最難関!日商PC検定文書作成1級の難易度は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

日商PC検定文書作成1級は、日商PC検定文書作成試験の中で階級レベルがもっとも高い試験です。そのため、受験を検討している人の中には、日商PC検定文書作成1級の難易度が気になる方も少なくないでしょう。そこで、今回は日商PC検定文書作成1級の難易度について解説しますので、難易度が気になる人はチェックして下さい。

日商PC検定文書作成1級とは?

日商PC検定文書作成1級とは、日本商工会議所が主催する資格のひとつで、試験では必要な情報を収集し、業務の目的に応じた適切かつ説得力のある文章が書けるかどうかが試されます。日商PC検定文書作成1級は毎年10月の第1日曜日、2月の第3日曜日に実施されます。ほかの階級では随時試験が実施されますが、日商PC検定文書作成1級は年2回のみです。試験会場は日本商工会議所が認定した試験施行機関から選ぶことができます。

日商PC検定文書作成1級試験の概要

難易度をご紹介する前に、日商PC検定文書作成1級試験の概要を詳しく解説します。

試験内容

日商PC検定文書作成1級試験には知識科目と実技科目の2つの試験科目があります。知識科目は論述式で、実技科目は実技形式で試験が実施されます。知識科目には共通分野と専門分野があり、どちらの分野も2級合格に必要な知識で解答できます。実技科目は問題文の指示に従い文書を作成して解答していきます。

受験者数

平成29年度の受験者数は51名です。51名の中にデータ活用、プレゼン資料作成1級の受験者数も含まれます。

受験料

受験料は10,290円(税込)です。

試験時間

知識科目の試験時間は30分、実技科目は60分です。知識科目と実技科目は連続して行われるので、区切られて試験が実施されるわけではありません。あくまでも試験時間は目安なので、時間配分は自分で調節する必要があります。

出題数

公式ホームページでは出題数が公表されていません。

合格基準

合格基準は知識科目と実技科目それぞれで得点率70%以上獲得することです。

日商PC検定文書作成1級試験の難易度は?

日商PC検定文書作成1級は難易度が高い試験と言えるでしょう。日商PC検定文書作成1級の難易度が高い理由を詳しくご説明します。

知識科目は論述式になるので難易度が上昇

2級まで知識科目の出題形式は択一式です。しかし、日商PC検定文書作成1級から出題形式が論述式になります。択一式は選択肢が準備されているので、知識が曖昧でも正解できる可能性があります。一方で論述式は論述して解答する必要があるので、曖昧な知識では答えられません。出題形式が論述式になるので、2級よりも日商PC検定文書作成1級の難易度は高くなることがわかるでしょう。

合格率から難易度がわかる

合格率から難易度を知ることもできるでしょう。日商PC検定文書作成1級の合格率は約20%〜30%程度となっています。合格率が低ければ低いほど、合格できる人は少なくなるので、難易度は高くなります。ほかの資格試験と比べても日商PC検定文書作成1級の合格率は低いほうであり、難易度が高い試験と言えるのではないでしょうか。

偏差値から難易度を把握しよう

日商PC検定文書作成1級の偏差値は54と推測されています。偏差値が高くなればなるほど、難易度は上昇しますが、54という偏差値は比較的高いほうに分類されます。そのため、難易度は比較的高いと言えるでしょう。

試験は年2回のみ

2級までは随時試験は実施されていましたが、日商PC検定文書作成1級の試験日程は年に2回のみとなります。挑戦できるチャンスが少なくなれば、合格できる人も少なくなります。そのため、合格難易度は高くなると考えられるでしょう。

日商PC検定文書作成1級はこんな人にオススメ!

日商PC検定文書作成1級の難易度は高いですが、取得すればメリットがたくさんあります。ここでは、日商PC検定文書作成1級の取得をおすすめしたい人をご紹介しますので、自分におすすめの人に該当するなら、難易度は高いですが受験を検討しましょう。

公的資格を取得したい人

難易度は高いですが、合格できれば公的資格を取得したことになります。公的資格は民間資格よりも企業や教育機関から高評価を得られる可能性があるので、メリットを感じられる方もいるのではないでしょうか。

就職力をアップさせたい人

日商PC検定文書作成1級試験に合格できたら、就職力をアップさせられる可能性があります。日商PC検定文書作成1級は企業の人材ニーズに沿って試験が作成されており、企業が求めるビジネススキルを習得できます。また、日商PC検定文書作成1級は日商PC検定文書作成試験の中で難易度がもっとも高いので、企業によっては高い評価を与えてくれるところもあります。日商PC検定文書作成1級はビジネススキルを身に付けることができ、難易度も高いので、就職活動を有利に進められる可能性があるでしょう。

高い実務スキルを証明したい人

高い実務スキルを証明したい人は日商PC検定文書作成1級取得をおすすめします。日商PC検定文書作成1級は難易度が高く、求められる実務スキルもハイレベルとなっています。もし、日商PC検定文書作成1級に合格できたら、高い実務スキルを証明することができるでしょう。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

難易度が高いので、日商PC検定文書作成1級に合格できたら、ビジネス文書作成スキルに自信を持てるようになる方もいるのではないでしょうか。ビジネス文書作成スキルに自信がある人は、PROsheetLancersTopで腕試しをすることをおすすめします。

PROsheetLancersTopを利用すれば、コンテンツ制作案件などを受注してお仕事の中で腕試しができます。案件に取り組みながら腕試しをすれば、ビジネス仲間を増やせられたり、収入を獲得したりできるので、メリットを感じられる人も少なくないでしょう。また、安定してお仕事を受注できるようになれば、フリーランスに転身することも可能です。そのため、PROsheetLancersTopは将来フリーランスになりたい人も利用しやすいでしょう。

まとめ

日商PC検定文書作成1級の難易度は高く、簡単に合格できる難易度の試験ではありません。しかし、難易度は高いですが、勉強すれば合格を目指せる試験です。また、難易度が高い分、合格することができれば、得られるメリットも大きいでしょう。そのため、ワープロソフトを普段から扱う人は、日商PC検定文書作成試験の中でも難易度が高い日商PC検定文書作成1級の受験を検討してみてはいかがでしょうか。