転職時における日商PC検定プレゼン資料作成3級の評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

日商PC検定プレゼン資料作成3級は転職時、企業からどのぐらいの評価を得られるのか気になる方もいるのではないでしょうか。今回は、日商PC検定プレゼン資料作成3級の転職時の評価をご紹介しますので、転職時の評価に関心がある人は最後まで読んでみて下さい。

日商PC検定プレゼン資料作成3級試験とは?

日商PC検定プレゼン資料作成3級試験とは、日本商工会議所が主催し、PowerPointを使って目的に応じた適切なプレゼン資料を作成できるかを試す試験です。日商PC検定プレゼン資料作成試験にはいくつかの階級がありますが、日商PC検定プレゼン資料作成3級はもっとも階級が低く、基本的な知識が中心に問われます。

日商PC検定プレゼン資料作成3級には知識科目と実技科目の2つの試験科目があります。知識科目は択一式で試験時間は15分、実技科目は実技形式で30分間実施されます。合格するためには各試験科目で得点率70%以上獲得する必要があります。

日商PC検定プレゼン資料作成3級試験の難易度

転職時の評価について知りたい転職希望者の中には、日商PC検定プレゼン資料作成3級試験の難易度も把握しておきたい人もいるでしょう。日商PC検定プレゼン資料作成3級の難易度は、結論から申し上げればやさしいと言えます。

偏差値は39の試験

日商PC検定プレゼン資料作成3級の偏差値は39です。比較的難易度は低く、初めてプレゼン資料作成を学ぶ転職希望者でもコツコツと勉強すれば合格を目指すことができるでしょう。

合格率は80%前後

日商PC検定プレゼン資料作成3級の合格率は80%前後です。多くの受験生が合格できる試験となっています。そのため、初めて学ぶ転職希望者でも一発合格を目指せる試験です。

取得に必要な勉強時間も少ない

日商PC検定プレゼン資料作成3級合格にかかる勉強時間の目安は約42時間程度 です。比較的合格までにかかる勉強時間は少ないので、時間に余裕がない転職希望者でも合格を目指すことができるでしょう。

日商PC検定プレゼン資料作成3級を取得するメリット

日商PC検定プレゼン資料作成3級取得は転職希望者だけでなく、学生や社会人など多くの人にメリットをもたらしてくれます。では、実際に日商PC検定プレゼン資料作成3級に合格することでどのようなメリットを獲得できるのかご説明してきます。

プレゼン資料作成に必要な基本スキルが身に付く

日商PC検定プレゼン資料作成3級を取得すれば、PowerPointを使ったプレゼン資料作成の基本スキルを身に付けることができます。基本スキルは応用スキルを習得するためには欠かせないスキルであり、業務の中でも活かせられる場面は多いので、メリットになるでしょう。

IT技術も身に付けられる

日商PC検定プレゼン資料作成3級では、PowerPointによるプレゼン資料作成の基礎知識を学べますが、それだけではありません。例えば、日商PC検定プレゼン資料作成3級の出題範囲の中には、ハードウェアやソフトウェア、ネットワークなどのIT分野の問題も含まれます。プレゼン資料作成に関することだけでなく、IT関連の知識も習得できるので、受験すればメリットを得られる人もいるでしょう。

公的資格を取得できる

日商PC検定プレゼン資料作成3級は公的資格になります。そのため、日商PC検定プレゼン資料作成3級に合格すれば、公的資格を獲得できるというメリットがあります。

気になる転職時における評価は?

転職時に日商PC検定プレゼン資料作成3級は企業から評価してもらえる資格のひとつと言えるでしょう。ここでは、転職時にどのような評価を得られるのか詳しく解説していきます。

転職時に基本操作ができることをアピールできる

転職活動時、日商PC検定プレゼン資料作成3級を取得していれば、PowerPointの基本操作ができることをアピールできます。企業の中にはPowerPointを使える転職希望者を求めているところも多いです。なぜなら、業務の中でPowerPointを使う機会が多い企業はたくさんあるからです。もし、基本スキルを身に付けた転職希望者を雇用すれば、早くお仕事を覚えて会社の戦力になってくれます。基本操作ができる転職希望者の雇用は企業側にもメリットがあるので、日商PC検定プレゼン資料作成3級を取得すれば転職を有利に進められる可能性があるでしょう。

転職時に資格を取得できたという事実に評価

日商PC検定プレゼン資料作成3級を取得して転職活動をすれば、企業の中には資格を取得できたという事実に評価をしてくれるところもあるでしょう。資格取得には一定の努力が必要です。すべての転職希望者が努力して日商PC検定プレゼン資料作成3級を取得できるわけではないので、取得できた転職希望者は企業から一定の評価を得られる可能性があるでしょう。

転職時に資格効果を高めたいなら2級に挑戦しよう

日商PC検定プレゼン資料作成3級は難易度がやさしく、基本スキルの認定をするための試験なので、転職時にスキルを高く評価してくれる企業は少ないでしょう。そのため、転職希望者の中にはさらに転職を有利に進められる資格を取得したいと思われている方もいるのではないでしょうか。

転職時に資格効果を高めたいなら、2級に挑戦することをおすすめします。2級に合格するためには日商PC検定プレゼン資料作成3級よりも高いスキルが必要です。難易度は難しくなりますが、合格できれば、日商PC検定プレゼン資料作成3級を取得した転職希望者よりも高いスキルがあることをアピールできます。そのため、2級を取得すれば、さらに転職を有利に進められる可能性があるでしょう。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

日商PC検定プレゼン資料作成3級に合格したら、転職ではなくフリーランスとして活躍するのもひとつの手です。実際に合格者の中には転職ではなく、フリーランスへの転身を検討している方もいるのではないでしょうか。

フリーランスへ転身する人におすすめしたいサービスとしてPROsheetLancersTopを挙げることができます。PROsheetLancersTopはフリーランスにお仕事を紹介するサービスを行っています。フリーランスが利用すれば、PROsheetLancersTopがお仕事を紹介してくれるので、案件探しの負担を軽減できます。そのため、フリーランスに転身する人は利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

日商PC検定プレゼン資料作成3級を取得すれば、技術力を証明できるので、転職を有利に進められる可能性があります。そのため、転職する予定のある人は日商PC検定プレゼン資料作成3級取得をおすすめします。