合格を目指して!日商PC検定文書作成2級の勉強方法をご紹介

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

日商PC検定文書作成2級に挑戦する人の中には、どのように勉強をすれば効率的に合格を目指していけるのか知りたい方もいるのではないでしょうか。そこで、今回は日商PC検定文書作成2級におすすめの勉強方法をご紹介しますので、気になる人はチェックしてみて下さい。

日商PC検定文書作成2級とは?

日商PC検定文書作成2級とは、与えられた情報を整理したり分析したりして、参考となる文章を選択・利用し、状況に応じたビジネス文書を作成できる能力を試す試験で、日本商工会議所によって毎年実施されています。日商PC検定文書作成2級は経済産業省後援の資格なので、日商PC検定文書作成2級に合格すれば公的資格を得られます。そのため、人気も比較的高く、多くの人が毎年受験する試験です。

試験の概要

日商PC検定文書作成2級には知識と実技の2つの試験科目があります。知識科目では択一式が採用されており、試験時間は15分です。実技科目では、実際にワープロソフトを使って設問に解答し、試験時間は40分です。日商PC検定文書作成2級に合格するためには、知識及び実務科目それぞれで得点率70%を獲得する必要があります。

合格率

平成28年度の日商PC検定文書作成2級の合格率は約68%程度です。

難易度

日商PC検定文書作成2級の難易度は世の中の資格試験に比べて高くないと言えます。合格率は60%程度なので、受験者数の半分以上は合格できる計算になります。また、日商PC検定文書作成2級の偏差値も48と言われており、偏差値が高いとは言えないので難易度は低いと考えていいでしょう。

日商PC検定文書作成2級取得にむけた勉強方法の紹介

日商PC検定文書作成2級の試験科目には知識と実技があります。試験形式が異なるので、わけて対策勉強をスタートさせたほうがいいでしょう。

知識科目におすすめの勉強方法

知識科目におすすめの勉強方法は参考書と問題集を使うことです。まず、日商PC検定文書作成2級対策ができる参考書を一通り読みます。次に、練習問題を解いて勉強すれば十分に対策をすることができるでしょう。

知識科目は、実技科目とは異なり、テキストや問題集に掲載されている問題と似た問題が本番に出題されます。そのため、すべての問題が似ているわけではありませんが、練習問題を活用すれば、効率的に知識科目対策をすることができるでしょう。

ちなみに、知識科目には免除制度があります。免除が適応される試験に合格している人は知識科目の勉強をする必要はありませんので、知識科目の勉強を始める前に、免除制度の詳細 を確認することをおすすめします。

実技科目におすすめの勉強方法

実技科目には免除制度がないので、日商PC検定文書作成2級に挑戦するすべての人は対策勉強をする必要があるでしょう。実技科目はパソコンを操作して解答するため、勉強でもパソコンを使いワープロソフトを操作しながら勉強することをおすすめします。

まずは、テキストを購入し、テキストで説明されている通りにワープロソフトを操作します。テキストの内容に沿って一通り操作することができたら、次はテキストを見ないで操作してみましょう。テキストを見ずに操作することで、習得した知識をアウトプットができるので、記憶の定着率が向上します。そのため、勉強方法としておすすめです。

次は練習問題に取り組みながらワープロソフトを操作して勉強します。大体、ひとつの課題を15分ぐらいで解けるようにしておきましょう。勉強の中で時間を意識すれば、時間切れ対策にもなるので、時間を意識して解くことをおすすめします。

日商PC検定文書作成2級合格までの勉強時間の目安

日商PC検定文書作成2級合格に必要な勉強時間を知ってから、勉強に取り組みたいという方もいるでしょう。日商PC検定文書作成2級合格に必要な勉強時間の目安は公式には公表されていないため、正確な勉強時間の目安を知ることは難しいです。しかし、日商PC検定文書作成2級を受験した人の中には、2ヶ月間 の勉強期間で合格できた方もいます。そのため、この勉強期間を目安にして勉強スケジュールを立てるといいでしょう。

日商PC検定文書作成2級試験におすすめの参考書&問題集

日商PC検定文書作成2級試験勉強に参考書や問題集を活用する方もたくさんいるでしょう。ここでは、日商PC検定文書作成2級試験勉強におすすめできる参考書と問題集をピックアップしましたので、まだ購入できていない人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

日商PC検定試験 文書作成 2級 公式テキスト

本書は日商PC検定文書作成2級の公式テキストで、多くの受験生に選ばれている参考書です。合格に必要な知識が網羅されており、効率的に勉強ができるように工夫されているので、受験する人は購入してみてはいかがでしょうか。

日商PC検定試験 文書作成 2級 公式テキスト&問題集 Microsoft Word 2013対応

本書はテキストと問題集が一緒に収録されている参考書です。そのため、本書を1冊準備すれば、テキストを使った勉強と問題集を活用した勉強ができるでしょう。実技科目だけでなく、知識科目にも対応しているため、1冊で対策を済ませたいにはおすすめです。

日商PC検定試験 文書作成・データ活用・プレゼン資料作成 2級 知識科目 公式問題集

日商PC検定文書作成2級の知識科目を問題集で対策したい人は本書をおすすめします。本書は知識科目に特化した問題集で、知識科目に焦点を当てた勉強が実現できます。出題範囲をまんべんなく網羅し、共通分野50問、文書作成分野30問が収録されています。知識科目は問題集から似たような問題が本番試験で出題されるので、日商PC検定文書作成2級知識科目対策をする必要がある人は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

2級に合格したら、次は1級を目指そう!

日商PC検定文書作成2級対策の勉強をして、日商PC検定文書作成2級を取得できたら、次は日商PC検定文書作成の中で難易度がもっとも高い1級の勉強をスタートさせてみてはいかがでしょうか。1級は日商PC検定文書作成2級よりも高度なスキルが要求されますので、勉強の負担が増加したり、不合格になったりするリスクが高くなります。しかし、勉強して合格することができれば、日商PC検定文書作成の中で最高難易度の資格を取得したことになるので、高いスキル証明を行うことができます。高いスキルがあれば、人事からの評価がアップしたり、転職を有利に進められたりする可能性があるので、メリットを感じる方もいるのではないでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

日商PC検定文書作成2級は日商PC検定文書作成の中で2番目に難易度が高いので、合格できた人の中には自分の文書作成スキルに自信を持てるようになった方もいるのではないでしょうか。自信がある人は、自分の文書作成スキルがどのぐらい通用するのか腕試しをすることをおすすめします。

腕試しをする際には、PROsheetLancersTopの利用を検討してみてはいかがでしょうか。PROsheetLancersTopはフリーランスに案件を紹介するサイトです。そのため、腕試しとの関連性は低いように感じる人も少なくないでしょう。しかし、PROsheetLancersTopの中にはコンテンツ制作案件が紹介されており、そのような案件に取り組むことでお仕事の中で腕試しができます。腕試しをしながら報酬も得ることができるので、腕試しをしたい日商PC検定文書作成2級合格者はさっそくアクセスして案件に挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ

日商PC検定文書作成2級に合格するためには、勉強は不可欠です。そのため、できるだけ1日の中で勉強時間を確保し、コツコツと勉強することをおすすめします。