合格を目指して!日商PC検定データ活用2級の勉強方法をご紹介

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

日商PC検定データ活用試験にはBasic、3級、2級、1級の4種類の試験が存在しています。その中でも日商PC検定データ活用2級にチャレンジしようと思っている方も多いのではないでしょうか。日商PC検定データ活用2級は3級の時とは違い専門的知識を理解していないと合格することは難しいと言われています。合格のためには勉強方法が大切となるので、ここでは日商PC検定データ活用2級に合格するための勉強方法について紹介したいと思います。

日商PC検定データ活用2級とは?

日商PC検定データ活用2級とは、MicrosoftのExcelを活用し、当該業務に関する最適なデータベースを作成し、適切な方法で分析、表やグラフを駆使して業務報告やレポートを作成する能力がある人を対象に行われる試験です。3級の時に比べると内容も複雑となっており、合格のためには勉強方法が大切となります。

試験の概要

日商PC検定データ活用2級では、3級と同じく知識と実技の2つの試験に分かれています。時間は知識が15分、実技が40分に設定されています。出題される内容はグラフ活用法、関数活用法、ビジネス計算などの実践的な内容が多くなっており、他にも売上や利益などの計算問題が出題されます。基本的なことについて問われる問題はほとんどないので、しっかりと勉強をして対策する必要があります。

日商PC検定データ活用2級に合格するためには、実技、知識ともに70%以上の正解率が必要になります。合格基準を超えられるように、参考書や問題集などを活用して勉強しましょう。

合格率

日商PC検定データ活用2級の合格率は毎年変動がありますが、約60%~70%程度となっています。日商PC検定データ活用3級に比べるとそれほど高い合格率ではありませんが、比較的合格している受験生も多いため、ポイントを押さえて勉強することができれば実務未経験者でも合格することが可能です。

難易度

日商PC検定データ活用2級の合格率を見てもらえばわかりますが、半数以上の受験生が合格している試験なので、高難度の資格試験ではありません。専門的知識が多い内容となっているので、それなりに勉強する必要がありますが、勉強をしっかりとしていれば高い確率で合格することができます。

日商PC検定データ活用2級取得にむけた勉強方法の紹介

日商PC検定データ活用2級は比較的合格率が高い試験となっていますが、3級よりも時間をかけて勉強しないと合格することはできません。ここでは日商PC検定データ活用2級に合格するための勉強方法を紹介するので、勉強方法が分からない方は是非参考にしていただければと思います。

テキストを活用して対策しよう

日商PC検定データ活用2級には効率よく勉強するための公式テキストが販売されています。問題集と参考書がセットになっている内容のものもあるので、独学で日商PC検定データ活用2級の勉強を始める方は購入を検討してみてください。内容は難しくなっていますが、丁寧に解説をしてくれますし、重要なポイントのみを収録した問題集も収録されているので、勉強しやすいのが特徴的です。日商PC検定データ活用2級の勉強にはオススメなので購入を検討してください。

サンプル問題の活用

日商PC検定データ活用2級の勉強は、基本的にテキストを使って勉強すれば対策ができますが、それだけでは足りないと思っている方も中にはいるでしょう。この場合はサンプル問題を活用した勉強をオススメします。公式サイトからダウンロードでき、無料となっているのでなるべく勉強に費用をかけたくない方にもオススメです。

日商PC検定データ活用2級合格までの勉強時間の目安

日商PC検定データ活用2級に合格するまでの勉強時間の目安を知りたい方も多いと思いますが、いきなり2級からチャレンジをするという方は、約60時間以上の勉強必要になると言われています。既に日商PC検定データ活用3級に合格している方なら、30時間程度の勉強で合格することができるでしょう。しかし、あくまでも勉強時間は目安となっているので、できれば自分が納得できるまではしっかりと勉強をした方が安心です。

日商PC検定データ活用2級試験におすすめの参考書&問題集

日商PC検定データ活用2級に合格するためには勉強方法が大切ですが、勉強に活用する参考書と問題集の選び方も大切です。具体的にオススメの参考書と問題集を紹介するので、日商PC検定データ活用2級の勉強のために活用できるテキストを探している方は参考にしてください。

日商PC検定試験 データ活用 2級 公式テキスト&問題集Excel 2013対応

日商PC検定データ活用2級の対策のために作られた公式テキストと問題集です。セットになっているので、1冊で日商PC検定データ活用2級の対策ができます。多くの受験生が購入しているテキストとなっているので、これから受験を検討している方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

日商PC検定試験 文書作成・データ活用・プレゼン資料作成 2級 知識科目 公式問題集

日商PC検定データ活用2級の知識科目に合格するためには、それなりにExcelに関する専門的知識を身につける必要があります。こちらの問題集は日商PC検定データ活用2級の知識科目に合格するための専用のテキストとなっているので、日商PC検定データ活用2級の知識科目を勉強して対策したいと思っている方は購入を検討してください。

2級に合格したら、次は1級を目指そう!

日商PC検定データ活用2級まで合格することができたら、次は1級にチャレンジをしてみてはいかがでしょうか。日商PC検定データ活用2級だけでも実務に役立つ知識を身につけることができますが、1級は更に実務に必要なことを学ぶことができます。日商PC検定データ活用2級でストップするのはもったいないので、できれば合格した人は1級へのチャレンジをオススメします。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

日商PC検定データ活用2級は実務に必要な内容を学ぶことができるので、合格できたら実際に腕試しをしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。腕試しの方法は様々ですが、その中でもオススメなのがPROsheetLancersTopです。これらのサービスではExcelを使った案件なども多く取り扱っているので、手軽に腕試しができることからフリーランスを中心に人気を集めています。実務に挑戦してExcelの勉強をしたい方はPROsheetLancersTopの活用を検討してみてください。

まとめ

今回は日商PC検定データ活用2級について紹介をしました。実務レベルの内容が多い試験となっており難易度は少し高めですが、問題集や参考書を活用してしっかりと勉強することができれば実務未経験者でも合格できる可能性はあります。Excelについて学びたい方は日商PC検定データ活用2級に挑戦してみてはいかがでしょうか。