転職時における日商PC検定文書作成3級の評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

日商PC検定文書作成3級に合格すれば、転職時どのぐらいの評価を企業から得られるのか気になる方もいるのではないでしょうか。転職時に高評価を得ることができれば、転職を有利に進められますので、転職希望者にはメリットがあるでしょう。そこで、今回は日商PC検定文書作成3級の転職時の評価を解説しますので、転職時の評価が気になる人はチェックして下さい。

日商PC検定文書作成3級試験とは?

転職時の評価をご紹介する前に、日商PC検定文書作成3級の概要をご説明します。日商PC検定文書作成3級とは、指示に従い雛形や既存のビジネス文書を使って迅速かつ正確にビジネス文章を作成できる力を試す試験で、日本商工会議所が毎年実施しています。

日商PC検定文書作成3級では、ビジネス文章に関することだけでなく、ビジネスマナーやハードウェア、ソフトウェアに関する知識も問われますので、合格には幅広いITスキルが必要になります。

日商PC検定文書作成3級は知識と実技の2つの科目があります。合格するためには、それぞれの科目で得点率70%を獲得する必要があります。

日商PC検定文書作成3級は随時試験が実施されており、試験会場も全国にたくさんあります。そのため、自由に試験日や試験会場を選ぶことができます。受験の申し込みはインターネットでできるので、まだ申し込みをしていない人はさっそくインターネットにアクセスして手続きをしてみてはいかがでしょうか。

日商PC検定文書作成3級試験の難易度

転職希望者の中には、日商PC検定文書作成3級の難易度が気になる方も少なくないでしょう。日商PC検定文書作成3級の難易度は比較的低く、初心者や実務経験者に関わらず、多くの人が合格を狙える試験と言えます。

合格率は約80%程度

日商PC検定文書作成3級の合格率は80%程度です。世の中にある試験と比較して、80%は高い数値なので、難易度は高くないと言えるでしょう。

偏差値は比較的低い

日商PC検定文書作成3級の偏差値は39です。偏差値は低く、簡単な試験であることが伺えるでしょう。ちなみに、日商PC検定文書作成3級よりも難易度が低いBasicの偏差値は36です。日商PC検定文書作成3級はBasicよりも少し偏差値は上昇しますが、大きな差はなく、Basicと3級の難易度は近いと考えられるでしょう。

基本的な問題が中心

日商PC検定文書作成3級は基本的な問題が中心に出題されます。例えば、基本的なビジネス文書作成の理解やビジネスマナーに関する内容です。日商PC検定文書作成3級合格に応用知識は必要なく、難易度は低いと言えるのではないでしょうか。

日商PC検定文書作成3級を取得するメリット

転職希望者に関わらず、日商PC検定文書作成3級に合格すれば、数多くの人がメリットを獲得できます。具体的にどのようなメリットを獲得できるのかご紹介します。

ビジネス文書作成スキルをアップさせられる

当然ではありますが、日商PC検定文書作成3級を取得すればビジネス文書作成スキルを高められます。スキルがアップすれば、お仕事を効率的に片付けられるようになったり、上司からの評価が上がったりするので、メリットがあるでしょう。

IT関連の基本スキルを身に付けられる

日商PC検定文書作成3級では、ビジネス文書作成能力だけでなく、ハードウェアやソフトウェア、ネットワークなどに関するITの知識も試されます。そのため、合格できればITに関する幅広い知識を習得できます。ビジネス文章だけでなく、ハードウェアなどIT技術にも詳しくなれるので、メリットを感じられる人もいるのではないでしょうか。

学生が取得すれば入試で優遇される

これから大学受験の勉強をスタートさせる学生もいるのではないでしょうか。大学進学を検討している学生が日商PC検定文書作成3級を取得すれば、大学によっては入試優遇制度を利用できるので、受験勉強を有利に進められる可能性があります。そのため、日商PC検定文書作成3級は転職希望者だけでなく、学生にもメリットがある資格と言えるでしょう。

気になる転職時における評価は?

メリットを把握できたところで、さっそく日商PC検定文書作成3級は転職時にどのぐらいの評価を得られるのか解説していきます。

転職時ビジネススキルを評価してもらえる

日商PC検定文書作成3級を取得していれば、転職時にビジネススキルを企業から評価してもらえます。日商PC検定文書作成3級は日本商工会議所の会員125社の人材ニーズを考慮して試験が作られています。そのため、日商PC検定文書作成3級に合格していれば、企業が求めるスキルを習得していることになるので、転職時に一定の評価を得ることができるでしょう。

転職時に努力を評価してもらえる!

転職時、日商PC検定文書作成3級に合格するまでの努力を評価してくれる企業も少なくないでしょう。日商PC検定文書作成3級はすべての転職希望者が合格できる試験ではありません。勉強など努力をしなければ合格することは難しいでしょう。企業の中には転職時、努力に一定の評価を与えてくれるところもあるので、資格がない人よりも転職を有利に進められる可能性があります。

転職時の評価を高めたい人は2級に挑戦しよう!

転職時、日商PC検定文書作成3級は企業から一定の評価を得られますが、応用スキルを証明する資格ではないので、転職時に高いスキルの評価を得ることは難しいでしょう。そのため、高度なビジネス文書作成能力を求めている企業から、転職時に評価を得られない可能性があります。そのため、実際に日商PC検定文書作成3級に合格した人の中には、さらに高いスキル証明を行いたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

さらに転職を有利に進めたいなら、2級に挑戦することをおすすめします。2級は日商PC検定文書作成3級よりも難易度が上昇し、簡単に合格できる試験ではありません。そのため、2級を取得している人材は希少価値が高く、転職を有利に進められる可能性があります。転職を有利に進めたい日商PC検定文書作成3級合格者は、さっそく対策勉強をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

転職をして企業に勤めるという方法もありますが、合格者の中には転職ではなくフリーランスとして活動していきたいと考えている人もいるでしょう。転職ではなく、フリーランスに転身する人はPROsheetLancersTopの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

PROsheetLancersTopの利用をおすすめする理由は、営業活動の負担を軽減できるからです。転職して会社員として働く場合、営業職でない限り転職後は企業の中にあるお仕事に取り組んでいくことになります。つまり、会社員は転職後、自分でお仕事を探す必要はありません。

一方、フリーランスは営業活動も自分で行う必要があります。作業と営業活動を同時にしなければならないので、負担が大きくなることもあります。もし、フリーランスがPROsheetLancersTopを利用すれば、案件を紹介してくれるので、営業活動をサポートしてもらえます。作業に集中できるようになるので、PROsheetLancersTopの利用に魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。

まとめ

日商PC検定文書作成3級に合格すれば、転職時に企業から一定の評価を得られます。しかし、資格だけで判断して採用を決める企業は少なく、企業の中には転職希望者に対してさらに高いスキルを求めているところもあります。日商PC検定文書作成3級は転職の成功を約束する資格ではありませんので、その点は注意しましょう。