気になる!日商PC検定データ活用2級の難易度は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

日商PC検定の受験を検討している人で日商PC検定データ活用2級の難易度について気になっている方は多いのではないでしょうか。3級までは楽々合格できても日商PC検定データ活用2級からは応用問題が中心となるので、それなりに難易度も上がると言われています。今回は、具体的に日商PC検定データ活用2級とはどんな試験内容になっているのかという点や、試験の難易度についても紹介していきたいと思います。

日商PC検定データ活用2級とは?

日商PC検定データ活用2級とは、業務に必要なデータベースを作成し、適切な方法で分析や表、グラフの業務報告やレポート等を作成する能力があるか問われる資格試験となっています。3級の難易度に比べると実務レベルの内容が多いのが特徴的です。

日商PC検定データ活用2級試験の概要

試験内容

日商PC検定データ活用2級の難易度は実技と知識科目の2つに分かれています、試験内容は実技が実務で必要とされる表計算ソフトと文書作成ソフト機能の操作、表計算ソフトを使用してデータベースを作成できるか、表計算ソフトの関数を駆使して業務データベースから必要なデータや値を求めることができるかなどの内容が出題されます。知識科目では、電子認証の仕組みや企業実務で必要とされているビジネスデータの取り扱い、業種別の業務フローについて、業務改善に関する知識などを身につけているかについて聞かれます。出題される内容は比較的多いので、日商PC検定データ活用2級の難易度に挑戦する方は、試験内容を把握しながら参考書などを活用してしっかりと対策する必要があります。

受験者数

日商PC検定データ活用2級だけの受検者数は掲載されていませんが、大体数千人ほどは毎年受験をしています。

受験料

日商PC検定データ活用2級の難易度に挑戦する際には、7,200円の受験料が必要です。

試験時間

日商PC検定データ活用2級の難易度の試験時間は実技が40分、知識科目が15分です。実技は3級よりも長めに設定されています。

出題数

日商PC検定データ活用2級の難易度では、知識科目が30問出題されます。実技に関しては毎年異なるので、公式サイトには具体的な数字は掲載されていません。

合格基準

日商PC検定データ活用2級の難易度では、知識と実技がありますが、合格するためにはどちらも70%以上の正解率とならなければなりません。

日商PC検定データ活用2級試験の難易度は?

日商PC検定データ活用2級からは応用問題が多くなっているため、どのくらいの難易度なのか気になっている方も多いのではないでしょうか。確かに3級に比べると難易度は高くなりますが、日商PC検定データ活用2級の合格基準は約60%~70%です。比較的多くの受検者が合格している試験なので、ポイントを押さえて勉強することができれば初心者でも合格することができる難易度でしょう。

日商PC検定データ活用2級はこんな人にオススメ!

日商PC検定データ活用2級の難易度はExcelの実務レベルの内容が学べますが、そもそもどんな人にオススメの資格試験となっているのでしょうか。ここでは具体的に日商PC検定データ活用2級の取得がオススメな人について紹介したいと思います。

Excelの応用知識を学びたい方

日商PC検定データ活用3級の難易度までは基本的な内容しか学ぶことができません。しかし、日商PC検定データ活用2級の難易度ではExcelの応用レベルの知識まで身につけることができます。実務レベルの知識を身につけることができれば、会社やフリーランスとして活動を始める際など様々な場面で活用することができるので魅力的です。Excelの専門的知識を身につけたい方は日商PC検定データ活用2級の難易度に挑戦してみてください。

就職や転職を成功させたいと思っている方

就職や転職に資格が重要だということは多くの方がご存知かと思います。特にExcelを扱う企業に就職したいと思っている方は、できる限り日商PC検定データ活用2級の難易度は取得しておいた方がいいでしょう。資格がある人は、Excelの知識があると評価してもらえるので、資格がない人に比べると優遇される可能性も高くなります。

将来的に1級を取得したい方

日商PC検定データ活用には、Basic、3級、2級、1級と4つの試験が存在していますが、この中でも1級は最も難易度が高い試験です。基本的にはいきなり1級の難易度を受験して合格するのは難しいでしょう。しかし、日商PC検定データ活用2級の難易度に合格することができれば、比較的簡単に1級も合格できる可能性があります。将来的に1級を目指そうと思っている方は、日商PC検定データ活用2級の難易度に挑戦してみてください。

2級に合格したら、次は1級を目指そう!

日商PC検定データ活用2級を取得したらそこで終わってしまう方もいますが、日商PC検定データ活用2級の難易度まで合格できたら1級にもチャレンジしてください。1級はExcelの専門的知識を身につけることができます。就職の際にも高く評価される可能性があるため、日商PC検定データ活用2級の難易度に合格したら1級への挑戦もオススメします。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

日商PC検定データ活用2級の難易度に挑戦し、無事合格することができたら一度腕試しをしたいと思っている方もいるでしょう。腕試しをするためには様々な方法がありますが、その中でも特におすすめなのがPROsheetLancersTopを活用することです。PROsheetは週2日から案件に挑戦することができ、それほど時間に縛られることもないので生活リズムを崩すこともほとんどなくオススメです。LancersTopは週5日から本格的にフリーランスとして始めたいと思っている方向けのサービスとなっています。日商PC検定データ活用2級の難易度に合格することができれば、LancersTopで紹介されている比較的難しい案件にも挑戦できるので、自分がどこまでできるのか試したい方はLancersTopを利用してみてください。

まとめ

今回は日商PC検定データ活用2級の難易度について紹介しましたが、勉強してもなかなか合格できないような難易度ではないことが分かったと思います。実務未経験者でも比較的合格しやすいので、Excelの実務レベルの知識を身につけたい方は、日商PC検定データ活用2級の難易度に挑戦してみてください。