知りたい!日商PC検定データ活用3級の難易度は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

日商PC検定データ活用には大きく分けるとBasic、3級、2級、1級の合計4種類の難易度があります。その中でも日商PC検定データ活用3級の難易度に挑戦しようと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、これから日商PC検定データ活用3級に挑戦しようと思っている方のために、具体的な試験の内容から難易度の高さまで紹介するので、受験を考えている方はチェックしていただけますと幸いです。

日商PC検定データ活用3級とは?

日商PC検定データ活用3級のレベルを簡単に説明すると、指示されたことを正確に行えるか見るための試験です。例えばExcelにはデータベースの作成や集計、分類、並べ替え、計算、グラフ作成等がありますが、これらを指示通り正確に操作できるかについて見られます。内容だけを見ると難易度が高く感じますが、日商PC検定データ活用3級で出題される問題は全て基本的な内容となっています。

日商PC検定データ活用3級試験の概要

試験内容

日商PC検定データ活用3級の難易度で出題される内容は、主に売上高や達成率などの求め方、関数の役割、Excelの機能、グラフの役割、特殊なグラフ、簿記のさわり部分の知識について出題されます。

受験者数

日商PC検定データ活用3級の難易度では約10,000人~20,000人が受験しています。受験者数を見てもわかるように、人気の高い資格試験となっています。

受験料

日商PC検定データ活用3級の難易度の受験料は5,140円です。

試験時間

日商PC検定データ活用3級は知識と実技に分かれており、知識は15分で択一式です。実技は30分に設定されています。

出題数

日商PC検定データ活用3級の難易度では、合計30問出題されます。

合格基準

日商PC検定データ活用3級の難易度に合格するためには、合計70%以上の正解率が必要です。70%を超えられるように対策をしましょう。

日商PC検定データ活用3級試験の難易度は?

日商PC検定データ活用3級は、試験内容を見ても基本的な内容が多い資格試験となっています。そのため、それほど難易度が高いと感じることはありません。基本的には日商PC検定データ活用3級の公式参考書と問題集を使って対策すれば合格できると言われています。基本的な内容が多い試験となっているので、未経験者にもおすすめの難易度の資格試験となっています。

日商PC検定データ活用3級はこんな人にオススメ!

日商PC検定データ活用3級はそれほど難易度の高い試験ではないことが分かりましたが、取得することで何かメリットはあるのでしょうか。ここでは日商PC検定データ活用3級の難易度はどんな人にオススメなのかについて紹介したいと思います。

Excelのスキルを身につけたい方

日商PC検定データ活用3級の難易度はExcelに関する知識を問う試験となっています。3級の難易度では基本的なことしか聞かれませんが、それでも日商PC検定データ活用3級に合格することができれば基礎内容は理解できていると認められます。Excelは企業でも多く使われているソフトなので、就職や転職をする前にExcelの知識を身につけたいと思っている方は日商PC検定データ活用3級から挑戦することをオススメします。

就職や転職を考えている方

日商PC検定データ活用3級の難易度が必ずしも就職や転職に役立つとは限りません。しかし、Excelの基礎を理解している人としていない人では、理解している人の方が優遇されるケースもあります。企業によって異なりますが、中にはExcelの基本知識を持っている方が求人募集の条件になっていることもあるので、就職や転職の幅を広げたいと思っている方は、最低限日商PC検定データ活用3級の難易度には合格しておいた方がいいでしょう。

効率よくExcelの勉強をしたいと思っている方

学校や仕事でExcelを使う機会があるという方もいると思いますが、Excelについてあまり理解していない方がいきなりExcelを操作してもうまくいかないことがあります。中には間違った覚え方をしてしまう方もいるでしょう。こういったことをなくすためにも、できる限り初めはExcelの基礎から学べる日商PC検定データ活用3級の難易度から勉強を始めることをおすすめします。日商PC検定データ活用3級なら間違ったことを覚えることはありませんし、公式テキストや問題集などもあるので、しっかりと正しい知識を身につけられます。効率よくExcelの勉強をしたいと思っている方は日商PC検定データ活用3級の難易度から受験しましょう。

資格手当を貰いたい方

勤めている企業によって資格手当は異なりますが、中には日商PC検定データ活用3級の難易度に合格したら資格手当がもらえるというところもあります。特に日商PC検定データ活用3級は人気の高い試験なので、合格することができれば少しでも給料をアップできる可能性があります。資格手当をもらって収入をアップさせたいと思っている方にも、比較的簡単に合格できる難易度の試験なのでおすすめです。

3級に合格したら、次は2級を目指そう!

日商PC検定データ活用3級の難易度は、実務未経験者でも比較的簡単に合格することができますが、無事に合格することができたら2級の難易度にも挑戦することをオススメします。なぜ2級の難易度もオススメするかというと、Excelについてより深いことまで学ぶことができるからです。また、2級になると難易度もグッと上がるため、もし資格を取得できればより評価も高くなるでしょう。日商PC検定データ活用3級の難易度まで取得したら2級へもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

日商PC検定データ活用3級の難易度に合格することができたら、PROsheetLancersTopを利用して腕試しをすることも考えてみてはいかがでしょうか。3級程度の難易度に合格しただけで実務経験ができるのかと思っている方もいますが、PROsheetLancersTopの中でも特にPROsheetなら難易度の低い案件も多いので、Excelの基礎知識しかない方でも挑戦できます。気軽に腕試しができるサービスとして人気なので、特に自分がどのくらいできるのか挑戦したい方はサービスの利用を検討してみてください。

まとめ

今回は日商PC検定データ活用3級の難易度について紹介しましたが、難易度自体はそれほど高くないことが分かりました。初心者でもある程度勉強すれば合格できるので、Excelについて興味がある方は、是非日商PC検定データ活用3級チャレンジしてみてください。