最短でゴールを!日商PC検定文書作成1級の勉強方法をご紹介

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

日商PC検定文書作成1級は日商PC検定文書作成試験の中でもっとも難易度が高い試験です。そのため、日商PC検定文書作成1級を受験する人は、日頃から勉強をして知識やスキルを高める努力をする必要があるでしょう。しかし、受験生の中にはどのように勉強すればいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。そこで、今回は日商PC検定文書作成1級におすすめの勉強方法をご紹介しますので、勉強方法を知りたい人は最後まで読んでみて下さい。

日商PC検定文書作成1級とは?

日商PC検定文書作成1級とは、必要な情報を収集して、業務の目的に合ったもっとも適切で説得力のあるビジネス文書を作成できるかを試す試験で、日本商工会議所によって毎年10月の第1日曜日と2月の第3日曜日に実施されています。

試験の概要

日商PC検定文書作成1級試験では、知識科目と実技科目が実施されます。知識科目の試験形式は論述式です。主に、知識科目では2級や3級で習得した知識を活かして、わかりやすく論述できるかが試されます。知識科目の試験時間は30分です。

実技科目は実技形式の問題が出題され、試験時間は60分間用意されています。問題文を読んで、その課題に沿った企画書や提案書を作成して解答します。

日商PC検定文書作成1級は試験科目ごとに試験時間が設けられていますが、知識科目と実技科目はわけて実施されませんので、90分間の連続した試験となります。そのため、時間配分は自分で決める必要があるでしょう。また、日商PC検定文書作成1級に合格するためには、各試験科目で70%以上得点しなければなりません。

合格率

平成29年度の日商PC検定文書作成1級の合格率は約33%程度です。

難易度

日商PC検定文書作成1級は日商PC検定文書作成試験の中で難易度が1番高いため、出題される問題自体も難しくなります。そのため、簡単には合格できない試験と言えるでしょう。また、合格率も30%程度となっています。受験生の半数以上が不合格になる試験なので、難易度は高いと言えるのではないでしょうか。

日商PC検定文書作成1級取得にむけた勉強方法の紹介

日商PC検定文書作成1級には知識科目と実技科目という2つの試験科目があります。試験科目で出題形式が異なるので、それぞれの試験科目にわけて勉強したほうがいいでしょう。

日商PC検定文書作成1級の知識科目におすすめの勉強方法

日商PC検定文書作成1級の知識科目の勉強にはテキストと問題集を活用することをおすすめします。知識科目では、共通分野と専門分野の問題が出題されますが、共通分野の勉強には専用の公式のテキストを、専門分野の勉強には2級や3級の公式テキスト・問題集を使って勉強することをおすすめします。

テキストは2回〜3回ぐらいは読み返します。そして、ある程度知識を習得できたら、2級・3級対策用の問題集に取り組むようにしましょう。問題集を解いて、間違ったりわからなかったりした問題は解説を読んで理解するように努めます。もし、解説を読んでも理解できないなら、参考書に立ち返って知識を補って下さい。

日商PC検定文書作成1級の実技科目におすすめの勉強方法

日商PC検定文書作成1級の実技科目の勉強にはサンプル問題を使うことをおすすめします。サンプル問題を使うことで、どのぐらいのレベルの問題が出題されるのか把握することができます。また、問題に慣れることもできるので、実技科目の勉強にサンプル問題を活用すれば、効率的に勉強をすることができるでしょう。

日商PC検定文書作成1級合格までの勉強時間の目安

勉強方法だけでなく、日商PC検定文書作成1級に合格するためには、どのぐらいの勉強時間が必要なのか知っておきたい受験生も少なくないでしょう。公式に公表されている勉強時間の目安ではありませんが、大体合格には1ヶ月程度の勉強が必要であると言われています。そのため、1ヶ月を目安に勉強スケジュールを立てることをおすすめします。

しかし、日商PC検定文書作成1級合格に必要な勉強時間の目安はすべての人に当てはまるわけではありません。例えば、合格に1ヶ月以上の勉強時間が必要な人もいるでしょう。必要な勉強時間はそれぞれの日商PC検定文書作成1級受験生で異なるので、あくまでも目安として捉えるようにして下さい。

日商PC検定文書作成1級試験におすすめの参考書&問題集

日商PC検定文書作成1級の勉強には参考書や問題集は欠かせないでしょう。おすすめの参考書や問題集をピックアップしますので、日商PC検定文書作成1級対策勉強に活用してみてはいかがでしょうか。

ネット社会のデジタル仕事術

日商PC検定文書作成1級の知識科目共通分野の公式テキストです。教材として販売されているのではなく、日商PCの公式ホームページで無料公開されています。活用すれば共通分野対策ができるので、すべての受験生におすすめできる公式テキストです。

日商PC検定試験 文書作成 2級 公式テキスト&問題集 Microsoft Word 2013対応

知識科目の専門分野や実技科目の勉強に活用できる公式の参考書です。2級の出題範囲をカバーしているので、日商PC検定文書作成1級試験に必要な知識を習得できます。また、問題集もセットになっているので、本書を購入すれば問題集で勉強することも可能です。

日商PC検定試験 文書作成・データ活用・プレゼン資料作成 2級 知識科目 公式問題集

2級の出題範囲から日商PC検定文書作成1級の知識科目の専門分野の問題が出題されるので、購入していない人は準備しておいて損はないでしょう。約140問の問題が収録されており、数多くの問題を解くことができます。また、本書の付録には1級サンプル問題も付いているので、日商PC検定文書作成1級の実技対策勉強も本書で行うことができます。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

日商PC検定文書作成1級の勉強をして無事に合格できたら、PROsheetLancersTopで腕試しをしてみてはいかがでしょうか。PROsheetLancersTopを利用すれば、お仕事に取り組みながら腕試しをすることができます。

PROsheetLancersTopには、日商PC検定文書作成1級合格者が受注できそうなコンテンツ制作案件なども紹介されています。そのような案件に取り組むことで、お仕事に取り組みながらビジネス文書作成スキルの腕試しができるでしょう。

もちろん、お仕事に取り組むことになるので、報酬を受取ることもできます。安定して受注できるようになれば、フリーランスとしてお仕事をしていくこともできるので、フリーランスになりたい人にもおすすめのサービスとなっています。

まとめ

日商PC検定文書作成1級の勉強には2級や3級用の公式テキストや問題集を活用するようにしましょう。合格率も低く、問題自体の難易度も高くなりますが、勉強すれば合格を狙える試験です。勉強方法がわかったところで、さっそく対策勉強をスタートさせてみてはいかがでしょうか。