法

日商PC検定プレゼン資料作成1級におすすめの対策方法を試験科目別に解説します。

知識科目は公式テキストと問題集で対策しよう

日商PC検定プレゼン資料作成1級の知識科目におすすめの対策方法は、公式テキストと問題集を使って対策をすることです。しかし、日商PC検定プレゼン資料作成1級対策用の公式教材はありませんので、基本的には2・3級の対策用教材で対策することをおすすめします。

日商PC検定プレゼン資料作成1級の知識科目は、2・3級以上の高度なスキルが求められることはありません。そのため、2・3級合格に求められる知識があれば、十分に得点率70%以上を獲得することができるでしょう。

しかし、日商PC検定プレゼン資料作成1級は論述式になるため、わかりやすく説明できるようにしておく必要があります。そのため、試験形式の対策は行っておくようにしましょう。

実技科目はサンプル問題で対策しよう

実技科目はサンプル問題を使って対策することをおすすめします。サンプル問題で対策すれば、日商PC検定プレゼン資料作成1級の実技科目の問題の難易度を知ることができます。また、試験形式にも慣れることができるので、サンプル問題を活用すれば効率的に対策をすることができます。

日商PC検定プレゼン資料作成1級のサンプル問題を解けば、わからない点や間違えた部分も出てくるでしょう。そのような箇所は、サンプル問題の解説を読んだり、2・3級用の対策教材を見返したりして、理解できるまで繰り返し読むことをおすすめします。

日商PC検定プレゼン資料作成1級合格までの勉強時間の目安

これから日商PC検定プレゼン資料作成1級対策をスタートさせる人の中には、どのぐらい勉強すれば合格できるのか知りたい方も少なくないでしょう。合格に必要な勉強時間の目安は、約1ヶ月程度と言われています。そのため、日商PC検定プレゼン資料作成1級を受験する人は、少なくとも1ヶ月程度は対策することをおすすめします。

日商PC検定プレゼン資料作成1級試験の対策におすすめの参考書&問題集

日商PC検定プレゼン資料作成1級対策に参考書や問題集を活用する人も多くいるのではないでしょうか。対策に活用できるおすすめの参考書や問題集をピックアップしますので、まだ準備していない人は参考にして下さい。

ネット社会のデジタル仕事術

知識科目の共通分野対策ができる参考書です。公式テキストとなっており、日商PCのホームページから無料で入手することができます。解説だけでなく、演習問題も収録されているので、日商PC検定プレゼン資料作成1級対策をする必要があるすべての受験生におすすめできる公式テキストです。

日商PC検定試験 プレゼン資料作成 2級 公式テキスト&問題集

基本的に日商PC検定プレゼン資料作成1級対策には本書を活用することになるでしょう。本書は2級対策用の教材であり、本書で対策をすれば日商PC検定プレゼン資料作成1級合格に必要な知識を身に付けられます。講義だけでなく、問題集も収録されているので、しっかりと知識を習得できているか確認することもできるでしょう。

日商PC検定試験 プレゼン資料作成 3級 公式テキスト&問題集

基礎知識を1から学んで、日商PC検定プレゼン資料作成1級試験に備えたいという人は3級対策用教材を使うことをおすすめします。3級対策用の教材であれば、基本操作や機能を1から学び直すことができます。また、日商PC検定プレゼン資料作成1級の知識科目は3級の対策用教材からも問題が出題されるので、見直しておいて損はないでしょう。

日商PC検定プレゼン資料作成1級のサンプル問題

日商PC検定プレゼン資料作成1級の実技科目はサンプル問題で対策をすることになるでしょう。サンプル問題は日商PCの公式ホームページから無料で公開されているので、活用することをおすすめします。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

日商PC検定プレゼン資料作成1級は比較的難易度の高い試験です。そのため、合格することができたら、自分のスキルに自信が持てるようになり、プレゼン資料作成技術の腕試しをしたいと思われる方もいるのではないでしょうか。腕試しをする際には、PROsheetLancersTopの利用をおすすめします。

PROsheetLancersTopはフリーランスに案件を紹介するサービスを実施しており、案件の中には、プレゼン資料作成技術が必要なものもあります。そのような案件に取り組むことができれば、お仕事の中で腕試しをすることができるでしょう。

まとめ

日商PC検定プレゼン資料作成1級の合格を勝ち取るためには、計画的に対策をする必要があります。まずは、勉強スケジュールを立てて、そのスケジュールに沿って対策をスタートさせてみてはいかがでしょうか。