日商PC検定プレゼン資料作成2級試験にオススメの参考書をご紹介!

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

日商PC検定プレゼン資料作成試験には3級、2級、1級の3つの試験があり、2級からはそれなりに難易度も高くなるため参考書などを活用し、時間をかけた対策が必要です。実際に日商PC検定プレゼン資料作成2級の勉強をしている多くの方が参考書を活用していますが、種類もそれなりにあるので参考書の選び方で悩んでいる方もいるのではないでしょうか。今回は、日商PC検定プレゼン資料作成2級を受験する方のために、オススメの参考書と問題集の紹介をしていきたいと思います。

日商PC検定プレゼン資料作成2級試験の特徴

そもそも日商PC検定プレゼン資料作成2級はどんな試験なのかというと、PowerPointの技術を活用し、適切で分かりやすいプレゼン資料を作成できるかについて問われる検定となっています。

日商PC検定プレゼン資料作成2級は2つの試験があり、知識科目はプレゼン資料の表現に関する実践的なスキルを身につけている事、実務で必要なハードウェア、ソフトウェア、ネットワークに関する実践的な知識を身につけていることが合格には必要な能力となっています。これらの内容は参考書などを見てしっかりと対策しなければなりません。

実技科目は指示された情報を適切に分析、整理し、目的に応じた適切なプレゼン資料が作成できること、PowerPointの操作方法をしっかりと理解している事、プレゼン資料を目的に応じて分類、保存し、業務で使いやすいファイル体系にできるかなどが合格のために必要な能力となります。日商PC検定プレゼン資料作成2級に合格するためには知識と実技どちらも70%以上の正解率が必要となるため、しっかりと参考書や問題集で対策をしましょう。

日商PC検定プレゼン資料作成2級を受験する際には7,200円の受験料が必要となりますが、受験資格などはないので、技術を身につけたい方なら誰でも受験することが可能です。参考書などを使ってたくさん勉強しなければなりませんが、合格できればメリットも多いので、興味がある方は是非挑戦してみてください。

日商PC検定プレゼン資料作成2級試験に合格するために必要な勉強時間の目安

日商PC検定プレゼン資料作成2級の対策に参考書や問題集を使うことが多いと思いますが、具体的に参考書などのテキストを使った対策にはどのくらいの勉強時間をかければいいのでしょうか。目安について知りたい方が多いと思いますが、できれば参考書などのテキストを使った対策は1か月~2か月程度毎日1時間は続けた方がいいと言われています。特にいきなり日商PC検定プレゼン資料作成2級の対策から始める方は、参考書を使って基礎から学ばなければならないので、それなりに時間をかけた勉強が必要です。また、人それぞれ能力によって勉強時間の目安が変わるので、あくまでも時間は参考程度にしてください。

日商PC検定プレゼン資料作成2級試験合格に役立つ参考書&問題集

日商PC検定プレゼン資料作成2級に合格するためには参考書や問題集を使った対策が必要と言われていますが、具体的にどんなテキストを使って対策すればいいのでしょうか。ここでは日商PC検定プレゼン資料作成2級で活用されることが多い参考書と問題集を紹介したいと思います。

日商PC検定試験(プレゼン資料作成)2級公式テキスト&問題集PowerPoint 2013対応

日商PC検定プレゼン資料作成2級のために作られた参考書です。おすすめの理由は、日商PC検定プレゼン資料作成2級の試験内容について解説してくれる参考書となっていますし、問題集もセットになっているので、充実した勉強ができるからです。日商PC検定プレゼン資料作成2級の対策ができる参考書の中でも特にオススメなので、まだ参考書を購入していない方はチェックしてみてください。

日商PC検定試験 文書作成・データ活用・プレゼン資料作成 2級 知識科目 公式問題集

日商PC検定プレゼン資料作成2級の知識科目の対策ができる参考書を探している方にオススメです。公式の参考書となっており、問題集が中心の内容となっています。特に知識科目が苦手だという方は購入を検討した方がいい参考書となっています。

日商PC検定プレゼン資料作成2級はこんな人にオススメ!

そもそも日商PC検定プレゼン資料作成2級はどんな人にオススメの資格試験なのでしょうか?具体的に誰にオススメの試験なのかを紹介します。

就職に役立つ資格を探している方

MicrosoftのExcelやWord、PowerPointは、ほとんどの企業で使われています。これらの知識を持っている方は就職に役立つ可能性が高いので、就職に役立つ資格を探しているという方は、日商PC検定プレゼン資料作成2級の受験をオススメします。

PowerPointのスキルを上げたい方

日商PC検定プレゼン資料作成2級は参考書などをチェックしてもらえばわかりますが、PowerPointの専門的知識を学ぶことができます。特に参考書を使ってPowerPointの勉強をしたいと思っている方にはオススメなので、スキルを上げたい方は日商PC検定プレゼン資料作成2級に挑戦してみてください。

2級に合格したら、次は1級を目指そう!

日商PC検定プレゼン資料作成2級は比較的難易度が高めに設定されている試験なので、参考書や問題集を活用しなければなかなか合格することができません。しかし、逆に重要なポイントをしっかりと理解していれば実務未経験者でも合格できます。実際に合格した人も多いと思いますが、日商PC検定プレゼン資料作成2級にチャレンジしたら次は1級へのチャレンジもオススメします。日商PC検定プレゼン資料作成2級よりも難易度は高めですが、2級よりも知識があることを証明できますし、評価も高いのでオススメです。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

日商PC検定プレゼン資料作成2級に合格するためには参考書などを使ってたくさん勉強しなければなりません。合格するまでに苦労する方もたくさんいますが、無事に合格できたらPROsheetLancersTopを活用して腕試しをしてみてはいかがでしょうか。これらのサービスなら登録をすることで比較的簡単に実務経験ができます。案件の種類も多いので、腕試しをしたい方にはオススメです。

まとめ

日商PC検定プレゼン資料作成2級に合格するためには、参考書などの選び方も大切だということが分かったと思います。参考書は種類が多いですが、ここで紹介した参考書を選べば日商PC検定プレゼン資料作成2級の対策にはそれほど苦労はしないでしょう。これから受験を検討している方は紹介した参考書も活用しながら勉強を進めてみてください。