知りたい!転職時における日商PC検定データ活用2級の評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

資格を取得するなら転職に役立つものに挑戦したいと思っている方が多いのではないでしょうか。資格と言っても中には転職にあまり役立たないものもありますが、日商PC検定データ活用2級の転職時における評価はどのくらい高くなっているのでしょうか。これから受験を検討している方のために、ここでは日商PC検定データ活用2級が転職に役立つかどうかについて紹介したいと思います。

日商PC検定データ活用2級試験とは?

日商PC検定データ活用2級とは、Excelを使用し、当該業務に関する最適なデータベースを作成すると共に適切な方法で分析をし、表やグラフを駆使して業務報告やレポートを作成する能力について問われる試験となっています。日商PC検定データ活用2級は知識と実技の2種類に分かれており、知識科目は企業実務で必要とされているハードウェアやソフトウェア、ネットワークに関する実践的な知識を身につけているか、業務における電子データの適切な取り扱いや活用を理解しているか、ソフトウェアによる業務データの連携を理解しているかなどが合格するためには必要な知識となっています。実技科目では、実務で必要とされる表計算や文書作成のソフトを適切に操作できるか、Excelの関数を駆使して業務データベースから必要とされるデータを求めることができるか、業務データを分析して当該ビジネスの現状や課題を把握することができるかなどが日商PC検定データ活用2級の実技に合格するために求められる能力です。

日商PC検定データ活用2級に合格するためには、実技、知識科目共に70%以上の正解率が必要です。70%以上獲得できるようにしっかりと対策をする必要があります。

日商PC検定データ活用2級を受験する際には、7,200円の受験料が必要です。実務未経験者でも挑戦できる試験なので、特にExcelの知識を身につけたい方は受験を検討してみてはいかがでしょうか。

日商PC検定データ活用2級試験の難易度

日商PC検定データ活用2級を受験するにあたって、どのくらいの難易度なのか気になっている方も多いのではないでしょうか。日商PC検定データ活用2級は3級に比べると当然ですが難易度は高くなります。難易度が高くなる理由としては、基本的な内容よりも実務的な内容が多くなるからです。しかし、合格率は60%~70%ほどとそれほど低くはないため、しっかりと対策をしていれば実務未経験者でも合格することができます。転職をするために取得したいけど実務経験がないから合格できないかもと思っている方でも可能性はあるので、興味がある方は日商PC検定データ活用2級にチャレンジしてください。

日商PC検定データ活用2級を取得するメリット

日商PC検定データ活用2級は転職をするために取得する方もいますが、具体的に取得することでどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは日商PC検定データ活用2級を取得することで得られるメリットを中心に紹介していきたいと思います。

Excelの実務レベルの知識があることを証明できる

日商PC検定データ活用3級まではExcelの基本的な知識しか身につけることができませんが、日商PC検定データ活用2級からは実務レベルの内容を身につけることができます。転職をする際にも実務レベルの知識があると証明することができれば有利になることもあるので魅力的です。Excelの実務レベルの知識を身につけたい方は日商PC検定データ活用2級にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

転職時に即戦力として働くことができる

日商PC検定データ活用2級に合格をしていれば、Excelの操作はある程度できるようになっています。実務レベルの知識を身につけているため、転職をしてからもそれほど苦労することはありません。転職後に即戦力として働くことができるので魅力的です。

転職をしてから給料アップの可能性もある

転職をするからには給料アップを目指したいと思っている方も多いのではないでしょうか。転職をして給料を上げる方法は出世しかないと諦めている方もいますが、実は転職する企業によって資格手当などがあるところも多いので、日商PC検定データ活用2級が資格手当に当てはまる場合、給料をアップさせられる可能性があります。特に日商PC検定データ活用2級を重視している企業に転職を検討されている方は、取得をした方がいいでしょう。

気になる転職時における評価は?

日商PC検定データ活用2級の受験を検討している方のためには、転職における評価について 気になっている方もいるでしょう。転職の評価は結論から言うと、日商PC検定データ活用2級は実務レベルの知識を身につけることができるので、転職には役立つ資格と言えるでしょう。しかし。日商PC検定データ活用2級よりも更に上の1級もあるので、できればそこまで取得をした方が転職時における評価は高くなるでしょう。1級の方が転職の幅も広がるので、日商PC検定データ活用2級を取得した方で転職を希望されている方は1級にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

日商PC検定データ活用2級に合格することができたら、転職について考える方も多いと思いますが、実務レベルの知識が身につくので、フリーランスとして実際に腕試しをしたい方もいるのではないでしょうか。転職ではなく、フリーランスとして活動する方におすすめなのが、PROsheetLancersTopです。どちらもフリーランス向けに様々な案件を紹介しているサービスですが、登録をすれば簡単に仕事を紹介してもらうことができます。手軽に実務にチャレンジできることから多くの方に利用されています。転職ではなくフリーランスとして働きたいと思っている方にはおすすめなので利用してみてください。

まとめ

日商PC検定データ活用2級が転職に役立つ資格かどうかについて紹介しましたが、日商PC検定データ活用2級を重視している企業に転職をする場合には役立つ資格だということが分かりました。実際に日商PC検定データ活用2級を取得して転職に成功したいという方もいるので、特にExcelの操作を行う企業に転職をしたいと思っている場合には、日商PC検定データ活用2級にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。