一発合格!日商PC検定文書作成Basicの勉強方法をご紹介

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

日商PC検定文書作成Basicを受験して文書作成ソフトの基本操作を身に付けようと思われている方もいるのではないでしょうか。日商PC検定文書作成Basicを受験する人は勉強方法を知っておくと、スムーズに対策をすることができるでしょう。そこで、今回は日商PC検定文書作成Basicの勉強方法をご紹介しますので、受験する人はチェックして下さい。

日商PC検定文書作成Basicとは?

日商PC検定文書作成Basicとは、ワープロの基本的な操作スキルや業務の中でのビジネス文書作成力を試すための試験で、日本商工会議所によって実施されています。

試験の概要

日商PC検定文書作成Basicでは知識科目はなく、実技試験が採用されています。試験時間は30分で、出題数は7問 です。合格するためには、70点以上の得点を獲得する必要があります。

日商PC検定文書作成Basicは受験の前提条件はなく、誰でも受験することが可能です。受験料は4,120円(税込)で、商工会議所ネット試験施行機関で受験することができます。

合格率

平成28年度の日商PC検定文書作成Basicの合格率は約84.6% です。

難易度

日商PC検定文書作成Basicでは基礎的な問題が中心で、難易度はやさしいと言えるでしょう。また、合格率も80%を超えており、多くの人が合格できる試験となっています。

日商PC検定文書作成Basic取得にむけた勉強方法の紹介

日商PC検定文書作成Basicにおすすめの勉強方法は公式テキストと問題集を使うことです。具体的に解説していきますので、あなたの勉強方法に取り入れてみてはいかがでしょうか。

公式テキストでまずは勉強しよう

まずは公式テキストで基礎知識を習得することをおすすめします。基本的に日商PC検定文書作成Basicでは、公式テキストの中から問題が出題されます。公式テキストは試験範囲を網羅しているので、公式テキストに書かれている内容をしっかりと把握しておけば、合格を狙うことができるでしょう。

日商PC検定文書作成Basicで出題される内容は基礎的なものばかりです。そのため、1通り読めば、内容を理解できる人も多いでしょう。しかし、自信がない人や時間に余裕がある人は複数回読むことをおすすめします。

実機を使って勉強しよう

日商PC検定文書作成Basicは実技試験のみです。実際に試験では、パソコンを操作して解答することになるので、普段の勉強には実機を活用したほうがいいでしょう。

公式テキストに沿って実機操作をすることで、合格に必要な基本操作を覚えることができます。また、実際に手を動かすことで、記憶が頭の中に残りやすくなるので、勉強効率をアップさせられる可能性があるでしょう。

問題集で勉強をしよう

公式テキストを読み実機操作をして基礎知識をある程度習得することができたら、次は問題集で勉強をしていきましょう。日商PC検定文書作成Basicは実技試験になりますので、問題集を解く時もパソコンを使って行います。もし、問題に間違えたら、解説を読んで理解しておくようにしましょう。また、間違えた問題はチェックしておくことで、試験本番前に見返すことができるのでおすすめです。

日商PC検定文書作成Basic合格までの勉強時間の目安

試験を主催する日本商工会議所では日商PC検定文書作成Basicの勉強時間の目安を公表していません。そのため、具体的な勉強時間の目安を知ることは難しくなっています。しかし、合格基準は70点以上得点することなので、まずは問題集を解き、どのぐらい点数が足りないのか把握して、その点数から合格に必要な勉強時間を算出してみてはいかがでしょうか。

日商PC検定文書作成Basic試験におすすめの参考書&問題集

日商PC検定文書作成Basicの勉強をする人の中には、参考書や問題集を活用するという方も少なくないでしょう。日商PC検定文書作成Basicの勉強には公式テキストがおすすめです。

日商PC検定文書作成Basic公式テキスト・問題集

本書は日商PC検定文書作成Basic対策ができる公式のテキストです。そのため、多くの人が本書で勉強することになるでしょう。本書では、ビジネス文書の基礎知識や文書作成方法などを詳しく解説してくれます。収録されている内容を覚えれば日商PC検定文書作成Basicに合格できるようになっているので、すべての受験生におすすめの参考書です。

また、本書は講義だけでなく、問題集も掲載されています。そのため、公式テキストで勉強すれば、問題集対策もすることができるでしょう。

Basicに合格したら、次は3級を目指そう!

勉強して、日商PC検定文書作成Basicに合格することができたら、次は3級対策の勉強をスタートさせてみてはいかがでしょうか。3級は日商PC検定文書作成Basicよりも難易度が上昇し、試験で問われる内容も難しくなります。レベルが上がるので、日商PC検定文書作成Basicよりも勉強しないと3級の合格を勝ち取ることはできないでしょう。

しかし、3級は勉強すれば初学者でも合格できるレベルの試験です。また、取得すれば日商PC検定文書作成Basicよりも高いスキルが証明されますので、業務の中でビジネス文書を作成する機会が多い人は、3級対策の勉強を開始することをおすすめします。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

勉強をして無事、日商PC検定文書作成Basicに合格することができたら、ビジネス文書作成能力の腕試しをしてみてはいかがですか。ビジネス文書作成能力の腕試しができるサービスとして、PROsheetLancersTopを挙げることができます。

PROsheetLancersTopを利用すれば、お仕事に取り組みながら腕試しをすることができます。そのため、報酬を得ることもできますし、ビジネス仲間を増やしていくことも可能です。また、PROsheetLancersTopにはビジネス文書作成能力を活かせられる案件も複数あるので、日商PC検定文書作成Basic合格者がそのような案件を受注できれば、勉強で得た知識をお仕事の中で役立てることができるでしょう。

まとめ

日商PC検定文書作成Basicは難易度が高い試験ではないので、コツコツ勉強すれば合格を狙える資格と言えるでしょう。まだ勉強できる環境が整っていない人は、環境を整えてみてはいかがでしょうか。例えば、公式テキストを購入したり、パソコンを準備したりすれば、勉強できる環境が整えられるでしょう。