日商PC検定データ活用3級試験にオススメの参考書をご紹介!

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

日商PC検定データ活用3級試験を受験しようと思っている方の中には、対策のために活用できる参考書を探している方もいるのではないでしょうか。日商PC検定データ活用3級試験は参考書を活用すれば比較的簡単な試験と言われていますが、参考書の選び方や、対策方法を知らないと合格することはできないでしょう。今回は日商PC検定データ活用3級試験の受験を検討している方のために、試験の内容やオススメの参考書をご紹介したいと思います。特に参考書を探している方はチェックしてください。

日商PC検定データ活用3級試験の特徴

日商PC検定データ活用3級試験とはどんな人を対象にした検定なのかというと、Excelを使用して指示に従い正確に業務データベースを作成し、集計、分類、並び替え、計算、グラフ作成などを行えるかどうかチェックするために行われる資格試験です。日商PC検定データ活用3級試験からは知識と実技の2つの試験に分かれているので、Basicの時よりも参考書を使った勉強が大切です。

日商PC検定データ活用3級試験の出題内容は、主に商取引の現状と形態、デジタル仕事術、デジタルメディア、データサイズ単位、関数、利益や伸び率・構成比率の計算式、データの追加、データの数の割り出し方法、集計、目標達成率の計算、グラフの作成などについて出題されるので、事前に参考書で確認しておきましょう。出題される内容はExcelの基本的なことばかりなので、参考書などで対策していれば高い確率で合格することができます。具体的に日商PC検定データ活用3級試験に合格するためには、最低でも70%以上の合格率が必要となります。70%と聞くと難しく感じますが、参考書や問題集を使ってしっかりと勉強すれば比較的簡単に70%以上の正解率にはなるでしょう。実際に参考書を使って勉強した多くの受験生が日商PC検定データ活用3級試験に合格しており、具体的には約80%以上が合格基準を満たしています。日商PC検定データ活用3級試験には受験資格等はなく、誰でも受験することが可能なので、Excelについて興味がある方は日商PC検定データ活用3級試験の受験を検討してみてください。

日商PC検定データ活用3級試験に合格するために必要な勉強時間の目安

日商PC検定データ活用3級試験の対策は参考書や問題集を使うことが多いと思いますが、具体的にどのくらいの勉強時間が必要になるのでしょうか。ここではこれから参考書を使って受験対策を始めるという方のために、具体的な勉強時間の目安について紹介したいと思います。

日商PC検定データ活用3級試験に合格するためには、大体参考書を使った勉強が10時間~15時間、あとはひたすら15時間以上かけて問題集に取り組みます。参考書と問題集を使った勉強を合計約30時間行えば合格できる可能性は高くなるので、日商PC検定データ活用3級試験に挑戦する方は30時間を目安に参考書などを使って対策を始めてください。

日商PC検定データ活用3級試験合格に役立つ参考書&問題集

日商PC検定データ活用3級試験を受験するにあたって、参考書や問題集を使って対策をする方が多いと思いますが、具体的に参考書と問題集と言っても何が必要か知りたいと思っている方も多いと思うので、ここでは日商PC検定データ活用3級試験の合格に必要な参考書と問題集をご紹介したいと思います。

日商PC検定試験 データ活用 3級 公式テキスト&問題集 Excel 2013対応

日商PC検定データ活用3級試験のために作られた参考書です。この参考書はExcelの基本操作について分かりやすく説明してくれますし、解説だけではなく問題集まで収録されている参考書となっているので、1冊で合格することも可能です。また、こちらの参考書には実技科目の参照ファイルを収録したCDも付属しておりますので、本番に近い環境で対策をすることができます。おすすめの参考書となっているので、日商PC検定データ活用3級試験に挑戦する方は一度目を通しておいた方がいいでしょう。

日商PC検定試験 文書作成・データ活用・プレゼン資料作成 3級 知識科目 公式問題集

日商PC検定データ活用3級試験の知識科目に合格するために作られた問題集です。知識科目は選択問題となっているので、比較的簡単ですが、事前に問題集を活用して対策をした方がいいので、参考書で内容を理解した方は、知識科目の対策ができる公式問題集を購入してください。

こちらの公式問題集は、データ活用以外にも文書作成、プレゼン資料作成にも活用できるので、他の検定の受験を検討されている方はそのまま活用できます。

日商PC検定データ活用3級はこんな人にオススメ!

日商PC検定データ活用3級試験は参考書や問題集を活用して対策することができれば、未経験者でも合格できると言われている試験です。比較的簡単と言われていますが、取得することで得られるメリットはどんなことがあげられるのでしょうか。

就職や転職に有利

日商PC検定データ活用3級試験に限らずですが、資格は転職や就職に有利となる可能性が高くなります。特にExcelを使う職場へ就職や転職をしたいと思っている方は日商PC検定データ活用3級試験の資格の取得について検討してみてはいかがでしょうか。

Excelの基本的知識が身につく

日商PC検定データ活用3級試験の資格取得は、何といってもExcelの知識が身につくことが魅力です。Excelは幅広い場面で活用されているので、知識を身につけたい方は取得してみてはいかがでしょうか。

3級に合格したら、次は2級を目指そう!

日商PC検定データ活用3級試験ではExcelの基本的なことを学べます。それで満足する人もいますが、更に深いところまで知識を身につけたい方は日商PC検定データ活用2級試験の受験も検討してください。日商PC検定データ活用3級試験に比べて更に参考書と問題集を使った対策が必要ですが、合格できれば転職時の評価も高くなりますし、自分自身のスキルアップにも繋がります。もっと上を目指したい方は日商PC検定データ活用2級試験の取得も考えてみてはいかがでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

日商PC検定データ活用3級試験は参考書などを活用してある程度勉強すれば合格できます。知識が身についたら、腕試しをしたい方も多いのではないでしょうか。腕試しをするのにオススメなのが、PROsheetLancersTopです。これらのサービスがあれば自分のスキルに合った案件を見つけられますし、手軽に腕試しができるのでおすすめです。

まとめ

今回は日商PC検定データ活用3級試験に合格するために必要な参考書の選び方を紹介しましたが、参考書をしっかりと使って勉強すれば合格できる難易度です。参考書の選び方が分からない方は、今回説明した参考書と問題集の選び方をチェックして対策を初めてみてください。