転職時における日商PC検定データ活用Basicの評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

資格の取得を検討されている方は、転職に役立つ資格をできる限り取得したいと思っている方が多いのではないでしょうか。資格試験と言っても転職時における評価は様々です。今回はその中でも日商PC検定データ活用Basicが転職に役立つかどうかについて紹介したいと思います。これから日商PC検定データ活用Basicの受験を検討されている方も多いと思うので、具体的に日商PC検定データ活用Basicが転職活動に役立つかどうかについて紹介していきたいと思います。

日商PC検定データ活用Basic試験とは?

そもそも日商PC検定データ活用Basicとはどんな試験なのかというと、Excelの基本的知識を身につけているかどうかについて評価するための資格試験となっています。試験に出題される内容としては、文字入力、文字書式、罫線、セルの塗りつぶし、四則演算、SUM関数、AVERAGE関数、COUNT関数、ROUND関数、IF関数、RANK関数、構成比率、達成率、累計、単価、売上、原価、利益、利益率、グラフ作成、データベース管理のビジネスで活用する際に最低限知っておきたい内容について出題されます。Excelの基本知識を学ぶことができるので、日商PC検定データ活用Basic試験は学生を中心に多くの方が受験しています。

日商PC検定データ活用Basic試験は実技のみとなっており、出題数は20問です。制限時間は30分となっており少なめですが、内容がそれほど難しくないので、基本的に制限時間をオーバーすることはほとんどありません。日商PC検定データ活用Basic試験に合格するためには100点満点中70点以上は取得しなければなりません。受験資格等はなく、誰でも受験できる試験となっているので、Excelについて学びたいと思っている方は日商PC検定データ活用Basic試験に挑戦してみてはいかがでしょうか。

日商PC検定データ活用Basic試験の難易度

日商PC検定データ活用試験には、Basic、3級、2級、1級の4つの試験があり、その中でもBasicは最も難易度が低い検定となっています。初心者でも対策をしっかりとしていれば合格できるレベルと言われているので、それほど難しくはありません。実際に日商PC検定データ活用Basic試験の合格率は84%ほどあります。初心者で転職に役立つ比較的簡単な試験を受けたいと思っている方は、日商PC検定データ活用Basic試験がオススメです。

日商PC検定データ活用Basicを取得するメリット

日商PC検定データ活用Basic試験の受験を検討している方のためには、取得することで得られるメリットについて知りたいと思っている方もいるのではないでしょうか。具体的にどんなメリットがあるのか説明するので、興味がある方はチェックしてみてください。

Excelの技術を身につけられる

日商PC検定データ活用Basic試験はExcelの基本的な操作について身につけられる試験となっています。Excelはほとんどの企業で活用されているため、転職先でも使うことがあるかもしれません。基本的な操作を知っていれば、転職先で即戦力として活躍できる可能性もあるので、日商PC検定データ活用Basic試験の資格は持っていて損をすることはないでしょう。

スキルがあることを証明できる

就職や転職をする場合には面接などがあると思いますが、ここでは転職を成功させるために自分をアピールしなければなりません。アピールの場で何も資格がなかったり、技術力がなかったりすると、スキルがある方が優先となる可能性があり、転職に失敗することも考えられます。せっかく転職するなら自分が入りたい企業を選びたいと思っている方が多いと思うので、転職を成功させるためにも何か資格を探しているという方は、日商PC検定データ活用Basic試験の受験を検討してみてはいかがでしょうか。

収入が上がることもある

資格は転職や就職活動の際に役立つものであることは間違いありませんが、それだけではありません。転職する企業によっても異なりますが、中には日商PC検定データ活用Basic試験の資格を持っていることで資格手当がもらえるという企業も存在しています。資格手当は企業によって金額が異なりますが、ほとんどの企業では数千円から数万円程度は用意しているので、少しですが収入を上げることができます。日商PC検定データ活用Basic試験は比較的簡単に取得できる資格ですし、効率よく収入をアップさせられる方法となっているので、転職先で給料をアップさせたいと思っている方は日商PC検定データ活用Basic試験の取得について考えてみてはいかがでしょうか。

気になる転職時における評価は?

日商PC検定データ活用Basic試験に受験を検討している方は、取得することで転職時に役立つかどうかについて知りたいと思っている方が多いのではないでしょうか。資格によって転職時における評価は異なりますが、日商PC検定データ活用Basic試験はExcelの基本的な操作ができる人を探している企業では転職時に有利となる可能性が高くなります。これから転職しようと思っている企業が、Excelに関する知識を持っている方を募集しているという場合には日商PC検定データ活用Basic試験の受験を検討した方がいいでしょう。

日商PC検定データ活用試験はBasicの他にも3級や2級、1級と言った上のレベルもあります。Basicに合格するだけでも転職時に役立つ可能性はありますが、更に上の3級にも合格していれば転職で高い評価をもらえる可能性もあります。勉強をする時間があるという方は、Basicのみならず3級の受験も検討してみてはいかがでしょうか。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

日商PC検定データ活用Basic試験が転職に役立つということは分かりましたが、ここ最近では転職以外に様々な働き方があることをご存知でしょうか。その中でも転職よりオススメなのがフリーランスとして活動することです。転職に比べると大変なイメージがありますが、最近ではPROsheetLancersTopというサービスもあるため、比較的簡単に案件を取りやすくなっています。実際に安定した生活をしているという方も多いので、フリーランスとして腕試しをしたいと思っている方はPROsheetLancersTopの利用を検討してみてください。

まとめ

今回は日商PC検定データ活用Basic試験が転職に役立つかどうかについて紹介しましたが、Excelの基本的知識がある人を募集している企業には高い評価をもらえる可能性があります。転職をしてExcelの操作をするという方にはオススメの資格なので、興味がある方や転職を希望している方は受験してみてはいかがでしょうか。