日商PC検定プレゼン資料作成3級試験にオススメの参考書をご紹介!

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

日商PC検定プレゼン資料作成3級は基本的に参考書や問題集を使って対策をすることになります。そのため、日商PC検定プレゼン資料作成3級対策ができる参考書や問題集を探している人もいるのではないでしょうか。今回は、日商PC検定プレゼン資料作成3級試験対策におすすめの参考書と問題集をピックアップしますので、まだ参考書などの教材の用意ができていない方はチェックして下さい。

日商PC検定プレゼン資料作成3級試験の特徴

日商PC検定プレゼン資料作成3級の参考書をご紹介する前に、先に日商PC検定プレゼン資料作成3級の特徴をご説明します。

2つの試験科目がある

日商PC検定プレゼン資料作成3級の特徴は、日商PC検定プレゼン資料作成3級には知識科目と実技科目の2つの試験科目があるという点です。そのため、多くの受験生は知識科目と実技科目の2つで合格得点を獲得しなければなりません。

ちなみに、日商PC検定プレゼン資料作成3級の知識科目は択一式で実技科目は実技形式で試験が実施されます。日商PC検定プレゼン資料作成3級に合格するためには、両方の試験科目それぞれで70%以上得点する必要があります。

プレゼン資料作成以外の内容も出題

日商PC検定プレゼン資料作成3級では、プレゼン資料作成に関する内容が中心に出題されますが、ハードウェアやソフトウェア、ネットワークに関する基礎知識も出題範囲に含まれます。そのため、プレゼン資料作成に関することだけが出題範囲ではないという点は日商PC検定プレゼン資料作成3級の特徴と言えるでしょう。

知識科目には免除制度がある

そのほかの日商PC検定プレゼン資料作成3級の特徴として、免除制度を挙げることができます。日商PC検定プレゼン資料作成3級には免除制度があり、免除制度対象者に含まれれば、知識科目が免除されます。対象者は実技科目だけ受験すればいいので、日商PC検定プレゼン資料作成3級の受験を有利に進めることができるでしょう。

日商PC検定プレゼン資料作成3級試験に合格するために必要な勉強時間の目安

参考書を探している人の中には、日商PC検定プレゼン資料作成3級合格までにかかる勉強時間の目安を知っておきたい方もいるでしょう。日商PC検定プレゼン資料作成3級合格に必要な勉強時間の目安は約42時間程度 です。そのため、最低でも42時間以上は参考書や問題集を使って勉強することをおすすめします。

日商PC検定プレゼン資料作成3級試験合格に役立つ参考書&問題集

日商PC検定プレゼン資料作成3級の勉強に活用できる参考書や問題集はいくつかあります。おすすめの参考書と問題集をピックアップしますので、まだ参考書や問題集の準備ができていない人は購入してみてはいかがでしょうか。

日商PC検定試験 プレゼン資料作成 3級 公式テキスト&問題集Microsoft PowerPoint 2013対応

本書は、日商PC検定プレゼン資料作成3級を主催する日本商工会議所が執筆している公式の参考書です。そのため、多くの受験生に選ばれる参考書となっています。

本書は万全な試験対策ができるように、知識科目と実技科目の両方の対策ができる参考書です。そのため、参考書1冊で合格に必要な知識を習得することができるでしょう。

また、本書はテキストだけでなく、問題も収録されている参考書です。参考書に収録されている問題は本試験と同じレベルの問題なので、実際に解くことで本試験の問題の難易度も知ることができるでしょう。ちなみに、参考書に掲載されている問題数は3回分となっており、収録されている問題数も多くなっています。

本書は、学習しやすいように解答と解説を参考書から切り離せるようになっています。別冊で提供してくれるので、参考書に収録されている問題を見ながら解答を見たり解説を読んだりして学習ができるでしょう。

日商PC検定試験 プレゼン資料作成 3級 公式テキスト&問題集 Microsoft Office PowerPoint2007/2010対応

本書はPowerPoint2007と2010に対応した参考書です。そのため、パソコンにインストールされているバージョンが2007もしくは2010の人は本書を購入するか、パソコンにインストールされているPowerPointのバージョンアップをして、バージョン2013に対応した参考書を購入するようにしましょう。

日商PC検定試験 文書作成・データ活用・プレゼン資料作成 3級 知識科目 公式問題集

参考書だけでなく、知識科目対策ができる問題集を購入してみてはいかがでしょうか。知識科目対策ができる問題集は本書がおすすめです。厳選された問題が250問も収録されています。また、丁寧に解説してくれるので、知識科目を受験する必要があるすべての人におすすめできる問題集です。

日商PC検定プレゼン資料作成3級はこんな人にオススメ!

日商PC検定プレゼン資料作成3級の難易度は低いですが、勉強せずに合格できる試験ではありません。そのため、参考書を購入して受験しようか迷っている方もいるでしょう。ここでは、日商PC検定プレゼン資料作成3級の受験をおすすめしたい人をピックアップします。もし、当てはまるなら、参考書を購入して対策することをおすすめします。

PowerPointの基礎知識を学びたい人

PowerPointの基礎知識を学びたい人は、参考書を購入して日商PC検定プレゼン資料作成3級の受験勉強をスタートさせてみてはいかがでしょうか。日商PC検定プレゼン資料作成3級は、PowerPointを用いたプレゼン資料作成の基礎問題が中心に出題されます。つまり、参考書などを使い対策をすれば、自然と基礎知識を習得できます。PowerPointの基礎を学びたい人には適した試験と言えるので、基礎知識を習得したい人は受験をおすすめします。

就職したい人

現在、プレゼン資料を作成する時など、PowerPointは数多くの企業で使われています。そのため、PowerPointの知識があれば、ビジネスの中で活用できる場面はたくさんあるでしょう。

ビジネスの中で使える技術なので、就職活動をする際、企業から一定の評価を得られる可能性があります。そのため、就職をしたい人は参考書を購入してさっそく勉強をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

技術証明をしたい人

日商PC検定プレゼン資料作成3級を取得すれば、基礎技術があることを証明できます。そのため、技術力を証明したい人は参考書を購入して対策することをおすすめします。

3級に合格したら、次は2級を目指そう!

参考書や問題集で勉強し、日商PC検定プレゼン資料作成3級に合格することができたら、次は2級対策ができる参考書を購入して受験勉強をスタートさせてみてはいかがでしょうか。2級対策ができる参考書で学べば、さらにスキルレベルの高い技術を習得できます。そして、もし、参考書で勉強して2級に合格すれば、日商PC検定プレゼン資料作成3級よりも高い知識レベルを証明できるので、就職活動などで資格を活かすことができます。そのため、メリットを感じられる日商PC検定プレゼン資料作成3級合格者もいるのではないでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

日商PC検定プレゼン資料作成3級に合格できたら、PROsheetLancersTopを利用して技術力の腕試しをしてみてはいかがでしょうか。PROsheetLancersTopはフリーランス向けの案件を紹介するサイトです。紹介されている案件の中には日商PC検定プレゼン資料作成3級対策用の参考書から学んだ知識を活かせられるものもあるので、お仕事を受注することができれば、腕試しをすることができるでしょう。

もちろん、お仕事をすることになるので、報酬も獲得できます。安定してお仕事が受注できるようになれば、フリーランスとしても活躍していけるようになるので、魅力を感じる日商PC検定プレゼン資料作成3級合格者もいるのではないでしょうか。

まとめ

日商PC検定プレゼン資料作成3級の参考書はいくつか種類があります。参考書によって勉強効率が変化する可能性があるので、できるだけ参考書の内容を確認してから日商PC検定プレゼン資料作成3級対策ができる参考書を購入することをおすすめします。