気になる!転職時における日商PC検定文書作成1級の評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

資格の種類によって転職活動を有利に進められるかどうかが変わります。そのため、日商PC検定文書作成1級の受験を検討している方の中には、日商PC検定文書作成1級を取得すれば転職を有利に進められるか知っておきたいという人もいるのではないでしょうか。今回は、日商PC検定文書作成1級を取得すれば転職活動をする際、企業からどのぐらい評価を得られるのか解説しますので、転職をする予定のある人はチェックして下さい。

日商PC検定文書作成1級試験とは?

日商PC検定文書作成1級試験とは、日本商工会議所が主催し、収集した情報から適切で説得力のあるビジネス文書を作成できるかが試される試験です。日商PC検定文書作成1級には試験科目が2つあります。その試験科目とは、知識科目と実技科目です。日商PC検定文書作成1級に合格するためには、両方の試験科目で得点率70%以上を獲得する必要があります。

日商PC検定文書作成1級試験は10月の第1日曜日と2月の第3日曜日の年2回実施されます。申し込みをする際には、受験料10,290円が必要です。日商PC公式ホームページから受験の申込みができますので、まだ申し込みをしていない人はアクセスしてみてはいかがでしょうか。

日商PC検定文書作成1級試験の難易度

日商PC検定文書作成1級を取得して転職活動をしようと考えている方の中には、日商PC検定文書作成1級試験の難易度が気になる方も少なくないでしょう。結論を先に申し上げれば、日商PC検定文書作成1級の難易度は難しいと言えるでしょう。ここでは、なぜ難しいと言えるのか具体的に解説していきます。

合格率が低いから

日商PC検定文書作成1級試験の合格率は低く、その点から難易度が高いと言えます。日商PC検定文書作成1級の平均合格率は約30%前後となっています。約7割近くの受験生が不合格になるので、日商PC検定文書作成1級は難しい試験です。

知識科目が論述式だから

日商PC検定文書作成1級の知識科目は論述式です。論述式は記述して解答しなければなりませんので、択一式よりも難易度が高くなります。そのため、日商PC検定文書作成1級は難易度が高い試験と言えるでしょう。

偏差値もやや高め

日商PC検定文書作成1級の偏差値は54です。偏差値が50を上回る試験は簡単には合格できないと言えるので、日商PC検定文書作成1級の難易度は高いでしょう。

日商PC検定文書作成1級を取得するメリット

難易度だけでなく、日商PC検定文書作成1級を取得すればどのようなメリットを獲得できるのか知っておきたい転職希望者もいるのではないでしょうか。ここでは、転職希望者に限らず、日商PC検定文書作成1級を取得して得られるメリットを解説します。

ビジネス文書作成の高い技術力が証明される

日商PC検定文書作成1級は日商PC検定文書作成試験の中でもっとも難易度が高く、合格するためには、高度なビジネス文書作成スキルが試されます。そのため、合格すればビジネス文書作成の高い技術力を証明することができるでしょう。

ITに関する技術力も身に付けられる

日商PC検定文書作成1級で試される技術力はビジネス文書作成スキルだけではありません。データベース化に関する内容なども試験範囲に含まれます。そのため、ITに関する知識も身に付けられるという点はメリットと言えるでしょう。

取得難易度の高い公的資格を取得できる

日商PC検定文書作成1級は民間の団体が主催する試験ではありません。そのため、公的資格に分類されます。公的資格は企業などの団体から高い評価を得られる可能性が高くなるので、公的資格を得られる点にメリットを感じる方も少なくないでしょう。

気になる転職時における評価は?

日商PC検定文書作成1級を取得している転職希望者は、転職時に企業から高い評価を得られる可能性が高くなります。ここでは、なぜ転職時に高い評価を得られるのか解説します。

企業の人材ニーズを踏まえた試験

日商PC検定文書作成1級は日本商工会議所に所属する125 万社の人材ニーズに合わせて試験が作られています。そのため、日商PC検定文書作成1級を取得できた転職希望者は、企業が採用したい人材に近くなります。そのため、転職希望者が取得すれば、転職を有利に進められる可能性があるでしょう。

転職時高い技術力を評価してもらえる

日商PC検定文書作成1級は難易度が高く、合格するためには高い技術力が必要です。そのため、転職活動時に取得していれば、高い技術力を企業に示すことができます。

企業側にも高い技術力がある転職希望者の採用にはメリットがあります。例えば、技術力の転職希望者を採用することで、教育費や教育にかかる負担の削減、即戦力の確保などのメリットを獲得できます。技術力のある転職希望者の採用は企業側にもメリットがあるので、日商PC検定文書作成1級を取得すれば、転職を有利に進められる可能性があるでしょう。

転職時努力に一定の評価

転職をする際、合格に必要な努力に対して企業から評価を得られる可能性があります。難易度が難しく、すべての転職希望者が簡単に合格できる試験ではありません。合格するためには、参考書を読んだり問題集を解いたりして努力をする必要があるでしょう。努力ができる転職希望者を獲得したいと考える企業もいるので、取得すれば転職を有利に進められる可能性があります。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

日商PC検定文書作成1級に合格して転職をする人もいますが、合格者の中には転職ではなく、フリーランスになることを検討している方もいるのではないでしょうか。フリーランスとしてお仕事をすることができるようになれば、転職をする人よりも高い年収を獲得したり、自由な働き方ができたりするなどのメリットを得られる可能性があります。

転職ではなく、フリーランスへの転身を検討している人は、PROsheetLancersTopの利用をおすすめします。転職者とは異なり、フリーランスは自分でお仕事を探す必要があります。そのため、営業活動に負担を感じる人も少なくないでしょう。もしPROsheetLancersTopを利用すれば、お仕事を紹介してくれるので、営業の負担を削減することができます。そのため、営業活動の負担を減らしたい人は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

日商PC検定文書作成1級に合格した転職希望者は転職を有利に進められる可能性があります。しかし、日商PC検定文書作成1級を取得しただけで、転職活動がとてもスムーズになるということはありません。日商PC検定文書作成1級は転職の成功を約束してくれる資格ではありませんので、過度な期待は控えるようにしましょう。